Archive for ◊ 7月, 2013 ◊

Author: Sachiko
• 月曜日, 7月 29th, 2013

昨日は、阿部さんの「いまここ塾」in 東京へ出かけました。ワークと重ならなければ、ほぼ毎月恒例!?で参加(お勉強^^♪)しています。6月のチェンマイへ参加したこともあり、いまここ塾をご縁に、新たなお仲間との繋がりも出来はじめ♪ その中ではごくごく自然体:変わり者:の自分で触れ合える…のも、1つの楽しみなのかもしれません。。

さて。昨日の阿部さんのお話も聞きごたえがあったなぁ〜。本やブログでは味わえない生:ライブ:の感覚はそこにいないと分かりません。ひょっとしたら毎回同じことを(←とは真理ということで)を話されているのでしょうけれど、きっと、会場に集まっている人たちの波動も加わるので、心身で受けとるものは毎回違い、いつも新鮮さを持って入ってきます。(だから私は行くんだろうな…)
どの話もフムフムなるほど〜!と聞いているのですが、どなたかの質問から広がったお話で「感謝」ということについて阿部さんが話されたことが、今回の私の「なるいち」(なるほど一番ってこと)フックになった1つでした。

「感謝」とはするものはなく、しようと思っても出来るものではない
なぜなら「感謝」とは、内から湧き起るものだから

感謝の気持ちを表すこと、またそうする姿勢も大切だと私も思います。で、感謝出来ない人はひとでなし^^:くらいな感じもあったりして、思えるひとは@善で、思えないひとは@悪、くらいな大雑把な線引き、どこかにありはしないか?(…私の中にはあるような気がした。善悪というより、寂しいひと、憐れなひと、というような負のイメージに近いです)だからって、そのひとは必ずし悪人じゃないしダメなヤツというわけじゃない。
ただ、感謝しているようなふりをしている人よりは、もしかしたら、感謝のないそのままを生きている人のほうが、ある意味で誠実なのかもしれない…。なんて。
ん…どっちもイヤだが、不誠実な賢者より、誠実な愚か者の方がまだましかなって。。^^:

「感謝」って、生きているとそう思う(思える)こと多々あるのも確かです。でも、感謝という言葉だけが一人歩きすると、あっちでもこっちでも感謝、感謝って… 聞くほどに偽善ぽくって「ほんとにそう思ってるのか?…なんでもかんでも嘘っぽいんじゃ」って、へそ曲がりな私には感じることけっこうあるなぁ〜って。だって、感謝しようにも湧き上がって来なければ感じようも無いわけでしょ。幸せな状況しか知らない人には、もしかしたら感謝っていうものは分からないかもしれないじゃないかと。

ああ…ありがたい。

そう思える(感じる)には、究極(陰)と究極(陽)を体感する必要があるということ。そうか、だから私は辛苦を体験する必要がありそうして生きているわけか。_そう思えればすべてに感謝しかなくなる_のかも。(禅問答みたい〜@@)阿部さんがいうように…

💗

なんでも知ろうとしなくていいんじゃない?
神秘は神秘のままにしておこう。
そして自分に都合のいい「仮の答え」を使って、人生を生きていこうよ。

と、昨日のいまここはそんなお話でした!

今週も元気に参りましょう〜♪ 一日いち瞑想 一日一リセット

買ったのに…あれからずっと…きょうも雨… でも^^: 雨に感謝してます〜♡

P.S. 夕方ニュースを見た…北陸地方が大変なことに(>-<) 最近は異常気象というしかないですね。ほどほどにバランスよい雨の恵みを祈ります。。

Author: Sachiko
• 水曜日, 7月 24th, 2013

いつから「草むしり」がネタになったのか…^^

恒例〜?!の裏庭の草むしり♪ 約2ヶ月に一度の草むしり…ちなみに、私にとっては「無心」になれる好機会でもあります^^。今日は、昨日のゲリラ豪雨を界に、猛暑から一気に涼しい1日となったので、午前中は表庭と花壇と裏庭の雑草取りをすることにしました。涼しいとはいえ、湿度高めなせいかいい汗かきっぷりでした。(Tシャツにミッキーは現れませんでしたが^^: )

…こんなふうに^^:

さて、きょうもまた無心になってせっせと草をむしりました。無心_とはいいながらも、結構あれこれ思考が飛び交います。思考_継続して同じ事を考えているわけではなく、そう、まさに、飛び交う、という表現がピッタリです。思考と思考の合間に「無」が訪れる…そんな感じ。今日は草をむしりながら少し不思議な体験をしました。

草をむしっている自分を、俯瞰してどこかからみている感覚…です。せっせと草をむしっている自分(の身体)と、意識が分離しているような感覚でした。「この人ったら、とてもまじめな人なのね…」懸命に草をむしっている自分を、客観視しているもう一人の自分です。。(はっ!)

そして、ひらめき💡なるメセージ(言葉)がイメージでおりてきた。。

「みんなけんめいに生きている」

” も ”ゾウリムシ” も ”バッタ” も ”ミミズ” も…

そして、草を懸命にむしっている ”このひと”も…

そう思ったら、なんだか胸♡にじ〜んと込み上げて来るもの(波動)を感じた。

面白いなぁ、草むしり。こんな体験も「むしらないと」やってこないものね。(やっぱり除草剤はなし!で定期的に庭掃除はすることにしようと〜♡)

今日の気づき…。そうか…”わたし”なんてものは元々ないのかも…いまここで”わたし”をお借りしているだけなんだ…そう思ったら、このちっさくて不器用でおかしな”わたし”が、なんだか愛おしく思えて来たのです。頑張れ”わたし”…なんてふうに。。

一昨日の満月♪(にちかい^^)

さあ、週も中盤♪ 心と身。バランス整えて参りましょう〜💗

一日いち瞑想 一日一リセット

Author: Sachiko
• 土曜日, 7月 20th, 2013

「お金」というと、きっと多くの人が”反応”するモノであり、人生において重要な要素でもあり、一つの大きなテーマになるものかもしれませんよね。

人はいったいどれくらいの金額があれば満足するんだろうか。_例えば、私だったらどんなだろうな…。

基本、生きて行くための衣食住に困らずに、何か必要なことがあったときのために貯金がそこそこあって、小綺麗にしていられるくらいの美と^^健康♪を維持できるように、ジム代だったり美容関連代だったりなどetc…まあ、ときどきはPontaも連れ立って旅行に行ったり、たまにはおしゃれなお店で食事したたり…などなどetc…&「+α」(←ホントに願望することをもっと広げてみる部分。ホントはここが一番大切なところだと思ったりしている今日この頃)

こんなふうに書き出してみると、決してケタ外れな贅沢を希望してはいないようにもみえてくる。ただ、どこを基準におくかも曖昧ですから、ある人からみれば充分贅沢かもしれませんし、ある人からみればイメージすらしていない範囲かもしれません。ならば、世のセレブや富豪、いわゆるリッチ層と言われている人たちはどんな発想をして、どういう級の願望:イメージ:をしているのだろうな…と。

何が言いたいかというと、こうして書き出してみた(イメージ)通りに、まさに私の生活は現実化されているということ_です。金額のベースは別にして(生活には紆余曲折はあるし、金銭絡みでは凸凹ある人生も体験中かもしれないが…)人は思っていること以下でも以上でもない生活をしている_という紛れもない事実に 改めて気がついてしまった_そんな感じをいまさらに受けているわけです。。

イメージのちから…というタイトルで以前にブログを書きましたが、イメージだけなのだから、いかようにも自由に絵を描いてクリエイトするのは許されるはずです。でも、実際にそうしようと思うとなかなか難しいことかもしれないですよね。経験体験(自身の中にある情報)していないことであればなおのことです。_でも、思い出したことがある。昔(美大生の頃)同じように、イメージを膨らませクリエイトすることをやっていたとき、生みの苦しみに何度も行き詰まり、そんな時はとにかく色んなものを見たり観察したりしていました。それが直接テーマに関係しないことであっても、とにかく「貪欲」に求めていた…

あ…それでいいんだ。と。0から1は生まれない_イメージが難しかったら、その(そういう人の)つもりになって、マネでもいいから何かをはじめて感じてみることではないか!思考ではなく「感覚」:こんな感じっていう言葉では表しつくせないあの感覚:それはある種のエネルギーであったこと。それを絵に、造形に、していたあのときを思い出したのです。自分で感じたものを「自分らしく」仕上げて行く。それはもうマネではなくオリジナルな作品となって輝き始めるわけです。

💗

昨日、買いたい物(ジム用のスイムウェア♪)があったので、久しぶりに買い物に出かけました。タイミングもよくちょうどセール中♪ 目的の物を購入した後は、ショッピングを堪能しようとフロアーを見て歩きました。「あれいいな♪」「これもいいね!」と、お得なお値段に購買意欲もそそられるわけですが…「ん〜でもあと1000円安かったら買ってもいいレベルだな…」とか「ん〜迷う=ほんとうには欲しくないってことかな…」とか、結局他には何も買いませんでした。セールでお得!買物楽しい〜ルンルンっ♪という感覚はなくなって、むしろどんどん妙な空しさが襲って来てしまったのです。

わたし…これって完全にプアマインドじゃない…と思えてきてしまったのです。
本当のお得っていうのは、本当に価値あるものが(自分にとって)本当に欲しいもの(自分にとって)であって成り立つものだわ。と。まさに「安物買いの銭失い」…リッチで豊かな感性とはほど遠い…ああ…まだまだ感性がともってないわっ!と、身に沁みて感じてしまったわけです。(まあ、今回の買物は結果的に、いまのわたしにふさわしいものが無かったわけですけれど)

お金はエネルギー。必要に応じて使うときはおおいに使う。そういう時はケチらない。ずっとその精神できたのに、目先の「価格」にまどわされるとついつい貧乏人のクセが出る。クセとは実生活の習慣でつくものであり感性とは別のもの。

自分らしいリッチマインドってなんだろなぁ…日頃の生活習慣と思考の見直しからだわねと、改めて思ったお買い物。

あとは買ったモノに付加価値(めざず美健ボディっ)を付けてこそ輝きはじめるのよね^^:

Author: Sachiko
• 木曜日, 7月 18th, 2013

「よくやってきたね…」

昨日の阿部さんのブログを読み「あぁ…いつものことながらほんとにタイムリーだわ」と、智子さんの一言に気づきをいただきました。子育て中(もしくは子育てをしてきた)母親に対して、こう、ひとこと言ってげて欲しかった!という言葉として書かれていました。よくやってきたね…たったひと言、とてもシンプルな言葉です。でも、この一言の中には、そこにいる人々の生活や計り知れない多くのことを含み入り想像させます。きっと子育てに限らず、誰もがどこかで「あのときは大変だった」「しんどかった」「辛かった」「苦しんだ」…などの経験を味わったからこそ、自他ともにかけて欲しい言葉になるのかもしれません。

「そうなんだよ…」

前回のブログに書いた、私と母(親子:母娘:関係)に関する中で、どうしても拭えない「罪悪感」や「居心地の悪さ」っていうのも、そこから来ているのだと改めて思いました。子供はもともと純粋な存在です。目の前の親を理屈なく愛するし、また愛を求めます。親もまた同じことでしょう。_私、まだ人(子)の親をしたことがないので想像の域を出ませんが_犬ではあるけれど、Pontaと向き合う中で、同じような経験をさせてもらっているのを感じてます_

母と私。母の不出来な部分やイヤな部分だけじゃなく、私とのこれまでの人生の中には言い尽くせないたくさんの愛もあった。あえて過去を振り返れば、色んな事があった家族だったから、仮に7:3でダメな母親だとしても(例えです)そのときどきを精一杯!どんな手段であろうとも!「生きる」を前提にしてきたことは確かな人です。あの強烈な父に振り回されてどんだけひどい環境におかれても、どうあれ、なんとか、「生きて」きた人…。本当はとても芯の強い人だと尊敬する部分もあるのです。女同士、まさにいつしか「同士」のような気持ちに私はなっていたのかもしれません。だからこそ、イヤな部分をみるたびに裏切られた感に(勝手に)苦しむことになってしまう(った)のかもしれません。

「まあ、もう、それもいい加減、いいわ、手放すことにする…」

「よくやってきたね…」とは、きっと私自身も、どこかでそう言ってもらいたかったのかもしれません。けれども、どうあれ、親(母)子(娘)として縁あって今世を存在しあっているのだもの、生きているうちにしかできない体験をしてゆきたいと思う。できることなら、幸せな生き方をベースにして。いつからだって、そうすることはできるわけだから。。

大切な人に…(u_u)
これまでほんとうに「よくやってきたね」と、愛ある魔法の言葉をかけてあげる1日であれたらいいね♪

💗

きょうもまた〜♪ 一日いち瞑想 一日一リセット

Author: Sachiko
• 月曜日, 7月 15th, 2013

ときどき「イヤな夢」悪い夢をみて目が覚めます。このところ前にも増してみる回数が増えているように思うのです。。

昨晩(朝方4時頃)またイヤな夢をみて目が覚めました。身の危険を感じるような恐怖ではなく、とても気分が悪くなるものでした。その夢にうなされて「パッ」と目が覚め、隣にいるダンナ(まだ起きていたらしい)に「..umm…I had a bad dream….could be my life…so muh reality…」ダンナにモゴモゴと訴えていたらしい。

みた夢_ものすごい大きなショックと落ち込みと悲しみの感情でした。それを私に見せつけた登場人物がなんと「母」だったのでした。夢のストーリーは、最も愛する存在に”信頼”を裏切られたものでした。

それは過去にあった出来事でも記憶でもありません。(たぶん )でも、とてもリアリティがあったのでいまの私どんな関連性があるのだろう…と、いつになく考えてしまいました。(せっかくなので、気になりついでにちゃんと考えて…もとい!♡で感じて…ブログに残しておこうと思います:)

チェンマイに行ったとき、ボブフィックス氏「夢もカルマを落としている…」と言っていた。なるほど。ならば…そうかもしれない。思い当たる節は多々あるからです。現在の私(娘)と母の関係…正直なところ良好だとはいいきれません。別にケンカをしているわけではありません。ただ「なにか」が障害(影響)になっていて、素直になれない部分が私の中にはあるのです。(おそらく母もそういう部分があるのだろうと感じています)

家族である上での「役割」(母-娘)という関係に嫌気がさしているのかもしれません。子供の頃から、家族に対する思いや家族とは…みたいな概念を持たされて育って来たように思います。それが、正しいとか間違っているとか、そういうことを精査したいわけではなく、ただ明らかに、その概念によってずっと苦しんできた自分がいました。そのことを認めようとしているのだけれど、なかなかスムーズにいかない私があるのだろうということです。認める…簡単そうなのに手強いです。何ともいえない罪悪感や居心地の悪さもあったりするので、きっとこれまでずっと見ないままにしてきた感は否めません。

親とは絶対的な存在。ゆえに子は親に対してはこうあるべき。親を—例えば、学校の先生であったり、目上の人でったり、”ちゃんとした”大人(←なんと曖昧なっ)—に取って代わる構図です。子供の頃は疑うことなくそこに従ってきたのだろうと思いますが、常に「〜すべき」「〜で当然」「〜しなければならない」…です。いやはやこういう人生では息が詰まります。

親も(子も)失敗する。親も(子も)あやまちを犯す。親も(子も)また自分と同じ完璧ではない「人」なのです。

そんなこと♡の奥では充分に分かっているのに、理不尽から受けた傷が生んだマインドが障害になって、なかなか「許す」ことをさせない…。私の中に「どうあれ自分が選んでしてきた人生、すべては自業自得でしょ」…みたいに言い放つヤツと同居しているのです。おそらく、母その人を許せないのではなく、役割としての母その人に「自分たちだって親らしいことをしてこなかったでしょ!」と、過去の:子供の頃の私が:そこで愛を受け取れなかったことを責め泣いている…と感じています。

気づきのときは常にいまここだよ。悪夢はそう言っているのかもしれません。

気づきの段階、決して焦らずどちらの自分も受け入れ、自他ともに癒しゆく道を選択する。そういう生き方を宣言する。きっとそこからはじまるのだろうと私の♡も言っている。。

💗

一日いち瞑想 一日一リセット

あぁ〜チェンマイの空♪

P.S. ボブさんにゆめのつづきをきいてみようかな。。。^^

Author: Sachiko
• 土曜日, 7月 13th, 2013

今日は午前中のご来客でした。(←お得意さまならではの特典です^^)今日から3連休〜♪なのですね。いらっしゃった彼女も、ようやくのお休みということで、今日は頑張った自分への休息をご褒美したいとポーザルームにいらしてくださいました。^^

月1か2ヶ月に1度はご来店されるYさんですが、カルテをみると前回の来店は3月でした。聞けば、ずっと会議だの、またその準備だの、プレゼンだのと…しばらく「頭」を休める間もなかったと言っていました。足を揉む間は、寝てもよし!(←痛くて寝れないと言われちゃいますが^^:)おしゃべりするもよし!…足もみで体調を整えるというのはありますが、最終的な目的は「デトックス」「リセット」「リラックス」してもらうことなので、吐き出したいコトがあればありのまま話してもらったり、私はずっと聞き役となり^^お話を聞きながらその人の足の状態や、ホリスティックな見地でその人のいまの状況とを重ね合わせてみてゆきます。(みようと心がけています♡)

『ん…ずっと左脳を働かせる事が続いてまるでコンピュータがヒートUPしそうになってる感じだわね』と思いつつ、足の反射区を順々に圧を入れて揉んでいきました。途中、途中、「うっ痛っ」「ひぃ〜っ」とは誰もがだいたいどこかで言いますが(^n^)左足終わり、右足を揉みはじめてちょうど小脳脳幹あたりにさしかかったとき 「ぎゃ〜〜っ!超〜〜イタイっ(T0T)」とただならぬ!?反応に変りました。(彼女のこれまでにない反応っぷりに私も驚きました@@)

親指には「頭」全体に関わる反射区が集まっています。左足のときはそれほどでもなかった反応が、右足のそこでは悲鳴に変わりました。(もちろん圧の力加減はほぼ同じです)首から上の部分は、左右が交差して反射している対象が変ります。(ざっくりいうと右足の親指は頭でいうなら左側、つまり左脳側に反射していることになります)

『お、おやおや^^: ズバリのやはり…』

Yさんの話を総体的に聞いていて、どれだけ「仕事の状況」から離れられない毎日にあったか…。彼女の足自身が語り始めたわけです。左脳はロジックに物事を考察したりまとめたり整理したり、より理性的に物事を判断するような働きをしているといいます。いわば現実的な側面に従ってまるでコンピューターのように働いているようなものです。

「もうあたしっ!ヒートアップギリギリよ〜〜!」と、彼女の足は、痛みを通して彼女自身に訴えているように思えました。

…梅雨明けと同時に連日の猛暑も続き、仕事で疲れが溜まっているところにきて、夜は寝苦しくて唯一のリセット:睡眠:も快眠できていない状態が重なり、一日一リセット!を完全にしきれていない毎日が続いていたこともみえてきました。(聞けば、その通りだということでした…!)

施術後は、たっぷりのお白湯とハーブティーでリラックス♪

ちょうどよかったね!今日から3連休〜♪^^仕事や役割から、一旦離れましょう。からだも心も充分に休息させて、デトックス&リセット!英気を養うスペースを確保して、また元気一杯に♪この夏を過ごしてゆきましょう。

一日いち瞑想 一日一リセット

みなさまよい休日を〜💗

Author: Sachiko
• 金曜日, 7月 12th, 2013

みなさまお元気ですか。。。?!^^

もう梅雨が明けた?!と思ったとたん、もの凄い猛暑となっている今日この頃、各地でも高温記録更新するなど、生活する上では現実的にめっちゃしんどい夏かもしれませんね。

💗

我が家のPontaも同じくで、毛皮をまとう彼にとっては、大好きなはずの朝晩のさんぽっ♪も最近ではしんどいようで^^:  すぐにハァーハァーして帰る頃には玄関でぐったりしております。特に東京に住むわんこたちは、散歩といっても必ず「アスファルト」を歩かなければなりません。最近では朝8時でもすでにむぅ〜んっと熱気が上がっておりますし、夕方は日が落ちてもアスファルトからくる熱気返しで、地面に近い犬にしてみれば辛い暑さに違いありません。(夕立ちでもサァ〜っと来てくれると地温も下がってくれますが、最近じゃ夕立ちじゃなくゲリラ豪雨!ですから、これもたちが悪い。ここ数日西東京ではそれすらありません…)

Pontaはすでに家トイレではPoopは絶対!Peeすらしてくれなくなりました。もちろん家の中で粗相はしません。=がまんしているわけです。…せめてしたいときに家トイレでしてくれたら、散歩の時間も気にしなくてすむのですが。。

「今年は(ついに)バギー買うか…」_と、その前に犬用のシューズを試してみようということで、以前足を深爪させてしまったときに保護のため購入したソックスを履かせてみた。(←以前は、嫌がってすぐに口で外してぜんぜんダメだった)_やはり^^: 履いたとたんダンスしてるみたいに歩き回るけど(笑)子犬のときほど嫌がらないので、しばらくトレーニングしてみることに。

P:ごほうびのためなら〜♪やるだわんっ♪

ソックスを履きならしたら「シューズ」にトライです。アスファルト熱からせめてPawだけでも保護してあげたい!

💗

今日も灼熱の太陽さんさん〜♪ですね。まめに水分補給しながら暑さ対策してゆきましょう♪

みなさま^^元気にお過ごしくださいますように♡

Author: Sachiko
• 日曜日, 7月 07th, 2013

手相って日に日に変るといいますよね。そういえば、昨年末ごろに人差し指あたりに(場所はもうどこだかよく覚えていないけど^^: )突然ほくろっぽいものが現れたので「これはなにかのお告げかも…」と思って調べてみたら、な、なんと@「家族間のトラブルや金銭にからむことなど大きな責任を被る…」かのようなことが書かれてあり、その後、まさかの@@「ズバリっ」的な出来事が起ってゆくのでした。。

最近また、みると左手薬指の第一関節内にポチっとほくろのようなものが出来ている…いつのまに…前からは無かったとおもうが…ネットで調べてみました。。結果!

左手薬指の「ここっ」

「変わり者」_だって。。(^0^:: あはは。。

これはいまさら言われるもがな自覚の範囲内なので笑うしかないですが。他にもなにやら意味があるようで「結婚」とか「よきパートナー」に恵まれるなどとありました。ふ~ん^^v とりあえず、私の人生でかけがえのないパートナー(ダンナ)とは出会うことができたと思うので^^違う意味で、例えば、なにか「私のワーク上でやりたいことや実現したいことでのパートナーや仲間が現われる」というふうに解釈してもいいのかもね〜♪ と、 そういうのを意識的にイメージしてみようと思いました。

というのも、最近読んだ(勝手に私のメンターの一人としている^^: )阿部敏郎さんの新刊『すべての「思い込み」から自由になる生き方』の中にも書かれていたように_「あるべき自分とあるがままの自分を統合」させて「豊かさを引寄せて遊んで」みる。だって「意識がすべての現実が作り出している」のだから。そのことに信頼をおいていまここを誠実に生き生きとワクワク♪と^^生きてゆけば、結婚だろうと、ステキなパートナーとの出会いだろうと、豊かさのためのお金だろうと、自由も、健康も、『すべてを思いのままに実現してゆく「ベース」の上に己をシフトしてゆく』ということになるんだろうから。よく無意識のうちに色々なことを:その人にとってよいも悪いも(+-):起こしていると言われますけれど、そうならば、無意識ではなく意識的に潜在的な力を使えばいいってことになるわけですよね。(なるほどに納得いまさらに…^^)

でも、まあ、こうして言葉にして表現してみようとするとやはり難しっ。。ボキャが不十分だわ。。感覚的なことをお伝えするにはマンツーマンがいいわ。。^^ようするに、思いだけにとどめるんじゃなく実践:実際にやる:が必要になるわけです。しかも真面目に。マジで。(マジモード_阿部さんもお金に関する引寄せのことをCDの中で言っていた。ぶ~~んっとみぞおちあたりでエンジンフル回転させるときの表現なんて真剣にやっているだけに笑えた^m^それゆえにがっつり伝わって来る気もした…^^: )と、また良く分からないことをぽーざ:変わり者:が言ってるよ~というふうに読んでもらってよしとしておこうと思います♪

ただ、それでも、私の純粋なる思いはひとつなんです_私たちの中にある♥のanoが開かれて、自他ともに幸せな波動でいっぱいに包まれて、みなが健やかで笑顔のある毎日でありますように_ということ。それだけです。

今日も笑顔であれたらいいね♥

一日いち瞑想 一日一リセット

きょうは猛暑のはじまりのような日でしたね。ブログを更新中のいま_西東京の空は夕立ちモードです。ゲリラ豪雨もいまや定番的な日本ですが><なにごともバランスよくがいいですね〜〜〜@@@

Author: Sachiko
• 木曜日, 7月 04th, 2013

『美しい日本の歴史的風土100選』に選ばれた”谷中のシンボル”ヒマラヤ杉と暮らしと文化、町並みを活かしましょう。

ということで、毎朝のPontaさんぽ♪でお会いするPontaのわんこ友達のママ(オーナー)さんからチラシをいただきました。ママさんのご親戚も近くに住まわれているようでご自身の地域でもご縁ある方々にお声がけしているようです。

主催:谷中地区町会連合会・谷中地区まちづくり協議会が推進している市民(地域)運動です。この杉の木のある一画の土地が売却されたことにより、谷中のシンボルとして住民から愛されてきた大木が伐採され、一帯の風情ある地区も更地になる可能性があるのだそうです。このヒマラヤ杉を伐採して地区開発をする方法ではなく、街のシンボルとして自然も人も共生できる環境や街作りを目指すべく、多くのみなさまに協力(木を守る署名)の声をかけておられます。私たちが直接住んでいる街ではないかもしれませんが、日本の歴史的風情を残して、自然環境のすばらしい町づくりは私たちの暮らしにも多いに関係していることだと思います。

詳しくはこちらのサイトを見てみてください。賛同できるわって思われましたら小さな協力(署名など)お願いします♪

ホームページ:http://himarayasugi.yanakatown.org/
連絡先:info@yanakatown.org (事務局)

Author: Sachiko
• 月曜日, 7月 01st, 2013

3ヶ月ぶりの交流会開催!昨日6/30終了しました^^

毎偶数月に開いて来た交流会ですが、4月度はお休みでした。というのも、今年に入り佐久(実家)の家屋処分に関わること、闘病中の弟のこと、一人暮らしをしている母のこと…etc, 一気に「そのとき」が来た感じで、時間的にも肉体的&精神的にも^^: めいっぱい!というのが正直な中にありました。

「よしっ!行く!」チェンマイに行こうと決めたのは一番しんどかった3月でした。それも必然だといまではふつ〜に思えています。家族間の信頼関係の崩壊、背負いきれるのだろうかっと重くのしかかった借金…それもこれも現実的に目の前に起っている事象にすぎません。誰かを責め恨み嘆いたところで、自身の本質からどんどん離れて苦しくなるだけで、なんの救済にも繋がりません。腹を括って「覚悟」する。そうする中にしか道は見いだせないことをいまさらに痛感した冬の時期でした。

そして6月。チェンマイに行き「あのしんどさはなんだったんだろうな…」

「なんとかなるし、なんとかできる、わたしならできる…」

と思うに至る事ができました。この信頼はどこからくるのかさえ分かりません。根拠の無い自信といってもいいかもしれません。怒りや悔しさや悲しさや侘しさや…それでも「恨」という気持ちにはなれない自分があることにも気づいていた。それはなんだろう…もう「愛」というしかないのです。私が生きる上ですべての負の感情をいだくこともまた必然。そこには永遠には留まれないことも良く分かっている。必要ないものを「納得して燃焼させる」ということが、私には必要な課程だったのだと思う。そういうことをただ思い出して行くことが必要だった…。チェンマイとはすごいところです。(そしてボブさん阿部さんも智子さんも出会った仲間だちも…ありがたいご縁です)

どんなことも無理強いしない。居心地の悪さを追いやらない。苦しみという体験からも逃げない。もういい加減「こんくらいでいいね!」と思えたときに解放です。これでワンセット。(Sに思われがちな私…いえいえ、究極のMかもしれないね…)

「I am FREE〜!」自分の中で自分を許し解放出来たときそれこそが究極の自由。そんなことを感じているafter Chaing Mai♪

そんなわけで^^昨日はチェンマイで出会った新たな仲間も加わり、エネルギーも満々と満ちた場になりました。波動があがると気温もあがる!冷え性のHさんも始終「あつい〜あつい〜」の連発でした。(♡が開かれるとこういうこと多くあります^^)

いち瞑想されど瞑想。自分と繋がれる一番シンプルな方法です。

一日いち瞑想 一日一リセット 今週も元気にまいりましょう〜♪

お茶会で盛り上がるエンジェルカード…^^メッセージはその人にマジでにズバリ!

💘

次回は8月後半のどこかで開催します〜♪^^決まり次第ブログUP&インフォしますので、ご都合の合う方ぜひ参加してみてください〜♡