Archive for ◊ 8月, 2015 ◊

Author: Sachiko
• 土曜日, 8月 29th, 2015

8月もあと2日ですが、ここ数日の西東京もすっかり秋ですね。先日遅めの夏休みで宿泊した軽井沢は…

まさかの14度!(~ ~:)

しかもずっと霧雨の軽井沢でしたので、体感温度はもっと低かったと思います。急に寒くなったりまた残暑ぶり返したり、さすがの私も昨日の午後に突然頭痛がやってきました。ん…この感じはちょっとやばいuu アンチ薬派の私ですが、久しぶりに頭痛薬で痛みを抑え早めに寝ました。おかげさまで今日はもう復活です^^やはり油断大敵ですね。みなさまもお気をつけくださいね。

この休みの1日目はとても良いお天気に恵まれ^^佐久の山間にある父方母方両家のお墓参りも滞りなくできました。それから1年ぶりに弟と面会し、ゆっくり話を聞いたり、一部ではありますが、施設での生活の様子をみることもできほっとました。短い時間ではありましたが、私にとってはとても大切な帰郷でした。

弟は1年ぶりの私と会って、どんな気持ちになっただろう。感情を表にださない彼なので、帰るときも平然としているのですが、少し経ってから、帰りのドア前まで後を追ってきたのも、内心は寂しかったのかもしれません。私が私を通して彼をみるとき、彼の人生について思う時、そこにはとても複雑な感情が込み上げてきたりします。けれども、

彼はひとりの人として生まれ、どんな状況であれ、彼は彼の世界の中でしっかりといまを生きている

そんなメッセージを受け取りました。私も、私自身の世界をしっかり生きてゆかないとだよね…そう改めて思いました。

💗

2日目in軽井沢。天気予報通りの雨になりました。一番したかったことは叶ったので◎な夏休みでした^^(さすがの14度!には震えましたけど💦)お土産などのショッピングだけして散策はパス!ペンションに戻り、まさかのカウチポテト(なつかしい言葉…すでに死語?)念のためにとダンナがパソコンにDVD仕込んできた^^:「バビロン5」観て過ごしました。

で、観たアピソードの中に出て来た台詞がいい〜のよ〜♪こりゃ真理ついてるっ!って、おかげで退屈せずに過ごせました(笑)

このシリーズはダンナのススメでずっと一緒に観てたんだけど…バビロン5の発案者:J・マイケル・ストラジンスキーという人がどんな人なのか&ここで初めてこのドラマに興味が湧きました(爆^^:)

思わずハッとした台詞を下に紹介したいと思います♡

In the right moment, they were in the right place, and knew what to do.
The universe puts us in places where we can learn. They are never easy places, but they are right. Wherever we are is the right place at the right time. The pain that sometimes comes is part of the process of constantly being born.
The universe knows what it is doing.
The molecules of your body are the same molecules that make up this station, and the nebula outside, that burn inside the stars themselves. We are starstuff, we are the universe, made manifest, trying to figure itself out. Sometimes the universe requires a change of perspective.

直訳すると…
この瞬間に、それらは正しい場所にあり、何をするかを知っていたのだ。
宇宙は、私たちを、私たちが学ぶことができる場所におくのだ。それらは決して容易な場所ではないが、正しいのだ。正しきときに、どこであっても私たちは正しい場所にあるのだ。ときにやって来る痛みは、常に誕生することのプロセスの一部なのだ。
宇宙は何をしているかを知っているのだ。
あなたの体の分子は、星自身の中のその焼け焦げたこのステーションであり、星雲を作るのと同じ分子なのだ。私たちは星のスタッフであり宇宙、私たちは、自身を理解しようとして宇宙に作られたのだ。
ときに宇宙は相対的な変化を必要とするのだ…
💗
つまり、私たちはひとり一人が完全であり、その存在は宇宙(大いなるひとつ)_なんだと。

Author: Sachiko
• 水曜日, 8月 19th, 2015

わーっ!わーっ!もう〜夏も晩夏に向ってる〜〜!気づけば?!すでに8月もスルリスルリとガッツリ後半に食い込んでいる。毎日あぢーね〜💦猛暑だね〜💦なんて、言っている間に自然界はswift…swift…swift…着実にじわじわと変化してみせるので鈍感な我ら人間は暦がないと流されしまうぅ。。

て、いうか、時間軸という概念がとりあえずでもあってくれないと、この世の生活はメリハリの無いものになりかねないということですな。ある日ハタっと目が覚めたら、すっかりじいさんばあさんになっていた。これは夢か現実か!?と一瞬の錯覚に埋もれつつ我に呆然とする…まるでおとぎ話の竜宮城のようです。(あの話はまさに世の実をついた話でもあると思う…)

というように、やっぱり「世は自分中心に回っているのだ」これはあるひとに起こった妄想話として聞いておいてもらってもいい。でも、実際、究極のところはそうなのだ。一人ひとりが見ている世界、置かれている世界、いわゆる人生という世界はどうしたって自分といういち存在–自我or 個(例えるならTubeでもいいわっ)を通して繰り広げられるものだから、違うのが当然でそれは自然の生業なのだ。ただ、その自分という存在のもとを辿ると:意識という名のエネルギー体に包括されるので=大いなるひとつとも言えるわけです。ここがみそです。それが腑に落ちないと、人生はただ苦痛で虚しいものになりかねない。我々の落ちた世はいわゆる二元:分離、比較/ゆえに経験、体験の世なわけですから。

ぶっちゃけ、どうすればともすると苦痛で重たいこの世:二元を生きるか、どうすればよりリラックスして人生をまっとうするか、と人は四苦八苦して生きているわけです。当然それゆえ救済を求めます。楽になりたいと思うのは人の自然なる性だもの。。

多くの覚者たちによる「いかにして生きるか」_的なヒントになる教えだったり悟りだったりの話がわんさとあるのも、我々の救済はずっと永続してあり、それに合わせて様々な形の教え的なものが表現されているように思います。それはときに救いとなって自身の人生を高めてくれたり導いてくれるものであったり、大きな気づきを与えてくれるものになったりもします。

ただ、一方で気をつけたい!と思うことがあります。
どんなに立派で素晴しい人の教えであっても「盲信」はしないこと…だと。これは、少なくとも私の中にある信条です。相手を尊敬する。信頼を置く。これは大切なことですが、やはり盲信はしない。(家族など近い人間関係における虚偽や裏切りが発生しやすいのもそこかと…はぁw私も痛く体験しました。それでも恨んでません。それを教訓にと起こったことかもしれませんので…。信頼の究極は捨て身も厭わない、つまり相手を自分の一部と思う覚悟を持てるか!?が踏み絵になると思います…)

やはり、いまさらにあたり前ですけど…人生に逃げ道はないですね。

最終的には自分です。良くも悪くもしたことの因果はすべて自分に帰ってきます。この世…色んな人に生かされ共存共生して生きるわけですが、だからこそ自分軸をしっかりともって、自分の人生だと自覚して生きてゆきたいものです。

💗

ヒーリング交流会♪in Poza Room♡
日 時:9月6日(日)午後2時〜午後5時
場 所:ポーザルーム
西武池袋線ひばりケ丘駅下車北口〜徒歩6分 *初参加という方にはマップをメールします♪
参加費:1000縁 定員:6名くらいまで(狭いもので…💦)満員御礼^^締切りました!
内 容:ヒーリング・瞑想(各々のスタイルでOK♪)グループヒーリングほか、語らい合いつつのお茶会♪

お申込はこちらまたはメールでね〜♪

Author: Sachiko
• 日曜日, 8月 16th, 2015

こんにちは^0^_夏休みも今日まで?の方(すでにお仕事はじまっている方も^^)この夏は暑かった!ですが、確実に晩夏に向っているのを感じています。みなさん夏バテせずにお元気のことと思いますが、どんなお盆休みでしたか?

私は、きゅうりの馬とナスの牛を作ってお盆もどき?!を今年はやってみようかと思いたったので、気持ちだけの簡易なものではありますけれど、子どもの頃の記憶をたどってやってみました。_今日は送盆、庭でお線香を焚いて馬と牛を側におき線香の煙とともにお見送りしました。子供の頃は馬と牛をお花を添えて川に流したものですが、まあ、都会ではそれは出来ませんし、ましてや狭い庭で藁なんて燃やせませんので^^:

毎日の瞑想や祈りのときには、私のDNAを通して繋がる大いなるすべてと、ご縁を介して繋がるすべてのものに向けて♡意識を繋いでおりますが、こうした風習に合わせて行事をするというのは、節目節目に感謝を忘れずに生きるという上ではとても大切だなぁ…なんてこの歳になると今さらに思います。_8月も後半はもう〜あっという間!でしょね。。。(笑)

💗

さて、そんなこんなの日々ですが、夏のヒーリング交流会♪開催&お知らせです。

日時:9月6日(日)午後2時〜5時…

場所:ポーザルーム(西武池袋線ひばりヶ丘駅下車徒歩6分_初めての方には後日マップメールします)

会費:1000縁 (お茶会込み♪) 定員:6名_満員御礼閉め切りました♪

内容:瞑想、ヒーリング、ほか…(集ったお仲間との交流の場です♪)

💗

恒例〜エンジェルにテーマを頂きました。ふ〜む…なるほどね〜でした^^

「Goddes :女神」_(ポーザ翻訳とリーディングにて)

このカードは、神聖なる女性エネルギーの必要性を話しています。それは直感力と同じく、それらを育み、芸術的表現をギフトとしてもたらします。たぶん、あなたは多過ぎるほどのたくさんの時間を考えて過ごして来たか、創造力を欠いた仕事をして過ごして来たことでしょう。

もしそうなら行動のステップは_すべての女性は3つの女神の部分が備わっています。少女(インナーチャイルドであり、純粋であるとき、もう1つは大胆で勇気のあるとき)母性(本質を育む)そして家母長(先生)です。あなたが男性なら、内なるところに類似した本質があり、少年、父性、家父長です。日々これら3つの部分の表現は重要です。これはリレーションシップや仕事においても遊び心を持ってバランスよくする助けをします。毎日3つの特長をすべて表現しながら過ごし、どれくらい活気づけてバランスをとるか_感じることを知らせています。

サブカード「Heal Away addiction:」まさに癒されたい!と(笑)

このカードは、あなたがすでに何を知っているかを証明するために来るのです;それは、あなたの健康、幸福、人生の目的のじゃまをするような習慣を手放すときです。天使たちはあなた自身に対してとても正直になることを求めています。これらの常習化した悪習慣の数々はあなたの時間をムダに遣い、あなたのエネルギー自信を奪い、あなたの祈りへの答えをブロックしているということを認めるように求めています。…そのほか中毒性の傾向のあることを懸命に癒すこと切望しています_と。

💗

お申込はこちらからまたはメールでお願いします)

ご都合の合う方^^ またみなで集いましょう♪ 夏の疲れをリセット!リセット!(^.^)-☆

P.S. 先日セッションさせて頂いた◯さん…再押しメッセージ出ましたね。お時間あえばどうぞいらしてください^^

Author: Sachiko
• 火曜日, 8月 11th, 2015

8月24日(月)〜26日(水)までお休みいたします。

♡すでに夏期休暇に突入されているみなさまもいらっしゃるかと思いますが、上記お休みの他はオープンしていますので、お疲れの心身を整えたいみなさま^^ご連絡お待ちしています。

♡ヒーリング交流会は「9月6日(日)午後2時〜5時」で予定しています。詳細は後日UPしますね♪

💗

今年の夏は早々から猛暑が続きました。最近では各地で豪雨などもあり💦日に日に夏も後半に向っているのを感じます。それでもまだまだ残暑厳しい毎日が続いておりますので、みなさまどうぞご自愛くださいますように。

それでは^^楽しい夏休みをお過ごしください♪

Author: Sachiko
• 土曜日, 8月 08th, 2015

2011年8月8日。4年前の今日、Pontaと初めて犬舎で面会した日_記念日です^^

通称Ponta…正式な名前があるんです。 Monty-gamery Pontevetra Samadhi_Poza:モンティガマリ・ポンテヴェドラ・サマディ_ポーザ!^^です。モンティはモンティパイソンから_あの風刺の効いたユーモアとシャレのセンスを!(そんなわんこなんて最高でしょ^^: )そこにガメリー:勇敢という意味の言葉を付けました。

ポンテヴェドラは、スペインガリシア州の南西部リアス・バイシャスに位置する都市でポンテベドラ県の県都…実は我がダンナのポーザ家発祥の地です。ダンナはアメリカ生まれのアメリカ育ち(スペイン国籍も有)ですが、彼のおじいさまの代からアメリカへ移民したスペイン系アメリカ人です。なので、ポーザファミリーの一員としてゆかりの地を名前にしました。

そして、ご存知サンスクリット語のサマディを頂きました。すべてを超えて、創造の源の存在・至高なる存在・神と一体になる、人の意識の究極のステージ「サマディ」…ゆえに^^Pontaは私にとっての師匠なわけです。

そんなPonta…どこか愛嬌があって味わいのある子犬でした。犬舎で面会する前に写真でピン!とインスピレーションが降りてきて「この子」って決めていました。Pontaの他に2匹の♂と1匹の♀の4匹の兄弟姉妹で誕生しました。

み〜〜んな!顔立ちのキレイな子たちばかりで、私たちの側にきてジャレまわり^^本当に人懐こくてかわいくて!…その中で1匹だけいつの間にかいなくなる。何度もブリーダーさんが側に連れてきてくれるのですが、大理石の玄関へ行って暑さをしのいで寝に入ろうとする超マイペースに単独行動をするわんこがいるんです…はい^^: それがPontaでした

イケメン揃いのわんこの中でも、Pontaはどこかぶさかわいい愛嬌のある顔立ちでした^^: 行動もマイペースなところがさらに私の♡をつかみました(笑)

出会ってしまったっ。。。

出会いの糸ははじめから繋がっていたのだから… 疑うことなくそう思えます。
私がPontaと出会うタイミングも、環境も、すべてがなるべくして調度よく整ったからなのでしょう。。

ああ…uu 出会えたご縁をありがとう。。。

ずっと元気!で、幸せなわんこライフを送って欲しい♡それが私の願いです。
パパと〜ママと〜ポンタと〜Happy Poza Familly!!(いつも言い聞かせてます^^)一緒に築いてゆこうねPon!

今日は出愛の記念日だから、

なにか美味しいものでも作ってあげようと思います♪^^

P.S. 8/5…ダンナと出会った記念日^^:
こっちはおまけでまとめてドン!パエリアでも作ってお祝いします〜♪

Author: Sachiko
• 火曜日, 8月 04th, 2015

早いもので、今年3月からポーザルームで「若石」足もみによるモニター検証がスタートして8月末で半年、一旦の区切りを迎えます。検証のレポートは後日作成することとして、これまでの経過について少し紹介したいと思います。

モニター:Mさんの(属性)_現在26歳、女性、主婦、子育て中のママ(家族構成)_御主人さま、義母さま、1歳児(男の子)の4人暮らし。

彼女は幼少期から甲状腺ホルモンの分泌に不具合がみられ、いわゆる「甲状腺機能低下症」Hypothyroidismと診断され、以来ずっと投薬治療をしながらこの病気と向き合ってきている女性です。(橋本病ともいわれます)

甲状腺機能低下症とは_甲状腺機能が低下してくると全身の代謝が低下するため、体のさまざまな機能が低下します。精神機能が低下することによって眠気、記憶障害、抑うつ、無気力を生じます。皮膚は乾燥し、毛がぬけたり、指で押しても跡を残さないむくみを生じます。また声帯がむくむために声がかすれることもあります。消化管運動の低下により便秘になったり、心臓機能の低下により脈が遅くなったりします。他には体重増加、寒がり、疲労感がよくみられます。
しかし機能低下が軽度の場合は、どの症状もあきらかではないため診断の決め手とならず、診断が確定するまで長期間見逃されていることもあります。_(参照:http://www.kuma-h.or.jp/index.php?id=72)

上記は主な症状とされる情報ですが、ひとり一人身体や生活環境なども違いますから、考えられている症状の中にもばらつきがあると思われます。

ご縁あって、Mさんとは昨年11月のこそだてフェスタ@西東京(地域の子育て中のママさんたち有志によるイベント活動です)で出会いました。もともとポーザルームに来てくださっているリピーターさまのお友達で「足もみいいよ〜!」とすすめられて^^イベントブースに来てくださいました。そこで15分の足もみを体験されたのでした。

「たった15分なのに…いつも冷えている身体が足もみのあとずっとポカポカだった…これはすごいっ」そう思ったそうです。

そして、翌月ポーザルームでフル施術を受けてくださり、今では自ら^^毎日足もみを実践していらっしゃいます。八幅踏板や若石ローラーも活用してセルフケアバッチリ!すっかり足もみファン^^もちろんポーザルームの「エンジェルズ」メンバーです。

彼女の生真面目さが^^この半年の間にいくつもの奇跡をみせてくれています♡

◯生理痛、PMSに改善(寝込むほどのつらい状態が無くなっている…)

◯むくみの軽減(足もみをすることで改善できている…)

◯疲労感の軽減、リカバリー力UP(疲れて易く起きられない状態が確実に減った…)

◯冷えにくくなった

◎薬を飲み忘れたのに、それによって体調が悪化していないことに気がついた!

…などなど。

最後◎の変化は、ずっとこの病気と向き合ってきた彼女にとって、大きな一歩になったのではないか…と思います。もちろん定期診断で医師にも状況を報告していただいて経過を見守ってゆければと思います。

(まあ、正直、私はアンチ薬派です。薬は根本治療ではないからです。その上どんな副作用があるか分かりませんし、長期服用するのは避けたいです。我々本来が持っている「自然治癒力」を高めるべく、身体のみならず周辺の生活習慣(環境)も整え、ホリスティックにバランスをとったエネルギー循環を試みてゆく必要性と大切さを感じているひとりだからです。。)

Mさんのこの半年の軌跡(奇跡♡)とは、毎日のセルフケア、身体日記、週一回のプロのチェック!すべてを実践し継続してくれているから見えてきた結果です。自分の健康は自分で守る_しっかりコミットメントする。自分の身体とまじめに向き合う。

私たちの身体とは一生の付き合いです。
焦らず気長に、そしてしっかり着実に!愛♡を注いでゆきたいですね。

💗

モニター初日3月の足裏…💦

先日7末の足裏…^^

写真が小さくて分かりにくいと思いますが、初期は血色が悪く全体にパンパンしてメリハリの少ない足裏でした。下は毎日セルフとローラーをかけて5ヶ月経った足裏です。血色もあり、足指(とくに親指)にくびれも見えるようになり土ふまずもはっきり見えてきています。

Author: Sachiko
• 土曜日, 8月 01st, 2015

昨日は、瞑想仲間の「菅ちゃん」^^主宰による、月一開催in東京の「視点が変わる瞑想会」なる講座に参加してきました。(どんな方?かはリンクでみてね)彼と出会ってまだ数ヶ月ですけれど、何度かお会いして話す中で、またも私の直感にさわってきたお一人でした。同じ匂いがするというか…(笑)

瞑想することはどうしていいの?

単純な疑問を持たれる方、きっと多いと思います。ちなみに、私にとっての瞑想はいまや自他とものクリアリングでありヒーリンです。理屈じゃありません。何かを期待してするというものではなく実践する中で実感していることなので、お勧めしています。もちろん、私と同様なことがすべて一律に感覚として落ちるわけではないとも思いますし”私”というフィルターを通してのいち現象でもあるので、これを他者に言語を通してお伝えするのにも限界がある…と思っています。

まあ、理屈はひとまずおいといて、まず実践(継続)してみることです。そして、その中で自分にとって必要なものを見つけ出したらいいと思います。

おそらく、ヒーリングの世界やいわゆるスピの世界や瞑想などに辿り着いたきっかけは「人生が思うようにいっていない」と感じたときだったり苦難にあるときだったり何かに「救済」を期待したいときではないか?と思います。もちろんすべてではないですけど…

コトがスムーズに流れているときには何も思わないものです。ただ、一方でうまくいっているのに「これでいいのだろうか!」とか「きっとこの先なにかあるに違いない!」みたいな漠然とした恐れを抱く人もありますよね。なぜでしょう?うまくいっているのにです(笑)_いいことのあとには悪いことがある_的概念がしみついているせいでしょうね。まあ実際、世の常は諸行無常ですから、すべては変化してゆきますので、変化に逆らって生きることはむしろ不可能です。

それゆえ、人は安心立命を求めるいわば本能的な欲求が根底にあるのだと思います。

昨日の視点の変る瞑想会で「だまし絵」からみる人の現象の捉え方のようなワークがありました。これは面白かった!まさに発想の転換 です。同じ絵(現象)を見ているのですが、見る人、見ている状況、どう見ているかで見え方が違うという事実を知るのに役立ちました。

絵をず〜〜〜っと見ていて、なにがあるのか?とあれこれ考えても見えない。ただ、ある瞬間にその中にかくされているもう1つの対象物がふぅ〜と見えるのです。これは思考を超えたところで起きる瞬間の変化です。そう、これがシフトであり、

あるがままをただあるがままに見る、ということに他なりません。

これは私たちが自身の人生を生きる上で、特に、起こった出来事が厄介なものだったりピンチなときだったり、迷走しているときだったりの自身のあり方に役に立ちます。

ピンチがチャンス!_実際、渦中にあるときは必死ですけど^^: そう思えるかで人生が変るということなんだよね。そういう意味で、大いに迷えばいいし、そこで思うことを片っ端からやってみればいいし、やるならなりきってやる。ということだけなんだよね。そして、やっぱりここに辿り着くわけです…

Doing Samadhi , Being Samadhi….禅スピリットで生きてゆきたいものです。

さあ、この絵からなにをみる?^^