Author:
• 木曜日, 6月 26th, 2014

先月5月13日の早朝に、我が家の愛犬Ponta(柴♂)が突然悲鳴のような鳴き声をあげて発作を起こしました。ちょうどかけていた目覚ましのアラームと同時に鳴き出したので、ベッドでまったりする間もなく飛び起きました。

失神したり嘔吐したりは無かったのですが、お尻の方を高く上げて胸をベッドに付けてしばらくの間苦しそうにしていました。「動物病院へ連絡しなくちゃっ」…こんなときは夫婦でバタバタです💦 西東京市内にある緊急時でも電話対応をしてくれる動物病院へ連絡をとり、Pontaの状況を説明してすぐに駆けつけるつもりで準備しましたが、急(生死に関わる)を要するものではないだろうということで、朝一の診察で向いました。

触診、血液検査、尿検査、諸々の基本的な検査をした結果、数値からみると「特に深刻な異常なし」でした。若干、腎臓機能に関わる成分のデーターがやや高め(≠異常値)であることから、脱水症状になっている可能性もあるというので、その日は点滴処置をしてしばらく様子を見ることになりました。

あれから1ヶ月が過ぎたPontaはどうかというと…

気のせいか、大好きなはずのさんぽ♪にも仕方なくモード💦行きはよいよい〜帰りはトボトボ…元気っぽく見えるのですが、ちょっと遊ぶとすぐに息が切れて座ってしまうことが多い。家ではぐた〜っと寝ていることも多く、暑い日はともかく表情が豊なのも手伝って、なんだかいまいち本調子ではないのでは?と思ってしまうような毎日です。

そんな中、先日、瞑想仲間が「動物の気持ちをリーディング出来る」ドクターのいる病院を教えてくれました。まずは掛かりつけの病院で再検査をして(今日午前中に血液検査のための採血済。夕方結果を聞きに行ってきます)再度@異常なし…であれば、機会をみて尋ねてみようかと。と、その前に…

あっ…💡そうじゃないっ〜!^^Ponta-Healing!!

わたしの手でまだちゃんとしたヒーリングをして上げてなかった…灯台下暗し…?!^^:  そんなわけで、しばらくPontaにヒーリングワークを続けてみることにしました。
きょうで2回目…。動物はマインドにロックされていないので自然体、ぐんぐんエネルギーを受け取ってくれているのが分かります。ヒーリング中は自然に寝返りをして「ママここ…」「ここも…」と言わんばかりに身を任せ、約1時間のヒーリング施術後(写真左は直後です^^)は、もう〜まったりしてとろとろ状態になってます。

ああ。。

ままはひーらーでしょda wanっ…。そうでした(u u) 人間も動物も植物も、みな同じくいのちだった。最もシンプルで大切なことを再度気づかせてくれました。(Ponta自らを犠牲にした不調かっ…。君のその存在だけでいい。ありがとう)

そんなPonta、実は今日6月26日は3歳の誕生日。夕方はバースデーケーキ作りにはげみます^^

💗

ヒーリング交流会♪in Poza Room♡

7月6日(日)午後2時〜午後5時   定員6名 残り4名さま〜♪
お申込はこちらからまたは@メールでお願いします。

ご連絡お待ちしています^^だわんっ。。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply