Author:
• 木曜日, 4月 28th, 2016

4月に入り、何やら私の身辺諸事合わせて動き始めました。(極端に寒さに弱い?!私ゆえ^^:それも自然のなりゆきかな…)

ありがたいことの1つは、ポーザルームへお越しくださる”ご新規”さまの動きがあったり…(これも大変ありがたいことですが、ここに来てくださる9割がリピーターさまなので^^)また、今後のリピーターさまになって行ってくださると嬉しいな♡と思っています。出会いにわくわく♡

私はあえて「ワーク」(謙虚に^^:)言っています。というのは、単に英語で仕事をWorkというからということではなく、私にとって”仕事”というのは「たとえイヤなことがあったとしても忍耐強く業をなし全ては自他の生活のために糧を稼ぐ」といった認識が強くあります。ここには甘えも余裕もありません…💦サラリーを頂くのだからそれなりに身を粉にしても文句はいえない_といったニュアンスも含みます。これは、そのような概念が正しいか否か良いか悪いかということではなく、かつて私がサラリーマンをしていたときに染み付いた認識だと思います。ゆえに、
仕事_とは、おこがまし過ぎて言えない自分があるのです。もちろん自身のワークには誠心誠意♡のスタンスで努めています。加えて「させて頂いている」という感謝が大きいです。
皮肉なもので、まあまあの年収を稼いでいたあの頃は、自由な時間もなく常に結果や成果を出さなければならないというプレッシャーから解放されることなく心身ともに疲弊していたように思います。_まさに”稼ぐ”のニュアンスにピッタリ💦すべてに余裕が無かった–期_のように思います。

現在の私はどうかといえば…

あの頃とは置かれた環境が変化しました。人生のパートナーという存在に出会うことができたおかげもあり、その恩恵を強〜〜〜く受けて@好きなことを”小じんまり”させていただいています。サラリーマンのときには建前でしか思えなかった「感謝」の思いが、今では私の中心に常にあります。

どんだけ変化した(できた)んだろう…私。。。

正直、自分の好きな事をマイペースにいわゆる私流でいう「ワーク」をし始めたときからずっと罪悪感に似たものがありました。(え〜!どんな?!)長い間インディペンデンス…つまり、すべては自立した生活があるべき姿だという思いがとても強かったので、パートナーに(主人ですが^^:)食べさせてもらって、気楽に過ごしている自分でいいのか!?
_というものです。

相互依存

ようやくこの境地を正しく理解し、自分自身のあり方や生き方や、他者との関係性を築く大切さを身に沁みております。
これ、まさに私自身がめざすところの「自他一体の幸福」_レイキの真髄じゃあないですか!^^:

💗

先日、うっかりこの1月に期限を切らしてしまったパスポートの新規申請に行って来ました。古いパスポートは、神戸に在住していたときに更新しました。早いもので、あれから10年が経った。ぜんぜんそんな気がしません。

古きパスポート。私の30〜40代はじめまでは、渡航履歴が満載でページが足りないくらいの使用感たっぷりものでした。まさに、安定とはほど遠い生活をしていたなぁ…。思い起こせばしんどい生活も人生期もう〜んとあったあの頃も、いま、あえて振返るならそれもまた懐かしい。

今後10年、私のパスポートは身分証明的な役割のが方が大きいのだろうか。

人生とは、それぞれに、あるがままに、なるがままに、そのように、変化し流れてゆくのだ…

と。

それでいいのだ。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply