Author: Sachiko
• 火曜日, 8月 20th, 2013

多くの方がご存知かと思いますが「リズ・ブルボー」の<からだの声>シリーズ。これらの著書の1つに自分を愛して!があります。この本は、病名(あるいは症状)別の索引になっていて、いま自分のからだに起きていることを -肉体のレベル  -感情のレベル  -精神のレベル  -スピリチュアルなレベル の視点から書かれていてとても興味深い本です。(おススメ♡)

通常は私たちのからだは「健康」かつ「正常」に機能してくれています。ゆえに∴ 病とは_なんらかの不具合が発生して、からだに起きる(起きている)現象であると捉えてみると、余計な不安にかられることなく冷静に自分を見直すことができると思っています。

病気_どうして?なぜ?そうなったのか?その原因:要因はさまざまだと思いますが、ようは心身に対して「ストレス」が掛かることで発生すると言ってもいいと思います。ただ、一口に「ストレス」といっても、これこそ幅も奥行きも広い気がしますね。健康であるということ、まずは、自分のからだに関心を持つこと(愛すること)からはじまるんだろうな…と、私も常日頃から思うひとりです。

💗

と、さて本題^^。実は、私、先日から左目に結膜下出血ができ、白目部分が血色の赤に染まって、他者から見れば「恐ろしい〜!」不気味なお顔に^^: なってます。(笑←って笑えないかなっ^^…)この結膜下出血は、痛くも痒くもないんです。念のため、眼科で診察もしてもらいましたが、自然と治癒するのを待つ…という他にはありません。なので目薬も投薬もなし。まさに、ヒトの持つ自然治癒力のすごさをみるチャンス!だったりします。(笑)

赤目_どうしてこうなるのか?これもまた要因はさまざまで、目や顔(頭)をぶつけてもなるし、力んでもなるし…ようは目の毛細血管が切れて起る現象なので、ちょっとしたことでもなるようです。あとは他に何か不具合(病)がある場合の1つの現象として現れるたりするそうですが、私の場合は単に前者の方の出血かと思われます。ん…でも、ぶつけた?力んだ?…思い当たることは何も無いんです。無自覚。。

ならば「精神&スピ的視点ではどうかみてみよう…」と、リズボーも本を取り出して調べてみたのです。

目のトラブルとは_『何かをみて怒りを感じ、もう二度とみたくないと思い目をとじた…その人にとり必要なのは、肉体の目で物事をみて善悪を判断することではなく、♡ハートの目でもって世界をみること…「あなたの生来の情熱を取り戻してください」ということです』…と、ありました。

あら。ズバリ!かもじゃん?書かれていることを鵜呑みにしようってわけじゃないし、すべては受け取り方次第ですからね。でも、ほんとにそうだなぁ…と思い当たることがあり納得したのでした。

スピや霊的な観点でいうと、左側というのは「母方(系統)」と関係するようです。私は、父が生前のときは、父との関係に問題を抱えていると思っていました。(まあ実際それもあったし)でも、もしかしたら、もっと深い根っこにあるのは「母」かもしれない…そう直感しました。左側:といえば、いくつか思うところもあります。良くも悪くも常に「左肩」に直感するものがおりてくるのを感じます。肩こりほど苦痛ではないですが、いつもそこになにかがある感覚です。極度の緊張もストレスも疲れも左から!(エネルギーの流れとしても左は受ける方ですしね)父というファクターが無くなったことで、本来向き合うべくものが見えて来ているのかもしれません。それはなにか…母自身というよりは、母を通してみるものなのだろうと思いました。。まさに、

♡ハートの目でもって世界をみなさい…

そのように言われているように感じている今日この頃です。これも1つクリアリング中なんだろうな。

一日いち瞑想 一日一リセット

h

💗💗

9/1ヒーリング交流会〜♪ 参加のお申込ありがとうございました^▽^あと2名さまになりました!
ご希望の方ご連絡お待ちしております♪

💗💗💗

9月15日の若石健康法講座@五反田ゆうぽうと!へのお申込もお待ちしています♪

ご希望の方はこち←click からまたはメールでご連絡ください。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply