Archive for 10月 22nd, 2014

Author:
• 水曜日, 10月 22nd, 2014

とにかく「残念」_なことです。。。

最近そう思うことに度々遭遇しています。
違ういい方をすれば「ああ…残念」なこと(ひと)です_以上!と、
1つの(イヤな)出来事には長く執着しないでいられるようになった?! のかもしれません。

以前の私だったら、起こった事に対する喜怒哀楽は充分に激しかった!^^と思います。特に「怒&哀」に対して、瞬間的な感情の起伏なら誰にでもあることでしょうけど、後からゆっくりじんわりぐわぁ〜っと激しく湧き上がる感情があって、知らず間にそれをガッツリ握りしめていて、いつまでもその事(点)に気持ちが持っていかれ、長いこと気分がすぐれないなんてことが多かったような気がします。

あれこれを思いを巡らせることがいけないのではなく、想像力がたくましい(Good Pointだし☆)人は、ようは余計なことまでクリエイトしてしまうわけです。(想像力がたくましい上にネガティブ系偏るタイプの人は大変なことになりますので要注意…まじで💦)

ああでもない、こうでもない、きっとそうだったにちがいない…こういった思いとは、あくまでも自身の想像の産物で、実際のところ真実とは違ったりもするわけです。仮に、真実(思った通り)だったとしても、それはそれで逆に気持ちに刺さるのでろくなことになりません。

悔しい思いや酷い事をされたり言われたりすると、最低でも自身が受けた分のものは相手にし返したくなって、短絡的に「やられたらやり返す」の図になります。でも、実際これを繰り返したならば、一生ネガティブチェーンから抜けられなくなります。(知らぬ間にまたカルマを積んでいることと同じ…ですね)

どこかで清算する必要があるわけです。清算とは、自分自身の気持ちにケリをつけるということです。

何か思うようにいかなかったりイヤな目にあったりされたり…etcしたら
「ん〜まことに残念なひと(事)でした」と言って、そのひと(事)を手放してみる
残念_文字のごとく満たない念ですから自身でする想像を超える物語が含み入るのでそれで充分でしょう

あとは一日一日を前向いて生きる
明日に希望は持てどまだ見ぬ出来事の中には生きることなかれ
過ぎた残念なことやまだ見ぬ出来事の中に生き始めると
いつもいつも不安でしかなくなります

…実感uu

ああ…今日のごはんがおいしかった!ん〜幸せ♡
そういう瞬間に垣間みるいち思いこそ、本当に大切なこと…

ちなみに…オム焼きそば♪^0^

一日いち瞑想 一日一リセット _きょうもいい気分で♪