Author: Sachiko
• 日曜日, 1月 24th, 2010

年内に『自宅購入』を目指して!今日はとりあえず希望地区まで足

を運び、駅周辺にある”適当な不動産屋”に入ってみました。現状の

私たち…正直、全くもって住もうとしている地域の土地勘もなけれ

ば環境もだいたいの物件相場も分からない状態です。不動産物件に

対する確かな知恵も、きっと必要になるであろう諸々の細かな準備

物やら(必要書類やらローン審査やら…)具体的なイメージもまだ

ぼんやりとしている白紙に近い状態です。そんな状況ですので、何

か次なるステップを踏むため、取りかかりの軸になる『感覚』を掴

むため最初の一歩といったところです。

そんな迷い込んだ風船みたいにふわ~っと入り込んで来た私たちに

”適当な不動産屋”の担当者さんは、なんと3時間近くあれこれ丁寧

に辛抱強くお話を聞いてくださり、質問の1つ1つを丁寧に説明し

てくれました。たぶん20代後半~30代半ばくらいの青年だろう

と思います。(お~まだ日本の若手も捨てたもんじゃないね~!と

ちょっと嬉しくなった私でした…はは。この人だったら、もし自分

が会社でも始めたら営業マンとして来て働いていただきたいわね…

なんて、瞬時にそんな思いがよぎったりして…あれまぁ~私もすっ

かり発想がおばさんの域ズッポリでした。。)


正直、今日は始めての”現場入り^^”でしたので、適当に表面だけ

の話を聞いて、その辺り周辺の大体の相場感や現在出されている物

件の状況等(買い時なのか違うのか…)、ネット情報だけでは見え

ない部分を、ヒアリング情報として得れればいいかな~くらいのイ

メージだったのです。ところが、彼は「仕事ですから…」と謙虚な

姿勢で、私たちが「何を知りたい」のか、「どこを明確にしてあげ

たらいい」のか、質問の裏側まで理解しようとしてくれるタイプの

方でした。しつこいでもなく、そっけないでもなく。(この適切な

距離感を作れる人っていい~!ですよね。感がいいというか。話が

早いというか。個人的にはそういう頭の回転早い人はこちらも変に

気を遣うことなく疲れません。「とりあえず…しばらくこの人を

って付合ってみようかな…」と思うに至りました。)こういう仕事

はクライアントとの「信頼関係」でしかないです…と、彼も仰って

ましたね。これも出会いです。お互い何かのきっかけではじめて顔

を合わせる出会いです。今後末永く繋がって物件売買まで着地する

のか途中で終わるのか、どこまでのお付き合いになるものかは未知

ですが「はじめの印象」「誠意ある対応」「”聞く”姿勢の大切さ」

というのは、どうあれ心に残るものです。当り前なことだと思って

はいるものの、実際人に対する自分ってどうだろう…と。どんな人

へも親切な対応をするというのは大切なことだなぁ…と感じた出会

いでした。

私は引越のたびに”物件も一種のご縁”だと思い、出来るだけ多くを

自分の足で目でそして感覚を頼りに探ります。でも、今思うとそこ

を繋いでくれた”人”(仲介者)に恵まれての結果だったな…という

のが前提にあったわけで、引越ってSometing-Newとの出会いなん

だな…ということも改めて思います。

実は、別の不動産屋へ行く予定でした。渡る大通りの信号が赤にな

ったので、待機する時間”あそこ路面店だし表の情報だけ見てみてか

ら行こう”と突然行く先を変えた店舗でした。今日はラッキー!結果

的に”いい方”に巡り会えた感一杯の良き日になりました。。^^

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply