Author: Sachiko
• 火曜日, 3月 24th, 2009

ただいま〜昨日上海から戻りました〜。

(んん〜やっぱり日本はいい〜!ほっとするわ〜^^:)

 

久しぶりの上海…(part1.)

懐かしい友人たちに再会でき!(嬉v)

駐在中の憩い”酒吧“-懐かしのla boemでマスターに再会し!

今回の来上海の目的:Luisの友人Kenの結婚式に参加して!

短い時間の上海でしたが、色んな出来事にも出合い、そこで

感じたことも多かった上海でした。まずは、友人との再会に

ついて”さちぽざ-ひとりごと”をしようと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

美味しい中華料理に舌鼓を打ちながら、お互いの仕事のこと、

生活のこと、新しく出来た家族(baby)のこと、PVTの”恋話”の

進捗状況や… etc

かつてこの街で何かを達成するために移り住み、それぞれが、

それぞれの志しを持って、今なお懸命に生きている…でも、

それは気負うことのないとても自然な姿です。

ステージが変わり、生活環境が変化し、その中でみな個々の道で

さらに生き生きとして輝いている…

(あ〜なんて素敵!それだけで私はとても嬉しい気持ちになった)

こうしてお互い元気な笑顔に再会すると、とたんに、流れた時間を

消し去るように、昔と変わらぬ空気に包まれ、楽しいおしゃべりも

進み、気がつけば梯子酒^^: あっという間に深夜を回っていました。

 

あの頃…留学先の大学にも行かず、親の臑かじってぶらぶらして生活

していたあんなに”ダメダメ”だった、私の舎弟!のような弟分の彼。

今では、立派に一児の父になり、今二人目を授かろうとしています。

「さっちゃ〜ん、オレ、もうダメ人間になっちゃうかもしれないよ〜」

一旦、帰国して中々仕事に就けなかった彼。

「ったく、だから言ったでしょ!?あなた男でしょ!?自立しなさい!

自立を〜!何でもいいから”何か”初めなさいよ!

そこから道が開けるんだから。いい!?弱音吐く前にまずやること。

どんな仕事だっていいじゃない!大丈夫、○○なら出来る!

もう〜しっかりしなさい、しっかり!!」

 自分の弟と向き合っているような気持ちです。そんなキツいことを

言って、叱咤激励した記憶がよみがえります。

そんな彼が、梯子先で今の生活について色々話してくれました。

「さっちゃんがさ、サラリーマンで仕事するなら1本(1000万円)は

目標でとらないとね〜。って言ってたじゃん!?。オレ、ようやく今

そこまでになったよ…」  

(内心:私そんなこといった?うん…私だから言ったかもしれない^^:)

「あはは。そんなことも言ったかもね。でも、よく頑張ったじゃない〜♪!

私もすごく嬉しいよ♪しかし、私もきついことズケズケと言ったものよね…」

「けど、それが今でもオレの刺激というか、目標になってるからよかった

と思ってるよ…」

–そんなふうに彼が言ってくれました。

私が心から温かい気持ちに包まれ、ここで彼の幸せをシェアしてもらえた

ことは言うまでもありません。

 

そうなんだよ。自分を信じて前見て歩く。そうすれば必ず道は開ける。

上海は、今の私に導いた街。きっと、友人たちも同じなのだろうな。

そんなことを、再度ここ上海で、改めて確信した私でした。

 

上海のさちぽざ–ひとりごと…次回につづく。。。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply