Archive for ◊ 2月, 2017 ◊

Author: Sachiko
• 火曜日, 2月 28th, 2017
こころの美健💕からだの美健💕自他とものサポート&ワークするぽーざです。^^

2月25日(土)今年お初のヒーリング交流会♪〜開かれました❤️

今回は私を含めて5名参加での会でした。
内、初めてご参加の新たなお仲間も加わり^^とてもいい雰囲気で楽しく充実した会でした。
みなさま❣️お疲れさま&ありがとうございました。(^.^ )

さあ、明日から3月ですね。 春のやわらかなエネルギーをいただきながら…

自身に降りてくる直感に信頼をおき^^ワクワクする感覚を大切に.

次回は2ヶ月後、4月の後半あたりかな?くらいの予定でおります。
またお会いできるのを楽しみにしています♪

Being and Doing… 日々笑顔☺️でたんたんと参りましょう❣️

Author: Sachiko
• 木曜日, 2月 16th, 2017
こころの美健💕からだの美健💕自他とものサポート&ワークするぽーざです。^^

先日、現代レイキのレベル−3:神秘伝のセンションがありました。
神秘伝を受講された「Kさん」… 彼がレイキとは?と関心を持ちはじめてから「レイキ」の世界に惹かれ、実践をはじめてちょうど1年目に神秘伝の伝授でした。(いまの彼にズバリ!のタイミングでした^^)

現代レイキには、レベル1、レベル2、レベル3(最終)とあり、ステップを踏む形になっています。
レイキと一口に言いましても、実際、一人一人の魂の使命に関連するものですから、一生をかけて向き合う奥が深いものと言えます。
レイキのような「スピリチュアル」っぽい^^世界は…どこか神秘的で特別なイメージを持っている人が多いのではないかと思いますが(ちゃうちゃうっ!! ^^;)中にはすぐに”エンジェル”とか”神”とか神秘的な存在と直結して見たり(笑)

スピに人生の救いを求めたり、現実の生活からの逃げ道的にはまったり…(oh~~No!!)

そういう方も少なからずいらっしゃいますが…..ズバリ言います。。

癒しの道は…いばらの道^^:

そんなふうにも言えると私は思いますね。
なぜなら、真の癒しとは自分自身に「気づき」が起こってはじめて始まるからなのです
その「気づき」とは、自身の中に蓋をして閉じ込めておいた「見たくないもの」であったり「恐れ」や「悲しみ」や…無意識に「避けてきたもの」であったり…潜在意識に埋没していたカルマ的な要因であったりとさまざまなわけです。

レイキのどのレベルも大切な段階ですが、やはり神秘伝が一番の肝になるわけです。

意識の波動を高め、宇宙と一体になりなさい。

あなたはもっと、創造的に生きることができるのです。

”わたし”の内なる魂が、

”わたし”のために考え、語り、ガイドに、行動しています。

この世は、意図することと行動はセットで切り離せませんね。

あなたの魂の赴くままに

いろんな現象を体験して💕ワクワクした人生を過ごす魂の旅…なのですから。

Go ahead!! (^.-)-⭐︎


Author: Sachiko
• 日曜日, 2月 12th, 2017
こころの美健💗からだの美健💗を自他ともにサポート&ワークするぽーざです^0^

昨日は2月11日(土)建国記念日、そして満月でしたね〜。キレイでした。
いやはや…節分もあけたというのに私のバイオリズムは@停止モード…(今年はなんだか重たいなぁ)
心身ともまだまだ底にいるような感覚がありますが…

こういう流れのときこそ内なるエネルギーを精査する機会でもありますので、
ヘタに逆らうよりは魂の赴くまま日々たんたんと向き合って生きましょう。
←と、寒さに弱い自身へのエールでもありますっ^^:)

そんな内観の時期、またちょうどいいメッセージを見つけたので^^シェアします。

「無性の奉仕活動とは」!?

この”無性”と奉仕活動という関係には、人を概念から支配したりコントロールしたりするとても「トリッキー」なテーマがあると、私も日頃から感じているひとりです。なので、ボランティア「前提」としているような団体には気をつけてます。
「ひとのため」
たしかに、素晴しいことですね。ですが、そんなふうに思う影に実はエゴがあったりします。

自分は「どうしたい」のか、どう「ありたい」のか。

この思いを無視しては続きません。どのような活動であれ、

「そこんとこっ」「いっちばん大切っ」です!

信念を持って活動していないと、愛なる循環をするはずのエネルギーは一方的になりむなしいだけです。
ま、まずはご覧ください♡^^  そして、自分のハートに問うてみましょう。



かつての熱き思いはどこえやら…もしも、いつの間にか不平不満が溜まっている様な活動であれば気をつけましょう。初心を思い出し、再び自分自身を見直すいい機会ですね。