Author: Sachiko
• 木曜日, 9月 13th, 2012

我が家のリビングには大きく成長した^^パキラの鉢植えがあります。

なんというお姿…

このパキラのもとで…  Pontaはまどろみながらゴロゴロするのがお好き。。(笑)


今年は残暑厳しく日差しが入ると室温が上がるのでカーテンを締めることが多いのですが、薄暗いリビングはなんともいいようのないやわらかな雰囲気が漂っています。

そんなある日、フロアーに映るパキラの影がやけにくっきり!そしてキレイなのに気がつきました。影を見ているうちに、その中に色んなものが見えてきました。笑った顔、怒った顔、ミステリアスな顔、動物、天使、悪魔、幾何学模様…etc…

このとき思ったんです。

影…

影から見えるものって一つじゃない。影を作っている物は一つなのに、影は色んなことを想像させて見せるということ。今さらながら、ああ…これって真理なんじゃないか?と思ったのです。同じものを見ているのに人それぞれに見えるものが違う。ある人は悪魔をみて、ある人は天使をみる。どれも正解でありどれも正解とはいえない。

即物的なものに光を当てるとき影は必ずできます。仮に、影を結果として現れたいくつかの現象とすると、実際に存在するものは一つであるのに、いくつもの偶像を作り出す。人は見たいようにみるものなんだな…って。

そう考えてみると、普段私たちが暮らしている生活の中で体験する「問題」のようなことがあったとき、あらゆる現象から何をみるか…ということを教えてくれているように思ったのです。何をどんな風にみても解釈しても感じても…真実は一つであるということ。影をみて何を思うか…。けど、でも、どうあれ、…それって面白いな!って。

人生経験も少ない学生時代、爪がすり減るくらいデッサンをした。あの頃はただただうまく描けるように描いていたけれど、対象物をしっかり観察して描き上げるのはもとより、陰影をどう表現するかは大切な要素だった。そのことをいまさらに思い出しました。

ん…もう何年も筆を持ってないけれど、この歳になったいまここでまた描いてみようかな。

うまく描こうとするより、感じたまま思うまま見えるまま自分にいつわりなく描く方が味わい深さが出るだろうね。きっと人生も同じなんじゃなかろうか。

影って…味わいつくせたら魅力なのかもしれません。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

2 Responses

  1. 1
    須藤 景 
    月曜日, 16. 12月 2013

    お久しぶりです。娘がアロマの道に進みたいらしく、そのような学校へ進学します。僕は、平凡に生きようと毎回挫折してます。

  2. 須藤景さん:実は、どこでお会いしたかと思い出せずにおります…m(_ _)m(ひょっとして群馬のかしら!?..)
    ともあれ、ずいぶん前に書いたブログですがコメントありがとうございました。
    娘さん進学おめでとうございます♪ 若いうちは興味のあることを何でもするのがいいですね。
    それも「自分で決めた」ことに向う…。どんなことがあっても自身の選択で道は開かれると思います。

    平凡の挫折とはこれいかに^^
    平凡が一番幸せだと思い、それを望んでいる。だとしたら、やはり対局にあるものを体験する必要があるから
    そういう現実を引寄せるのでしょうね。平穏で平和の中にいるのに、そこにいるとそれが「あたり前」になってマヒします。
    そう言う意味で、景さんはちゃんと望む自身の路を歩いているってことですから。
    挫折はときに成長に繋がります。きっとこれからも大丈夫!^♡^

Leave a Reply