Author:
• 火曜日, 8月 16th, 2016

本日8月16日。15日は終戦記念日でしたけれども、今日の平和があるのもその時代を生きてくださったご祖先あってのものであり、やはり感謝の思いしかありませんね。
お盆休みも後半と言ってもいいでしょうか。みなさまそれぞれに充実した夏休みでありますように。(^○^)

さて、プレメノ(プレ更年期)シリーズ…続きです!(Part2.はこちら

生理周期の乱れ

自分のからだを通して実際に体験していることに触れて書いておりますが、
生理周期(生理があって次の生理がくるまでの日数間隔)の長短にも「リズム」があることに気がつきました。
私の場合「遅め_早め_早め_遅め_普通」というパターンがワンセットになって繰り返えされているようです。(ちなみに、私の捉えている日数として「普通:28日±3日、遅め:35〜45日、早め:20−23日」)

前回までが「早め」×2回でしたので、次は「普通」がくる”予定”です。
私の場合、正常な状態でも多少のPMS症状があるので、すでに予定日を予測してPMSに突入しているな…
と、諸々の症状がからだに出初めているのを感じています。

*便通の滞り(便秘とは違います)
*下腹部の膨満感(⇧とも関連していると思います)
*手足:特にひざ下のむくみ(⇧   〃    )
△軽い腰の鈍痛(⇧  尾てい骨付近から来るもの)
△軽い頭痛(酷くはないが朝方に多い)
△身体のほてり(ホットフラッシュではありません)

(頭痛があり体温が高めに感じる時は、私の通常の血圧は低めですがやや高めに変化していると思われます。低いと思っていた人が急に高血圧になったりするので、めまいや頭痛を軽く見過ぎたりして…判断を見誤ることはよく聞く話です。ので、やはり”からだ日記”をつけることをおすすめします!)

これらはプレメノだからというより、よくあるPMSの状態とほとんど変わりません。
ですが、これが!!遅めに来るときはず〜〜〜っと!続くわけですから、身体のしんどさも数倍に増すので(ノ_-。)

◉心理的な不快感

にも繋がり、症状がひどいと「イライラ」を引き起こしますし、気持ちも凹「ネガティブ」気味に落ちたりするわけです。
こういう時(PMSや体調がおかしいとき)の対策:まずは、自分がいまどういう状態にあるのか?!を、

冷静にみる

ことが大切になります!ね。そして、自分のからだのことをちゃんと…

知る

こと。体調が悪いと不安になりますし、実際に心身が辛くなります。すると、安易にに頼ってしまい、せっかくの「からだの声」を聞き逃してしまいます。

薬に頼らなくても、自らの自然治癒力を高める方法はたくさんあります。
前回は「足もみ」からの観点を書きましたが「アロマ」もまたフィジカルへのアプローチになります。

精油(EO)の持つ自然エネルギー
ボディートリートメントによるEOの経皮吸収
香によるリラックス

それぞれの精油が持つ効果効用がありますが、
同じ効果効用が期待できても、自分の好きな香りであったりと相性のいいものを用いることがポイントになります。
ここでもやはり…

血液

が重要であることが分かります。
必要なものを身体に取り入れ、そしていらない物を「出す」身体によくないものを出す!出す!出す!
ボディーをデトックスしてキレイにしてゆくこと。これは、栄養を摂る以上に大切なポイントです。
若石も出す!ことを大切にしていますね。あとは…

リラックス

以上!^^
プレメノ期を出来るだけ軽〜く辛くない状態で通過するのにはこれしかない!といっても過言じゃありません。

彼はリラックスの達人です…^^

アロマにもご興味あればポーザのトリートメント^^受けてみてくださいね〜♪

さあ、夏も後半!心身ともにリセットでまいりましょう♡

プレメノ_続く。。。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply