Author: Sachiko
• 木曜日, 9月 12th, 2013

みんな…幸せになりたい!って、思っているんですよね、きっと。

幸せな◯◯に…

幸せな△△に…

幸せな「何か」になりたい、「何か」であれれば幸せ、「何か」が得られれば幸せ…そうね、きっと、そうなったら幸せなんだろうね。(それも、確かに、一理あり!ですが…何かってなんだろう…?!??!…あたり前すぎて見えなくなってるだけってこともね。。)

世の中によくある話、_結婚のときは「幸せ」だった。でも、離婚したり…(あら?!。。)
子どもが生まれたときは「幸せ」だった。でも、育児に悩んで苦しみに変ったり…(はら!?。。)
お金持ちになったら@あんなことして@こんなことして@…幸せだった。でも、失うものの方が大きくて生活自体が崩壊したり…(まじ?。。)
そういう矛盾って表裏一体でついてきます。
幸せって、未来にあるものじゃないし、ましてや過ぎたことはすでに幻です。。

きっと、幸せって@なんだかんだすったもんだしたり@泣いたり@怒ったり@4_@5_@6_@7_@8…と、紆余曲折あること自体の中にある”まばたきの瞬間”(ん…時間とは別の次元なので表現しきれませんが><)なのかもしれないな…と思う。

だけど、矛盾が表裏一体でつきものなだけに、幸せだなぁ〜と思うことがず〜っと続くと、それがあたり前になってきて、実は、けっこう、意外かもしれないけど…「退屈」なものかもしれないです。マヒするというか。_日々健康であることに感謝して…ってみんな思うけれど、実際、心底から感謝が湧くのは「病んで苦しんだ」あとだったりするように。

例えば、幸せ(なはずの)結婚生活も同じくで、日々の生活とは変化するものだから、そのときどきの大波小波をサーフィンできないと続かないものだし、ときには失敗して沈んだりもぐったり…それでも、水面に浮上して来てまた波を待つの繰り返し…。

せめて苦しむも溺れないようにするには、波に飲まれても慌てない!ムダにもがかない!という冷静さなのかもしれませんが、とっさの中に冷静さを持つことこそ、なかなか、なかなか、なかなか…難しいことです。。

やっぱり、こころがざわつくときこそ瞑想が役立ちます少なくとも私はそうです。手に負えないものを目の前に「ああ〜もう〜私になんかなんもできない><」と絶望したとしても、人には一つだけ出来る事があるんです=純粋な祈りや瞑想は誰もが出来る…これはすべての人が備えている純粋なエネルギーです。

一瞬の中の静寂と本当の自身であれることは波乱の波の中で生き抜く上でもっとも大切なことだと、荒波にいるから分かるのでしょうね。。(爆)
安心立命の道をゆく。とは、どんなことにも振り回されることなく日々をたんたんと精一杯「生き抜く力」かもしれません。とりあえず、きょうもこうして元気!私を支えてくれているすべてのことに感謝して。。

P.S. 人生はやはり十人十色。。よくよく考えると「ほんとうに欲しかった」ものって、私はすでに与えられています。それははじめからそうだったことでもあり、そして絶妙なタイミングを介してやってきたものもあります。∴幸せです。だから、きっと、驚くほどの火事場のバカ力を発揮出来る^^だけのステージにいまいるのだなと。それこそが幸せなことなんじゃないか!…そうマジで思った瞑想のあと。。

やっぱり笑顔であれるきょうがいいね〜♪

💗💗

ポーザルーム’S モニターさん募集中です♪ご興味のある方ご連絡ください^^

9/15「若石健康法@ゆーぽーと」講座へ参加希望の方はこちらから^^


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply