Archive for ◊ 7月, 2011 ◊

Author: Sachiko
• 土曜日, 7月 30th, 2011

我が家の玄関前にある花壇。先日表庭は「手作り造園~♪」をしたのですが、ここはまだ手つかずのままの放置状態。この夏の太陽と雨の恩恵をいただき、知らぬ間に雑草がみるみる生えてきて、何もない殺風景な花壇よりよっぽどいいなと思ってそのままにしてきました。とはいえ、あまりにボーボーに伸びたままなのも見苦しいので、花壇のブロックの高さになるとハサミで”チョキチョキ”手入れしたりして。また、裏庭の方にも色んな雑草が自生してどんどん成長をみせてます。(さすがにここはキレイに草むしりしないとゴーストハウスだし。今朝は草むしりやりました…^^)

けれども、雑草とてりっぱなリーン^^:(じゃない?) 花壇の雑草の中に、一際大きな葉っぱを広げてぐんぐん成長している名も知らない雑草があります。お世辞にもキレイだとは言えない雑草なんですが、よ~くみると小さくてかわいい白い花をつけてます。この子はこの”小さな花壇の世界”の女王さま…一緒に生い茂る他の草花の中でも、よりたくましく大きく堂々としてみえます。それにしても、なんの手入れもしないのに雑草たちの生命力には驚きます。まさにindependence の鏡ですね!^^

こんなに大きく育っています…^^

そんな名も知らぬ雑草たち。私だけは特別な雑草なのよっ!なんて言ってるヤツはだれもいません。他の緑たちとともにたくましく生き生きと共生しています。

ああ…。こういうことなんだよね。。

どこにでも自生できるこの生命力。自然に生かされここにいる。自らの姿に恥じることなくまさに”自分のまま”を生きている。いずれ期がきて枯れてゆき、また期がきて新しく芽をだしてゆく…。私もこの雑草となんらかわらない。特別な人間じゃないしさほどキレイでもないし^^: どこにでもいるふつーの人のひとり。そしてここに咲く私と言う名のひとつだけの花。。

雑草のように。宇宙に生かされ、しっかりと地に根をはり、たくましく生き生きと、自分を生きれたら幸せなんじゃないか。そんなことを思った草むしり、ふかーく一呼吸~。す~は~

雑草のように。今日も自然体なあなた:わたしで過ごせる1日であるといいね…^♡^

とてもかわいらしいちいさな花をいっぱいつけてます…♪

Author: Sachiko
• 木曜日, 7月 28th, 2011

最近の嬉しい^♡^ことを書いてみようっ♪^^

♥新規のお客さま(若石リフレ)からからだが喜んでるっ^♡^っていうメールをいただいたこと。ご感想一部を抜粋してみますね^^

「リフレのその後ですが、一日経った今でも、足の裏がジワジワして、地球のいいエネルギーを感じています。レイキとはまた違う感覚でいいですね。不思議と手もずっと温かいので、冬の冷えもなくなりそうです…」

「お陰様で、今まで、毎晩2度は夜中に目が覚めていたんですが、何十年かぶりに朝まで熟睡でき、汚い話ですが、快便でした。そのお陰で1日がとっても楽しく元気に過ごせました…」

施術の翌日にメールを送ってきてくださいました。私にとってもこんなに嬉しいことはありません!^^こちらこそなんです。私に笑顔と元気をくださってありがとうございます^♡^/リフレ(足の神秘)に出会ってよかったって改めて思います。

♥♥先日(5月のこと)ノッポに成長した我が家の”パキラ”…脇から伸びてきた枝をカット!友人の家に「嫁入り」したのでした。そして昨日、リビングのノッポパキラを眺めながら嫁いで行った”ちびパキ”…枯れず元気でいるかしら…と思っていたところ、なんと友人がメールで写真を送ってきてくれました!何も言わなかったのに以心伝心ですね!

嫁ぎ先で大切にしてもらってます♪^^

…他にもちっさなことだけれども「うれしいこと」たくさんあります。こういうちっさな喜びをもっともっと素直に受け取ってみることをおすすめしたいです。自身の♡がわくわくすることを許してあげる「こんなことくらいで喜んでる私ってバカみたいね^^:」って言ってふっと笑うんでもいい。そんなバカな自分を愛おしく思ってあげることは、目の前に立ちはだかってみえてるイヤなことやため息しかついてない自分を瞬時に「まいっか」ってふぅ〜と息させてくれると思うんです。そのほっとする瞬間こそがリラックスです。ちっさな喜びを受け入れることを少しずつ増やしてゆけば、今日がとてもリラックスした嬉しい日になる。…というわけです^^

今日もちいさなうれしいが一杯!いい気分でいられる日でありますように~♪

Author: Sachiko
• 水曜日, 7月 27th, 2011

人と人とがステキに繋がる…

ここ最近、ポーザルームもご新規のお客さまが少しずつ増えてきました。ひとり、そしてまたひとり。直接HPをご覧になってきてくださる方は、正直ごく少数派です。集客用に癒し系サロンが掲載されるようなネットページへは掲載しておりませんので、どこからどういうふうにしてこのサイトへ辿り着くのかを考えると、なんだか運命の糸を引寄せるみたいでワクワクしますよね^^。そしてちょっとクセのあるブログを読み「ぽーざってどんな人だろう…気難しい?感じもあるし…分け分かんないこと言ってるし^^:…変な人かもねぇ…」みたいに思わないとも限りません。そんな目に見えないバイアスをくぐり抜け、問い合わせのときは一呼吸~!意外と勇気っているかもしれませんよね。(笑)

ひばりが丘に来て1年少々になりますが、ヘアサロンや整体、足もみ、エステサロンなどが結構多い。ポーザルームはひばりが丘駅北口から駅通りを歩いた先の住宅地になるのですが、近くにはルネッサンス(スポーツジム)もあって、中にはやはりエステサロンがあります。まさに競合地区^^にひっそり存在する謙虚サロン!ともいえそうです。(←自分でいうかっ!?^^ ::)

地道だけれども着実に。これはきっとずっと変わらない私のスタンス。ステキなご縁をいただき人と人とが繋がるっていくのって私が一番望んでいることでもあります。…とはいえ、

いつも心は「一期一会」。私との相性やセッションが気に入らなければ、きっとそこで終わることかもしれません。でも、私にとって来てくださる方とは、出会いでありご縁でありお客さまであり、逆に私自身が学ばせていただいている大切な存在でもあります。本当にありがたいです。みなさんが笑顔になってくれたときが一番嬉しくて、もう理屈抜きで私の♡が喜んでいる感じがわかります。…そして、

なによりも、こういう自由な環境を与えてくれて私のワークに理解をしてくれているパートナー(ダンナさまっ^^)のおかげだと、心から思っています。いまある私とは周りにあるすべてによるおかげさま。感謝しないでなにがある!?と、改めて思っている今日この頃です。

もしかしたら…ふだんは照れくさくて言えない「あなたのおかげ」「いつもありがとう」「今日も1日お疲れさまでした」そして「愛してる」って、本気で思う。そして自然にいえたら…

ステキに化学変化を起こしてあなたのいまこの瞬間を”幸せへの感覚”へ導いてくれると思います♡

(保証しますっ^^)

Author: Sachiko
• 日曜日, 7月 24th, 2011

やはり、ありました^^/ 先日のニュースがYouTubeにも!


みなさま今日もよき日を〜♪

Author: Sachiko
• 金曜日, 7月 22nd, 2011

たしか、一昨日くらいのニュースでも紹介されてましたね!柴犬が警察犬としてデビューするって話。おぉ〜〜っ^^柴は主人に忠実でとても賢い犬です。我が家に迎える柴…ダンナの足の回復次第ですが、来月にはお迎えの予定で準備中。我が家の柴ライフもあと少し。ポーザルームにお越しのお客さまにも愛される看板わんこになったら嬉しいな…と。

柴だって!シェパードのように…

これからは…常識だとされていたことステキに変わる時代なのかもしれませんね♪^^

Author: Sachiko
• 水曜日, 7月 20th, 2011

確かに、世の中色んな人がいるけれど、基本だいたいの人はみんな「まじめよねぇ…」と、私はよく思い感心するのです。

例えば…生活するためとはいえ、みんな毎日まじめに働くし、主婦となれば育児や家事をこなし、兼業主婦なんていおうものなら仕事とちゃんと両立して頑張ります。子どもの世界も同じくで、毎日学校に通い勉強し、その上たくさんのお稽古ごとや塾通いをして休むひまもないくらいです。時代背景に多少の違いはあるものの、そうやってたいがいは子ども時代を過ごし、いつの間にか大人になって、似たような経緯をふみながらの人生を送ります。(もちろんすべての人とはいいません)

例えば…独身女性がよく思うこと。ある年齢になると「結婚」という名のハードルに混沌とし出します。「ああ○○までに結婚したい」「出会いが無い」「いいオトコがいない」「仕事をとるか結婚(専業主婦)をとるか」「子どもが欲しい」…etc,etc。。そして、思うように結婚に至らないとますます漠然とした不安に焦りだし、あげくはどーせ私なんてと、すごく凹んだりしていつもどこか満たされない感で一杯になる…「私こんなんでいいんだろうか」みたいに。。

例えば…結婚後の女性が思うこと。ようやく結婚という願望を手にして、人生も新たなフェースに突入。すると、今度は新たなハードルに混沌とし出します。「子どもがなかなかできない」「子育てが思いのほか大変」「本当は仕事したかったのに」「自分の時間がない」「退屈」おまけに…「夫の理解がない」「浮気」「家族問題」「金銭問題」に「将来不安」…etc.etc。。そして、実生活上に起ることに一喜一憂をしながら、思ったような幸せを見いだせないとなると、いわれようも無い漠然とした不安や不満で一杯になり… 「私こんなんでいいんだろうか」みたいに。。

結婚とて、あんなに望んでいたことなのに。思えば、どんな幸せを手にしたとしても「私こんなんでいいんだろうか」と思うのは常ということになる。これでいい。これが幸せ。と心から満足できるのはいつ?なのでしょう。「私こんなんでいいんだろうか」-病は、一生つきまとうというのだろうか。。

結婚したから幸せではないし、結婚しないからといって不幸でもない。お金があれば満足できるのか。どれだけあればそれは完全なのか。じゃあ、ない人は不幸なのか。ない人はあなた:わたし:より幸せではないといえるのか。そもそも何をもって幸せといいだれが決めるのか。この「漠然とした不安」というのは一体どこからくるんだろう。どうあれ、いまこうして生活していられることは幸せじゃないのとでも?ならば、幸せっていつになったらくるの?…でしょうか。

「私こんなんでいいんだろうか」という名の病。

幸せのハードルとは一体だれがきめているんでしょう。まじめすぎてつい必要以上に深刻になってしまうあなたわたし:へ「こんな私もなかなかいいわねっ」て思うところはたくさんあるはず。そして、小さな幸せをうーんと大切にして味わってみる♪どうせまじめなんだから、それくらいガッツリいってもいいんじゃないかと。そして…

幸せとは自分の中にしかみつからないと思うから。

Author: Sachiko
• 月曜日, 7月 18th, 2011

何か目の前に、さっさとやっつけてしまいたいコトがあったり

何か目の前に、じっくりと考察しながら作り上げたいコトがあったり… などなど

何か目の前に、成し遂げたいコトがあるとき、

すう~っとデスクに向かってすぐさま集中できる時(人)と、いまある思いとは真逆に、別なことをはじめてしまったりするときってない?^^:

あなたは、追い込まれると動けるタイプ?

それとも…

1つ1つ確実につぶしてゆくタイプ?

昔の私だったら100%後者だったんだけどな。。いつから?かわからないけれど最近では6:4で前者です。。^^:: 傾向でいうと、最近はますます「ひらめき」派。イメージやインスピレーションが「降りてくる」タイミングあって、そこにずんっ!一気にエネルギーを投下するような感じです。。

けど…仕事の社会的最低限のルールは、ケツ(納期)までに成果物を納めること…は前提なので、そういう場合はそこんとこしっかりクリアーにする必要はありますね。ただ、どうあれ最後には自分が思い描いたイメージ通りに着地できればいいわけですので、お好み&しっくりくる方で楽しんでやることをおすすめします…「ねばならない」になったときからストレスになりますからお気をつけください。。

ちなみに、インスピレーションやひらめきって突然やってきますので!おケツだけはしっかりしめて^^: お取り扱いには充分お気をつけあそばせ。。

ひらめきとインスピレーションを得るコツ…♡ 興味ある?あればまたの機会に〜♪^^

Author: Sachiko
• 日曜日, 7月 17th, 2011

…真矢みきさんの某コマーシャルではございませんが。。。^^:;

昨日は若石本部主催の講座があり、私も受講してきました。身内のことを欲目でみて言うつもりはさらさらない私。ですが、若石健康法から得られるお話はほんとに「宝の山」だと思います。実際に病いやからだの慢性的な不調などに悩まされてきた多くの方々が、どうやって改善の途を辿ったかという実証実績がたくさんあるんですよ。作り話じゃなくマジですよ、こんなエビデンスを得られるってのは他にはないです。しかも、ぜんぶ自分で実践してゆけること、近くは家族や多くのご縁ある人に繋げてゆけることなんですもの。

健康というテーマはみんな大きな関心があり、色々お話する中で講座への案内もしますと(お愛想でお答えくださる方もあるのも承知ですけれど)一旦はみなさん「すっごく興味あります!」って目をキラキラさせるんだけど、実際、その場まで足を運んで話を聞いてみるまでのアクションにならない…ううむ…なぜだろうな一人自問自答をしながら講座を受けてました。残念ながら都合があわなかった方もありましたが、確かに、あんなに暑いと出る足が重くなることもあったりめんどくさくなったりはホントのところじゃないかな…いまはとりあえず健康だからと、宝の山の扉をあけるまでいかない。。ん〜残念っ

…これって、私自身のワークや思いの力にもよるところなのだろうと反省する部分でもあるのですが「ああ~もったいない!」ととても残念に思ったのはホントのところ。。もったいない?なにが?

はい、本題です。昨日の講座からの可能性をみる…

子育て中のおかあさんへ:「こどもが落ち着きが無く困っていて…」「子どもが不登校で困っていて…おかあさんもうつ状態になって…」「親子のスキンシップやコミュニケーションがうまく取れず…」などなど。これらの問題も足もみを通して改善していった例があります。また、

「小児ぜんそくを子ども自身が自分で足もみ毎日して完治させた」や、「赤ちゃんのときからアトピーで苦しんでいた子どもの足を毎日もみ3歳までに完治させた」実例などもあります。もちろん、足もみをすればすべてが解決するということではありません。でも、心とからだは一体であることがよ~く理解できると思います。そして、その問題の根本原因はどこにあるのか…みつけられたら素晴しいことです。それと…

冷え性の女性のみなさまへ:膝下からが太い!太腿が太い!腰回りが太い!足の甲に骨や筋がみえなくてコッペパンのようになってる!便秘がひどい!むくんでるんだか脂肪なんだかわからない!なんてことありません!?

病気とはいえないけどどうもすぐれないというみなさまへ:からだがだるい!気力がわかない!心がはれない!イライラする!などなど。こういう慢性的なからだの不具合は放っておいたらどうなるでしょう。。。(oh my god !!@@)

実際「体質改善が必要」だというからだからのメッセージですよ、これみんな。みのがさないで~そしてあきらめないで!

生きていればだれもが病になる可能性はあります。ですが、今日1日の健康が明日の健康へと持繋がるわけです。不健康にならない心とからだ作りは毎日の生活の中で作り出せるわけです。それには健康的な「習慣を身につけてゆく」ことがとても大切ですね。毎朝顔を洗い歯を磨くことと同じです。いいじゃない健康オタクといわれようと!でも、知識だけじゃなく実践する!はもっと必要なこと。足もみは、だれにでもできる健康法の一つです。ここらへんでマジに自分を考えてみませんか!?

追記独り言…でもさ、確かに、放っておいてもピチピチした若いころにはわからないかもね…と、我が若き頃を振り返ってみても思うけど。ま、そそんなもんかな。。って。でも、まちがいなく!いまの氣づきが大切なのですよ、若くてキレイな女性のみなさまっ!

今日1日の健康が毎日のあなたの笑顔^♡^と家族の笑顔をつくります♪ どうぞ今日も元気な1日で〜♡

Author: Sachiko
• 金曜日, 7月 15th, 2011

いやぁ、こういうことってあるんだなぁ…と。

またも私ごとですが…先日主人が右足の小指中側骨を骨折し全治4週間のいただきものをしてしまい、当面の予定変更をすることになったお話を書いたばかりですが、ななんと再び!今度は左腕手首を捻挫してしまうはめに。。。

ううむ…これは… again.

ようは、足元がおぼつかないため身体が不安定となり転んでしまい、お尻を強打っ&とっさについた手に全体重がのしかかりその反動で”ぐきっ”と手首をひねる形になったというわけです。。(ひ〜想像しただけで痛いっ><)足を骨折してから仕事の方は5日ほど自宅ワークに調整してできるだけ安静にしていた主人…なのにの出来事。。夕方帰宅するなり、なぜか?すまなそうな悲しそう~な顔をして私を見るので…え?なに??(まるでしかられそうになってる犬のような目になっており…)やっぱり足痛かったのだろうか…おかえり…どう?今日は大丈夫だった?と聞くなり、

実は…手首を痛めた。。。というではないか!みると少し青あざになって腫れている。。Oh-my-such-a-ドジ…why-did-that...あぁもう…この人ったら…まぬけにもほどがあるしっ…と、心配に思う傍らでどこからともなく笑いが込み上げてきてしまいとっさのリアクションに困惑でした。それにしても、こうもたて続けにくると色々想像してしまいますが。。

ううむ…きっとそうよ…

私のbad-luck-まで根こそぎ肩代わりしてくれたのね^^:そんなjockで笑い^♡^に変えてはみたものの…運良く左腕でよかったとすべて前向きに捉えてはみたものの。。しかし、こう猛暑日が続きますと思考能力も反射神経も注意力も鈍りますよね。

どうかみなさまもお気をつけください&夏バテしないようご自愛くださいますように。。私も気をつけます。。


Author: Sachiko
• 水曜日, 7月 13th, 2011

いつまでもあると思うな親と金…ではなくってっ。。。^^::

このようなことは、子供の頃によく親から言われた気がします。特に食事のとき「ごはん1粒も残さず食べなさい。お百姓さんが汗水垂らして作ったお米なんだ。ありがたいと思いなさい…中略…父さんたちが子供の頃は戦後で貧しい時代だったから白飯なんて食えなかったんだ。ごはんが食べられるだけでも幸せだと思いなさい…」的なことをずいぶんと言われたのを思い出します。子どもながらに「そうなんだ」と素直に思ったと同時に(これに限らず何度もクドクド恩着せがましくいうのは父の癖…そのせいかどうか分かりませんが)当時は食事への感謝というよりむしろ”食べれることに罪悪感”さえ感じたことを思い出します。(ほんに子どもとは純真無垢の真っ白な存在だなと…ゆえに過保護も過剰も無頓着もイケません…要注意っですね)

どうあれ、茶碗には1粒もご飯を残さずに食べるのはごくあたり前の習慣になっています。子どもの時には1粒も残さず食べることが「感謝」を表すと実感していたわけではなかったと思いますが、こうして大人も早っ中年になってみますと^^:口うるさ過ぎるくらいの父ではありましたが形から入ること躾け:てもらったことに感謝しています。

311…あれから4ヶ月が経ちました。未曾有の惨事を体験し(被災地に暮らさない私たちはあくまでも間接的でしかありませんが…)一体、私たちのなにが変わったというのだろう…と、ふと思い再度自身を見直している今日この頃です。

悲しみも苦しみも痛みもときの流れとともに少しずつ薄れてゆきます。忘却とはある種幸せへのギフトであると思う一方、ともすれば感謝する心すら薄れてゆきかねないのが人かもしれません。だからこそあらためて、

「あたり前にあると思うな…」と。

「…」にはたくさんのことがあてはまりますね。いま、あなた:わたし:がどんな暮らしを味わっているかわかりませんが、天国だろうとどん底だろうと、私たちの回りには常に「ありがたい」と思えることがたくさんあります。汗だくになっても浴びれるシャワー(水)に、節電とはいえ暑ければ入れられるクーラー(電気)に。etc…etc…

ひと粒の米。そこに内包するは米のみにあらず…。しみじみ。。

ふだんは思わないことをあらためて感じてみる今日1日に、幸せの氣づきがたくさんありますように♪