Archive for 1月 19th, 2015

Author:
• 月曜日, 1月 19th, 2015

2月度ヒーリング交流会♪
日時:2月15日(日)14:00〜17:00
場所:ポーザルーム(西東京市ひばりが丘北)*初めての方にはマップをメールします*
会費:1000縁(お茶会含みます^0^) 人数:6名くらい
内容:瞑想&ヒーリング他、お仲間たちとの楽しい交流会(お茶会)です♪

テーマ「Parents:両親」
そして「Earth Angel:母なる大地の天使」に繋がる♡で参りましょう^^

💗

みなさま^^お元気ですか?

季節がら冬季は気持ちが凹みがちになったり!? 寒いので心身が収縮するような感がありますよね。私にとっては節分明けまでが底…∴いまが一番しんどい時期^^:: でもあります。それでも日の出前が一番暗いという自然界の仕組みの通りで_暗闇の中にある自分_というのもまた必要な課程なのだろうと肯定的に思ってます。

最近の瞑想、日頃は潜在意識に埋もれていて、かつ見たくない認めたくない感情に覆い被ったベールに否応なしに意識が向いているようです…uu やっぱりまだそこにあったんだ…uuまるで古傷のかさぶたみたいです。小さな子どもが(その当時の自分でしょう…)大きな瞳に涙いっぱい溜めて、寂しさや恐さに堪えている…そんな画像がフラッシュバックしてきます。

思い残しの残像、そこに置き去りになってしまった満たされなかった子ども(念)があるわけです。良くも悪くも子どもにとって親は絶対的存在です。親のすべてが愛。…純粋無垢な子どもにとってそれ以外の”こと”を知り得ません。きっと親もまた、子どものすべてが愛なのだと思います。それなのに…

愛として生れ落ちるのに、いつの間に愛を恐れ、愛を疑い、愛とはなにかと求め探し始める…色んな経験体験をとおして、再びまた愛に戻ってゆく_の旅。

人生のストーリーは人それぞれで何億通りもあるけれど、ぶっちゃけ大筋は愛の旅。それに尽きるのではないかと思う今日この頃。

そうなのよ〜(はぁ)今日の瞑想ではまたもや「親」に繋がる思いが湧き出してました。実際、もう何の負なる思いはないのですが、やけに涙😭が自動的に洗い流してくれちゃうわけです。どうしたってDNAはわたしの中に受け継がれ、おなじ愛で繋がっているのを感じるので、自身の中に親(祖先)を感じるわけです。再び純粋な意識に帰りゆく_その課程にはクリアリングしかありませんね。

それで、瞑想後にヒーリング交流会のテーマを天使に聞いてみよ…と思って切り出したカードからぽろりっこぼれたのが、なんと「Parents」なんだもの^^: エネルギーワークの後だからね〜早速メッセージをくれた形になりました。
「親」ここら辺のことって、きっと大なり小なりみんなに共通しているテーマではないでしょうかね^^

ということで、
ご都合よろしければまたみなで集いましょう。参加の連絡お待ちしています!

お申し込みはこちらから(または@メールでね)

💗💗💗

<参照>翻訳by Pozaによるカード解釈_ペアレンツ(両親)

神聖なる真実とは、あなたの両親は永遠にあなたを愛するという彼らの高次の能力です。天使たちは、あなたの母親または父親との関係におけるどんな苦痛からも癒す助けをしています。

あなたがこのカードを引いたのは、あなたの母親か父親に関係する感情的に繋がった質問に答えるためです。例えば、もしあなたが他者からの愛や思いやりを受け取ることが難しいというのであれば、その起因は家系としてあなたの母親に対する癒されない感情から起きているかもしれません。これは女性エネルギーである受容性に原因があり、私たちの母親たちによるものと言えます。

もしあなたが愛を受け取ることや、あなたの望みがそうあるように依頼することについて罪悪感を抱いたり、恐れを感じているなら、そのときは天使たちを呼んで癒すように助けてもらうのです。

あなたの父親、最も主要なスピリチュアルな反応は、男性エネルギーとあなたの能力にある発展した自信がこの世界に発揮されポジティブな相違をつくりあげることです。もしあなた自身の自信がぐらついているなら、天使たちに、あなたの父に繋がったあなたの感情を癒すように助けをもとめるのです。

このカードはまた、あなたの両親はあなたを愛しているというシグナルでもあり、もしも彼らがあなたに対する義務を果してこなかったことを見せたものであったときでさえも。

もしあなたの母親か父親が天国にいるのなら、そのときは、彼らはこのカードをあなたに送り”私はお前を愛している”と言っているように。

行動のステップ> 天使たちは、もしあなたが天使に尋ねるならば、あなたの両親との関係におけるどんな苦痛な感情にも介在して取りなすことでしょう。静かでプラベートな場所に行きこのリクエストを言うのです。静かにでも大きく声に出してもよいです; ”私自身と私の母と父のガーディアンエンジェル、私はいまあなたたちを呼び出します。わたしはあなたに、私の内なるところと私の両親との人間関係を癒し祝福を与えるように依頼します。私は私の子どもの頃や思春期、成人になってから生じた両親との関係で、有害となっている感情を消すことをこころよく引き受けています。私は天使たちに、どんなこともまたすべての痛みをいますぐ平安へと変えるように助けを求めます……