Author: Sachiko
• 火曜日, 3月 25th, 2014

なんつって^^: まいど「スタート」「ダッシュ」のタイミングを都合のいいように解釈しているかのような私ですが…3月は私にとって誕生月なので、本当の意味での切り替えなわけです。

考えてみると、3月とは季節の変わり目でもあり気温差も天候も凸凹しますよね。私がなぜこのように激しい?性格なのかが分かるような気がします^^。と、いう「性格」とは…

自分自身で思い感じている自分と、他者が感じている自分とは、共通点はあるかもしれませんが、意外と大きく違ったりします。違うというより、自分のことは自分では良く分からない部分がいかに多いかという気もします。

ひとりの人の中には色んな面があるんだと思います。人の性格の傾向を9つのタイプに分けたエニアグラム(9つの性格)という理論があります_ざっくりいうと、その人の魂の持つ傾向といいますか「タイプ」に分けられるというものです。私たちの暮らしの中には、色んな人間関係や環境などが様々に絡みあっています。ひとり「ひとり」がタペストリーのように織りなしているのが世の中なのだということも、なるほどよく分かります。

どれが優れていてダメということではなく、それぞれの異なる特長があるのです。確かに9つ、それ以上でも以下でもないことに興味深いです。私たちは大いなる営みの中に存在するひとりというならば、自他ともに傾向が分かると自身の回りにいる人とのバランスの取り方も見えて来て「そうやって調和しているのね〜♬」と思うと、自分らしくあれるというのがいかに大切で、他者への思いやりや協調というのもセットでついてくることが分かります。(いまさらに…^^:)

ちなみに私は1や3の傾向が強い…と思ってましたが、最近は少し変ってきているように感じます。

ずっと自分は「こういう人だ」と思い込んできたことは、根底にあるかもしれない基礎要素だとしても、実は、OFFになっているだけの種(DNA)もあって、意識の変化や進化ととともにONにもなったりOFFにもなったりするんじゃないかしらと。先日の、村上教授の遺伝子のお話でも、眠っている可能性(OFFになってるDNAは9割以上だというんだもの…💦)のが多いというんだから面白いを超えてすごいことですよね。

そんなふうに考えると、人とは常に変化&進化の途にあり、いつでも新しい自分に出会えるのではないか…なんて、思ったりする今日この頃です。そう、しかしながら人の生業というのは、実生活というリアリティの中に(願わくば精一杯…)生きてこそ、色んな出来事に出会いぶつかりあいながら「気づき」をいただき成長に向うのかもしれないですね。

苦難に出会ったときがチャンス!とは、目覚めのきっかけになりうるギフトなのかもしれません。もしも苦難難題が多いとするなら!?大切な「Something New」を見出すように!という天からのサインなのかも…。(少なくともそう考えた方が生きやすくなり余計なストレスやネガティブアタック!にやられずに心身調和の日々をおくれるように思います。…わたしも、そう思うことにしよう〜^^)

3月も後半^^: 桜の開花が楽しみですね♡今週も元気にまいりましょう〜♪

先日入れ替えたデンファレ^^気品ある可愛らしさでポーザルームを演出ちゅう〜♪


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply