Archive for ◊ 6月, 2011 ◊

Author: Sachiko
• 水曜日, 6月 29th, 2011

長いことブログが空きました。その分?今回は長くなるかしら。そしてとても私的なブログになろうかと思いますがここにしたため残しておきたいと思います。。

実は… 6月23日父が逝きました。実家から訃報が入り早々に身支度を整え翌々早朝に帰郷…ことのすべてを済ませ昨日東京に戻りました。そして本日は初七日、今朝は母と兄家族とで初七日法要をしていよいよ本当にお見送りです。私はここ(東京)から祈りを届けることにしました。

先月末の見舞いが、父と会える最後になるだろうと直感していたので、23の晩に電話が鳴ったとき、すぐにそれだとわかりました。時間の問題だとは告げられていたので覚悟はしているつもりでした。ええ、つもりでしかなかったこともその時に思い知りました。私の中からは、ショックとか悲しみとか喪失感とは別の感情が湧き出しました。それはもう父と家族に関わるこれまでの私の人生すべてのことに対する『おもい』というしか表現できないものです。この『おもい』とは、私がということではなく、おそらく世の中に一つとして同じものは無いものだろうと思います。

動物的感覚の強い私です。父が逝くときには、きっとなにかを感じるだろうな…と思っていました。でも、実際父は夢に出てはくれなかったし、目に映るものもありませんでした。ただ、前日に1つメッセージがありました。水をこぼした訳でもないテーブルクロスが濡れている…よくみると、花を飾っていたグラスが原型を保ったまま真っ二つに割れていたのです。あ…このときすぐに父だと思いました。そして当日に1つ。訃報を受け取る少し前でした。1階で食事の支度をしているとき、2階で主人が誰かと楽しそうに会話をしている声が聞こえていました。(誰かとスカイプしてるんだな…)

「さっき誰とスカイプしていたの?」主人は、だれとも話していないしDVDも見てないしひたすらデスクワークをしていた…というのです。私には確かに誰かと話してたように聞こえたのです。それはちょうど父が逝った時間の直前のことでした。。。

それもこれも偶然だと言えばそうかもしれないし、お告げだと思えばそうかもしれません。そのことの是非はどっちでもいい。ただ、私はそれは父からの最期のメッセージだと感じています。

そして…

実家に戻って父の亡骸に会いました。ほんとうに眠っているじゃないかってくらいに穏やかな顔でした。亡くなった人のことを仏様というのはこういうことなんだな…と分かったような気がしました。

通夜から納棺、灰寄まで体験したのは初めてでした。おくりびとは映画の世界でしか知りません。こんなにも厳かに静かなる美しい時間が流れてゆくのを私はそこでからだごとで感じていました。故人に対する思いはもとより、そこに立ち会い父を見送ってくださったすべての人に心から感謝の気持ちで一杯になり、ずっとこらえていた涙が堰を切ったように自然に流れ出しました。

父の過去を振り返れば、不遇な生立ちや残酷な環境、みずからが蒔いた不幸せな花ばかり…とても幸せとはほど遠い生き方をした人でした。晩年になり、ようやく自分の弱さを認め自尊心や拗ねた心により招いた不調和な生き方を変え、自他ともに調和することに専心し人並みの幸せや身の回りにある小さな幸を知り、人に感謝することや真に人から感謝されることを味わい、ようやく穏やかな人生のフェーズに入ったところだったのに…

そんなことを思いながら、葬儀のあいだ中私は父の人生と自分の人生とを重ね合わせていました。

生まれ落ちた時代、場所、育つ環境は異なれど、私は父を通して同じ過ちを犯しそうになっていたのかもしれない…と。

私には父を嫌い恨み憎んだときがありました。どうして、どうして、どうして… 私はその苦しみから逃れようにも逃れられない…これが因果応報というものなのか…

思えば、父を通して父と同じような道を歩いている自分がそこにいたことに気がついた… すべては私自身の魂の修行だったのだと思います。

j

なんて 人とは愚かしいものなのだろう

なんて 人とは罪深きものなのだろう

ただ

人とはその中で魂の学びをし 氣づきをいただき

また 大いなる愛へと戻ってゆく

k

魂は 永遠

なれば 幾重にも人生をおくる繰り返しの中で

魂なるものを磨く旅も また永遠 か

ここで 恨みの種は 作るなかれ

ここで 憎しみの種は 作るなかれ

ここで あわれみの種は 作れど決して蒔くことなかれ

すべては いずれ自分自身で刈ることになる

なれば 小さき幸せの種を いくつも作り

庭いっぱいに咲き乱れるさまをみて いつも笑顔でありたいと

本当はみな そんな人生を送るようにできている のに

j

父の顔は穏やかでした。それは最期に小さき幸せを感じて持って逝ってくれたのだと信じたい。私の中にもいまはただ愛なる思いしかありません。いつの世かまた父の魂と出会うならば、今度はきっと今世よりもずっと笑顔でいられる人生だと思います。

k

最愛なる父の御魂へ どうか安らかに… 合掌

Author: Sachiko
• 木曜日, 6月 23rd, 2011

6/3に発芽をしたふーせんかずら。順調にすくすく育っています♪^.^/

今朝は恵みの雨ではじまった西東京でしたが、今ブログを書きながら眺める庭にはうっすら日差しが差し込みはじめ明るくなってきています。ん〜今日も蒸し暑くなりそうです。。

だれにでもぐんぐんっ!っていうときがあるんだね。きっと今日はそのときに必要な1日なんだね。^^

みなさま今日も元気に行ってらっしゃい♪

Author: Sachiko
• 火曜日, 6月 21st, 2011

私が住んでいるのは西東京市。この街に移ってきて1年と少々。実は大学生の頃、通学路としてこの西武池袋線を使っていたのでなんとなく馴染みはありました。なんの因果かご縁か^^:「ひばりが丘」は浪人した1年間、ある先生の師事を受けるためアトリエへデッサンに通った街でもありました。おぼろげながらの記憶を辿り、その道を歩いてみましたがもう家は無くなってました。(そうよね、あの頃って20年以上も前だもんね^^:)

当時は、駅周辺から少し外れるとなんもない住宅地。でも、パルコと西友は確かにありましたけど(笑)今では景観も様変わりし、高層マンションが立ったり飲食店も増えたりと、街も進化していることに驚きます。

そんな今や誰も知る人の無い地でこれからの人生の後半を送ろうというのですから私たち^^。田舎とは違い、まあ東京なんて都心へいくほどにもっと無縁社会の街でしょうけれど。でも住めば都。人の順応&適応能力ってスゴいんです。ここに住み始め、西東京って知れば知るほど秘めたる熱さ!みたいなものがある地域だなって思うに至っております。この地をもっと住みやすく、地域を豊かに、笑顔溢れる街にしようとボトムで活動しているNPOや団体がたくさんあるんです。

子育て支援あり、ワーキングマザー応援あり、エコ環境活動あり、健康推進の活動あり、シニアメインの活動あり、趣味や文化の広がりあり、タウン誌あり、ラジオ局あり、ソーシャルメディア研究会あり(一応私もメンバーなのよ^^:)…他いっぱい!どこを切っても辿っても「笑顔の金太郎あめ」入り口は違っても愛と平和に辿り着くんです。

確かに、市の行政側にも関連する部課署がありさまざまな推進活動に取り組んでいるようですが、豊かな地域社会っていうのは市民発信のパワーとスピードには敵わないでしょうね。(←そんな橋渡しをしているゆめこらぼという機関もあったり)

この街で私が目指したいもの。それは「笑顔のある毎日」であること。自分のからだですべてのことをフル体験で生きること。そのためには自分自身のメンテは大切です。自然と調和して心身から湧き出す幸せなるエネルギーをたくさんの人たちと繋ぎシェアしてゆけたら…家庭が社会が豊かになってゆくと信じているわけです。そのためにはまずは1個の核である己から!なのです。

本日のおまけ^^…6/18ゆめこらぼ主催の熱い仲間の交流会!&そのとき笙の匠:鈴木氏:非核平和をすすめる西東京市民の会:がいらっしゃいました。笙を通して自然との調和についてを仰ってました。自然との共存。文化は人を豊にするんです。

今日も元気な自分のからだにありがとう~♡いってらっしゃい。

Author: Sachiko
• 土曜日, 6月 18th, 2011

すっきり!!っていうと…

朝、う○○が出たとき…^^:

よく眠れて起きたとき…

そうじして部屋がキレイ~に片付いたとき…

いらない物を根こそぎ断捨離(捨てる捨てる…^▽^)のとき…

お風呂上がりのビールで”ぷっはぁ~”とするとき…

(ポーザルームでトリートメント受けたとき…^♡^)

たまった仕事が片付いたとき…

なにかをなしとげたとき…

モヤモヤしていた「コト」を手放せたとき…

ずっと抱え込んできた「コト」から解放されたとき…

めっちゃ泣いたあと…

と…さまざまですが、こうしてみると

「滞っていたもの」”ずぱーっ”とぶち抜けるとき だったり

「頑張ってきたこと」達成されて”コウゴウしく”輝いているとき だったり

「しがみついてきたこと」(好むと好まざるとにかかわらず!)を手放したとき ですね。

すべては「ZERO」に戻るとき。。

そう、だから”便秘”なんてしてたら調子なんてでないわけです。。

これはリアルに”からだ”(健康)にもいえることだし、”こころ”的にも言えることですね。

スッキリしたーい!と思うなら、

溜め込んでちゃいけません。出しましょ出しましょ。いらないモノ。いらないコト。。

自然の流れにうまく調和して…心身ともにエネルギーを循環させて…

食う、寝る、遊ぶ。このコピーむかーしありましたね。(年代を感じますかね^^:)今眺めてみると、これってすごくシンプルで理にかなってるなぁ~と思う今日この頃。。

毎日が新しい。毎日が振り出し。今日もスッキリ!でいきましょう~♪

Author: Sachiko
• 火曜日, 6月 14th, 2011

Quick-なのに”じっくりと”の、最近ブログ更新がスローペースのぽーざです。^^

ネタはいっぱいっ!書き込みたいことはあるのですけれど、長からず難しからず^^ :きちんと整理するのにも間を要します。。(まぁ、あるがまま気ままにしてますが…^^:)

と、ここ西東京市(ひばりが丘)に引越をしてきて13ヶ月になりました。その間ひばり内で1回引越をしましたので、まるでジプシー^^: 数秘術でいう私の誕生数「5」”動”をそのまんまって感じです。そう思うと、引っ越しまたは「動」を思わすことといえば…故郷から東京に上京してから、これまでに引っ越し回数は数えきれません。(少なくとも15回以上はあったと記憶する)これも好むと好まざるとに関わらず、結果的に「動」なる星回りを物語ってるようにも思えてきます。まさに振り子幅の大きな生活です。

そんな私ですが、人生も後半(家のローンも30年以上だしっ)この地に定着するスタイルに切り替える”とき”なのかもかもしれないなと…ただ、どこにいようと何をして暮らそうと、大海に浮かぶ船に乗っていることには変わりないのだろうな…と思う今日この頃。果てしなく広~い大海原。終りの無い旅。それならば、変わる景色を楽しみ、所々で停泊しながら、じっくりと味わいながら旅をしてゆきたいものです。いそがずあせあらず。。

じっくりと腰を据えて。今日が楽しい-1日でありますように〜♪


☆★☆

まだまだ^^ご新規さま♥とらいあるキャンペーン中♪ What’s newをみてね>

Author: Sachiko
• 金曜日, 6月 10th, 2011

あきらめないで…

先日(8日)若石本部の勉強会がありました。今回は、ご自身のお子さんが「足もみ」によって病気を改善してゆくまでの足取り(実績)を、改善症例としてお話をきくことができました。

お子さんがまだ3歳のころ、腎臓の回り(左側)に腫瘍が見つかったそうです。その年齢ではありえないもので、もしかしたら悪性のものかもしれない…とお医者さまから言われ、その日から苦悩がはじまります。(結果「良性」であり難を逃れたとのことでした)

その後、お子さんが小4(10歳)の時、突然原因不明の「血尿」が確認され、左腎が機能不全、右腎にはなんと8mm大の腎臓結石があると診断がされます。この機能不全に加え8mm大という結石ができるというのは、他に2例が無いほどまれな病で、そのためそれぞれの腎臓を別々の病院で診ていただくという考えられない状況になったというのです。。。

「子どもの腎臓は…絶対オペはしないこと!」大人でも切開するのには相当体へ負担がかかります、ましてや子ども、しかも腎臓。…藁をもすがる思いで、辿り着いたのが若石の「足もみ」だったそうです。

しかし…1回5千円、毎日通ったら15万!?毎日揉むからこその改善の道、しかし経済的には無理があります。そこで彼女は「足もみ」を習い、とにかく「毎日かかさず」お子さんの足をもみました。そして…3ヶ月後の診察の日。なんと8mm もあった結石が3mm にまで小さくなっていたのです。。

これは作り話なんかじゃなく実話です。しかも、どこかの偉い先生でも医者でもなんでもない、ごく普通の「お母さん」が出した結果なのです。

若石ではこのような症例実績がたくさんあります。健康であることのありがたさは、なにもないときには分かりません。病気になる…ことを必要以上に恐れる必要はありませんが、やはり、日ごろから自分の体に関心を持つことは大切です。病気にならない(なりにくい)心身作りは誰もが望んでいることです。そして「足もみ」は誰にでもできる健康法の一つです。ご自分の足、一度よくみてみてください。足はあなた自身を表しているんです…

今日も元気でいてくれた自分のからだにありがとう^♡^

☆★☆

ただ今ご新規さま♥とらいあるキャンペーン中♪ What’s newをみてね>

Author: Sachiko
• 日曜日, 6月 05th, 2011

つい2日ほど前にふーせんかずらが発芽をしましたが、なんと、今朝はもう新芽をだしています。^^この成長の早さと、放っておいても「らしく」なってゆくものなんだなぁ…と感心しています。あんなに小さな種の中に必要なDNAが全部ぎゅ〜っと詰まっている。

ano-ano♪「はじまり」「可能性」「成長」…。種:anoの”殻”さえ割れたら、自然の恵みに導かれてゆだねてゆけばいいんだよね。ちゃんとそれなりの花になってゆく。うん、そういうことなんだよなぁ。。

ちゃんとギザギザ葉っぱ♪を出している…^^ワクワクするね!

すべてのみなさまに…今日もいい日になりそうだね〜♪

☆★☆

ご新規さま♥とらいあるキャンペーン中♪ <What’s newをみてね>

Author: Sachiko
• 金曜日, 6月 03rd, 2011

6/3、金曜日。昨日までしばらく梅雨空の上に肌寒かった日が続きましたが、今日は久しぶりの晴れが戻りました!^o^(ん〜気持ちいいですね。今日は気温も一気に上がるようですが、とにかく晴れはこころも晴れます)まことに私事ではありますが…5月後半あたりから身辺にまとわりつくように色々なコトが重なり…あれよあれよという間に6月突入しています。多忙というのとはまた違う、こころのスペースが一杯一杯の隙(間)がないような感じでしょうか。。

ですがっ!そんないっぱいいっぱいな?私の隙間の中に『はっ』と目覚める喜びの瞬間が^^♪5月21日に種まきをした『ふーせんかずら』が発芽をしました!(^♡^)/←そうそう種の柄はちょうどこんなふうです^^

ちいさな感動です。こんなのを見ると瞬間で笑みがこぼれます。素直に嬉しい♪^♡^今年の夏はふーせんかずらのグリーンカーテンできるかな。これからどんどん大きく成長してゆくのが楽しみです。

すべてのみなさまに今日の喜びがたくさんありますように〜♪


☆★☆

ただ今ご新規さま♥とらいあるキャンペーン中♪ <What’s newをみてね>