Author: Sachiko
• 水曜日, 3月 16th, 2011

東日本大地震から5日が立ちました。まだまだ余震がある中、昨晩は東海地方(静岡)に、今日はまた千葉でともにM6.?以上の地震が発生し、いまだ余談を許さない状況の日本です。

犠牲になった方々、今なお行方の分からない方々、被災された多くの皆さまのことを思うと適切な言葉が見つかりません。また、国内外問わず被災地の救援救助に労を惜しまずに活動されている皆さまや各国からの温かい支援や応援に、感謝の気持ちで胸が熱くなります。

こんなにも東北人が辛抱強く人を思いやる精神に溢れていることに尊敬の念と誇りを抱きます。そして、実は、日本人の多くは慈愛の心を持っているのだ…ということ、世界中の人々が愛を分かち合おうとしていることに、闇にだけではなく、一方にある光の存在にも意識を向けることができるのだという、感動と感謝、喜びの涙を誘発してくれます。

私たちはどんな境遇の中にあっても、不安や恐れではなく、愛と信頼、生と希望を「選択する」ことができる。どちらを選ぶのも我々の自由、そこにあるものは良いも悪いもなく中立である…ということを今さらながら思い知っています。

とは言うものの、渦中で苦しんでいるときにそこまで冷静になれるかどうか…正直わかりません。ただ、少なくとも「対岸の火事」を見ている人にはなるまいと、堅く自身の魂♡に誓う。そんな気持ちです。

毎日TVでは地震災害の爪痕を報道しています。特に最近では福島原発の問題がクローズアップされています。確かに100%安全だとは言えないかもしれない。(でも、だからといってどうだというのだ!?それよりももっと◉●な対応:報道の仕方:があるだろう…と批判めいた気持ちにもなる自分自身に凹みます。。)ただ、同じものを見ていても、報道の仕方によっては「恐怖」「不安」を煽るものにもなるし、「安心」「希望」を与えてくれるものにもなるということを、もっとセンシティブに扱ってもいいように思うのは私だけではないでしょう。今、日本はある種のシンパシー共有がされているので『がんばろう!』というポジティブなエネルギーを作り出しています。しかしながら、悲しいかな一方には、誹謗中傷、買占め買だめに走る我欲の行動、不安を拡散させてしまう者、悲観論、この期に及んだ犯罪!?さまざまなネガティブの意識(エネルギー)があるのも事実なのです。

特に海外(メディア)の受け止め方は放出された情報に左右されます。主人がアメリカ人なので、海外の人にとって注目度が高いのは原発問題であることや、それに対する見方に「誤解」を越えて「最悪」、必要以上の脅威として捉えている人も多いことを知ってこちらの方が驚きます。(火消しとは言わないまでも主人はブログで随時見解を書いたりしてますが…)

不安として受け取った情報は、不安のエネルギーとして広がります。これは一番避けたい二次的被害:パニック:の誘発につながります。ここはひとまず、我々日本人こそが冷静に。(…仮に、もし、万が一…本当に最悪なことになったとしても…それはその時ではないか?!いまバタバタして何になるのだ)政府が迅速に正しい情報開示とそれに伴う対策をすることは前提に、私たちがまずお互いに信頼しないことにははじまりません。と…もっと書きたいこと一杯なんですが…悲喜こもごも満載になりそうなので、今日はこのへんにします。。。^^:

被災地のすべての方へ♡福島の地へ♡ヒーリングの氣を贈りましょう。

「おなかがいたくなった原発くん」なるyouTubeをご紹介。そう、原発とて”モノ”じゃない。対応している方々を含め、今けんめいに頑張ってくれているんだと思って、感謝と癒しのエネルギー意識を向けようではないですか。。


<INFOMATION> 禅:ZEN :なる心の静寂… 今こそかもしれません。

ご興味のある方 お問い合わせください←click

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

4 Responses

  1. 1
    HAPPLISS BLESS YOKO 
    水曜日, 16. 3月 2011

    日本人すべてが、いえ、世界がひとつとなって力を合わせれば出来ないことなどない!
    こういうときこそ平安のエネルギーで満たしましょう!!

  2. そうなんです。Oneness なのです。日本発世界…愛の気づきと調和それがしいては平和へと向うのですね。YES WE CAN! ですね。みんなで乗り越えましょう〜♡^^

  3. 3
    HAPPLISS BLESS YOKO 
    木曜日, 17. 3月 2011

    それにしても「おなかが痛くなった原発くん」には顔が緩んでしまいましたw
    子供用なのかな?
    こども素直だから「うんちは出したほうがいいんだよ!」とか言いそうw
    でもいい作品だね。

  4. うん!いい作品ですよね。中には「う○こ」は出さないとダメでしょう…とか!?
    お医者さんというには…とか!? 真面目に批評している人もいますよね。
    子どもの素直な疑問ならともかく、そこつついてどうするのと、私は思うのです。

    みんな不安なんだな…というのが分かりますね。それは本音だと思います。
    言い方が難しいのですが「起きてしまった」わけです。そこで最善を尽くして、どうなるかが結果なわけです。それまでの間はいわばヴォイドと同じです。日本は今危機的な状況にあるというのは事実です。戦後世代の我々にとっては初めての体験ですよね。
    あなたならどうする!?と、一人一人に問われているということだと思うのです。恐怖や最悪の事態を選択するもよし。
    イメージする力、集合意識は最強です。それが実証されることをこれからみるのだと私は思っている一人です。どうあれ、私は…愛♡と光を選択したわけです。。。

Leave a Reply