Archive for ◊ 5月, 2013 ◊

Author: Sachiko
• 木曜日, 5月 30th, 2013

Ponta…5月早々から、シェパードに首筋を噛まれる大ケガをし、その後、その影響かどうかは分かりませんが、食欲も減退、また、数日前から目にアレルギーか!?と思われるような涙目&目ヤニ… 猫の顔洗いのようなしぐさも@度々…見るからにうるうるしてかゆそうな目元になってます。。ただいま目薬&内服薬服用で状態を観察中。目薬にて少しずつ目の状態は回復していますが…

ああ〜Ponさん… 完全元気復活!にむかえるように祈ってるからね。。(u_u)

哀愁〜のお背中…たしかに…”天使の〜♪はぁ〜ねっ♪” あります。。。^^

Author: Sachiko
• 土曜日, 5月 25th, 2013

取りましたよ!むしりましたよ〜!

草むしり 無心になれる 健康法〜♪ 。。^0^

むしりたてホヤホヤの我が家の裏庭です。スッキリ♪_むしる前の写真を取りそびれ…

雑草も植物。いきもの。なにひとつむだなものなんてない…と思う傍ら、庭をわたしたちのこころの中と置き換えてみた。要るつもりでそこに大切においといたのに…実はそれほど大したものでもなかった。思い切って捨ててみれば、すっきりと広々としたスペースが生まれ、本来あるべく姿に甦る…。無造作に生い茂る雑草とは、まるで「いらぬ考え」と同じだね!と思った草むしり。定期的に心身をクリアーにするってこういうことなのだ。毎日しらぬまに積もるホコリはためないに限りますね。。

さあ、週末〜♪ 心身ともに疲れをリセット!リセット!^^みなさまよい休日を〜♡

Author: Sachiko
• 木曜日, 5月 23rd, 2013

裏庭(っていうほど広くはないのよ…^^:)の雑草が_見ると_いまやジャングルです。(>∞<)

草むしりをすると、かならずあの芋虫?ゾウリムシ?のような、楕円形の靴底みたいなシマシマしたあれ…が出てくるので、除草剤を使わないようにして、雑草が茂り始めると野良しごと♪をしてきました。。ですがっ!このところすっかり初夏?を思わせる陽気になりデカイっ!んです^^: 雑草が。

明日は…草むしりの後にまいてみようか除草剤。。ううむ…どうでもいいこと?!に悩んだりする。(^^::

Anyway…明日の午前中はしっかりと汗して野良しごとをしようと思います。。。 無心になれるいい機会かと♪  むしりしなに虫と出会うのはイヤ (T_T) なのですが、 意外にも嫌いじゃない野良しごと(^^♪ _腰を痛めないように気をつけます。。


Author: Sachiko
• 月曜日, 5月 20th, 2013

5月20日月曜日。雨。一週間の始まりに雨だなんて、通勤する人にとっての足どりも重くなりそうですが…私にとってもなぜにか雨の日っていうのはテンションが下がります。気分が凹み落ち込むという類のものでは決してありませんが、High:ハイ:ではないということ_動ではなく静_これは本来の自分であるというか、どこにも触れ「フレ」ない:ニュートラルなポジションにあるのかもしれません。

心:こころ:のざわつきや揺れは、自分自身の根源と繋がっているか否かを知ることができるいわばシグナルのようなもの_思考:マインド:は常にわたしたちに付きまとうものであり、よくも悪くも気づかないうちに日常の生活が支配されていく_そんなふうに思うので、私は、きっと

「雨のち晴れ」が好きなんだろうと思う。

私自身の傾向(思考癖ともいえると思います)は、決してポジティブではありません。どちらかというと、ネガティブが基本だと思います。これもにわとりと卵の理論と同じく、どちらがベースにあるかはあまり重要ではなく、どちらに「フレ」幅が大きいか…なのだと思います。このフレ幅の「バランス」こそ心身の安定であり、軸(わたしたの根源なるもの)から大きくぶれることなくいまここにあれるか_ということだと思うわけです。

思考は常にうるさいものです。頭に飛び交うハエをはらうかのごとく、はらってもはらってもまとわりつく…こんなときにはやっぱり瞑想だと思うに至ります。ただ、それするがゆえに常にベストであれるのか_というと答えは1つではありません。ただ少なくとも、するとしないとでは雲泥の差があるということ。これはやってみていると分かります。(∴ やらないと分かりません)

人はどこかで何かに救済を求めます。どうして救済を求めるのか。救済なる欲求とはそもそもなんでありどこからくるのか。

どこをさがそうと、やっぱり、それはどこにもなく…あるのはただ自身の根源であり…ここがすべてと繋がっている扉ではないかと思うに至ります。

ともするとテンション下がるかの雨の日ですが…

我が家の庭の植木たちにとっては「う〜んお水おいちい〜♪」と喜んでみえます。モノゴトをあるがままに見るというのは意外にも難しい。そうさせているのはいったいなにであり誰…(ああ…)

新緑のくちなし。6月には白く香しい花を咲かせてくれるでしょう♪

さあ、また一週間がはじまりました。ポーザルームは月曜休〜♪ せっかくの雨の日だもの、思考を止めてジムで一汗かいてくるとします〜♪^^

みなさまも^^よい一週間のはじまりを〜♡

Author: Sachiko
• 水曜日, 5月 15th, 2013

出すって大切~♪^^CMでもおなじみのフレーズですが、ホントに大切です。

最近、自身のからだが変化して来ていることを感じます。40代の女性は、若くもなければ老いてもいない_ですが、からだは少しずつ衰える方向に加速しています。特にホルモンのバランスでは一番大きく変化する時期かと思いますし、こころしておかないと足腰(筋力)も代謝も落ちてゆきます。

私の話になりますが、若い時はよく食べ!よく飲み!(酒)^^: 大食漢の方だったと思います。もともと野菜は好きでしたけれど、肉も好きですからちょいちょい焼き肉も食べに行ったり、もう~お腹いっぱい食べたものです。ですが、いまそんな食事をしたら100%便秘となります(T^T)お腹いっぱいじゃなくても、お肉をある一定量を越えて食べると翌朝のお通じがなくなり(涙)心身がスッキリしないので一日を棒に振ったような感じになります。

私はベジタリアンではありませんし、肉も魚も野菜も心から美味しく味わいながらいただこうと思っています。ただ、最近、自分のからだを通して感じることがあります。お肉は「必要以上に食べる必要はないんだな…」ということを。(…あとアルコールも。肉_「殺」して口にはいるもの…アルコール_過剰には「毒」となるもの。やはり波動的にみても高くはないんだろうな…)

私のからだが欲しているのは、命を繋ぐための血肉と、必要なだけの贅肉^^: 自分自身を支えるしっかりとした足腰(骨格:筋肉)に、揺るぎのない精神力(こころ:脳)_中高年期を健康に^^快適に過ごすには「余計なもの」は削ぎ落して行く生き方なのかもしれないな_と、からだが言っているのを感じている今日この頃です。。

デトックスなる生活しみじみと実感っ。。一日一リセット 一日いち瞑想

Pontaおかげさまで傷口の皮フもキレイになり、あとは毛が生え揃ったら完全復活♪ ただ、最近食欲が落ちています…「必要以上は食べない」のならいいんだけど…

Author: Sachiko
• 日曜日, 5月 12th, 2013

💗

今日は母の日

おかあさんがいる人もそうでない人も…

毎日一緒に暮らす人もそうでない人も…

ふたりの関係が良好な人もそうでない人も…

いつも…何か気のきいた事ができなかったとしても 素直になれない自分がいたとしても

きょうは

せめて…ありがとうの思いを繋ぐチャンスを与えられた日ではないかとも思うのです(u u)

💗

私たちに命を繋いでくれたのは「母」があってくれたおかげだもの。。

TO: All mother!Thank you 💗 ありがとう

wish healthy, happiness, and great life for you…

みんな  愛いっぱいの思いをこめて  過ごせる1日でありますように…

Author: Sachiko
• 火曜日, 5月 07th, 2013

その願いが本当に…純粋なる思いで、自分自身の愛なるSourceから湧き上がって来るものなのなら…

叶うから、きっと…(u_u)

最近、そんなふうに思うようになった。願望を引寄せるときには「こうするといい…」「ああした方がいい…」「そうしない方がいい…」みたいに、スピに関心のある方はきっとたくさんの情報を収集しているかもしれませんね。でも、そういったことって、結局はある種”テクニック”みたいなものであり、いわば”型でありツール”ではないかと。レイキにも伝授によって回路や♡を開き、そのための方法(型/作法)があります。もっと私たちの生活で身近なことでいうなら、例えば、神社へのお参りの仕方があるように、その願いを届けるための心構えだったり、神聖なる領域に接する上での礼儀作法があるのも納得できます。

ただ、もっとシンプルにして思うのは、そういったコトをする前提にあるのは、私たちそれぞれの思いであり願いであるわけです。だから、テクニックも大切だけれど、本来、その「願いや思いの強さ」がいかほどのものか!?なのではないか…と。

その願いが、自他ともに幸せに向う道であり、愛なるところから湧き出す思いであるのであれば、遠からずその願いに道は開けてゆく…のではないかと。だって、それが宇宙の真理なのだから。(と、幾多の本にも書いてあったでしょ…^^)

だったら、願いましょう〜♪ もっと!素直に、もっと!純粋に、もっと!前向きに。あたまであれこれ思考するより♡の奥の方からぐんぐんワクワク湧き出している、パワフルでやさしいエネルギーを存分に出し切るのがいいねっ。愛なる思いに遠慮なんていらないのですもの。ただひたすらに、純粋に、思いを繋ぎたい…と、

そんなことを感じた、本日の瞑想のあと…。一日一リセット♡いち瞑想

Ponさん順調に回復中^^愛いっぱいの思いをきみに繋いでる…快復を祈るっ^♡^

Author: Sachiko
• 土曜日, 5月 04th, 2013

少し前のことになりますが、今年の1月31日このお方に^^数秘とZENセッションをして頂きました。(OSHO禅タロットによるセッション込)ちなみに今年は「8」拡大の年。そしてセッションの翌日は2月。タイミングもバッチリの年始まりの月「1」…あれから丸3ヶ月が経ちました。なぜ?いまになってこの日の事を書こうと思ったか…

それはまさに、数秘のバイオリズムのごとく流れているように感じているからなのです。

あの日(1/31)の時点では、まだ体感:体験できようもないことです。ちなみに私は「▲●占い」だとかに示すようなものにのめり込むほど心純粋ではありません。特に、前世がどうのとか、未来がどうのとか、いまにないことを「占う」ということ自体に抵抗があるのかもしれません。(しかしながらそれについて否定する気持ちもありません。「ふ〜ん…そうなんだ」くらいの素直さと前向きさは持ち合わせていたりします…)

私にとって、肉体を持ってこの世を生きて(体験)いる以上、夢も現実も常に両輪です…このバランスこそが大切だと思っています。人は苦しいときには「逃げ道」を探そうとします。苦難を避けて生きたいというのは、人間ならば自然のことだとも思っています。残念ながら?人生には様々なことが起ります。いい事もイヤなことも事の大小はあるにせよ苦楽揃って起ります。そんなとき、エネルギーの交流とは陰陽であり、まさにそのバランスが重要なのでは…と実感するに至ります。そんな私…

この2年ほどの間に、内的変化を促すような出来事が起っているのを感じています。少々のコトでは動じないと自負する一方、初めてのイタイ体験に心はときどきざわついたりします。それも道理で、心とは常にバランスバロメーターだなぁ…と思って付合っています。ざわつく心に納得のエッセンスを…とセッションしてもらったわけです。

すごいことだと素直に思ったのです…いまだからわかりはじめたこのカードたちの意味すること…

Beyond   illusion (幻想の彼方)=あの時(1/31)の顕在心
Commentary:The butterfly in this card represents the outer, that which is constantly moving and that which is not real but an illusion. Behind the butterfly is the face of consciousness, looking inward to that which is eternal. The space between the two eyes has opened, revealing the lotus of spiritual unfoldment and the rising sun of awareness. Through the rising of the inner sun, meditation is born. The card reminds us not to look outside for what is real, but to look within. When we focus on externals, we too often get caught up in judgments – this is good, this is bad, I want this, I don’t want that. These judgments keep us trapped in our illusions, our sleepiness, our old habits and patterns. Drop your opinionated mind and move inside. There, you can relax into your own deepesttruth, where the difference between dreams and reality is already known.

The Source(根源)=深層心
Commentary:When we speak of being “grounded” or “centered” it is this Source we are talking about. When we begin a creative project, it is this Source that we tune in to. This card reminds us that there is a vast reservoir of energy available to us. And that we tap into it not by thinking and planning but by getting grounded, centered, and silent enough to be in contact with the Source. It is within each of us, like a personal, individual sun giving us life and nourishment. Pure energy, pulsating, available, it is ready to give us anything we need to accomplish something, and ready to welcome us back home when we want to rest. So whether you are beginning something new and need inspiration right now, or you’ve just finished something and want to rest, go to the Source. It’s always waiting for you, and you don’t even have to step out of your house to find it.

Existence(存在)=深層心に沿った場合の結果
Commentary:This naked figure sits on the lotus leaf of perfection, gazing at the beauty of the night sky. She knows that “home” is not a physical place in the outside world, but an inner quality of relaxation and acceptance. The stars, the rocks, the trees, the flowers, fish and birds – all are our brothers and sisters in this dance of life. We human beings tend to forget this, as we pursue our own private agendas and believe we must fight to get what we need. But ultimately, our sense of separateness is just an illusion, manufactured by the narrow preoccupations of the mind. Now is the time to look at whether you are allowing yourself to receive the extraordinary gift of feeling “at “home” wherever you are. If you are, be sure to take time to savor it so it can deepen and remain with you. If on the other hand you’ve been feeling like the world is out to get you, it’s time to take a break. Go outside tonight and look at the stars.
Creativity (創造性)=想う方からのメッセージ
Commentary:From the alchemy of fire and water below to the divine light entering from above, the figure in this card is literally ‘possessed by’ the creative force. Really, the experience of creativity is an entry into the mysterious. Technique, expertise and knowledge are just tools; the key is to abandon oneself to the energy that fuels the birth of all things. This energy has no form or structure, yet all the forms and structures come out of it. It makes no difference what particular form your creativity takes – it can be painting or singing, planting a garden or making a meal. The important thing is to be open to what wants to be expressed through you. Remember that we don’t possess our creations; they do not belong to us. True creativity arises from a union with the divine, with the mystical and the unknowable. Then it is both a joy for the creator and a blessing to others.

総括してみた…

=あの時(1/31)の顕在心:目に見える世界にあるものは蝶のように絶え間なく動きます。追い続けても、固めてみても幻想のまま。このカードは、内側に太陽を昇らせ、昇らせた位置からの回答を促しています。つまり…慈愛とくつろぎに満ちたおおいなる回答のチャンスの到来を意味しています。 その答えは疑いなきもの。すなわち、真実となります。(私自身が慈愛である…ということを認識できるか…絶え間なく動きゆくモノゴトに対して何を見るか…なのでしょう。。)

=深層心 :あたまのエネルギーでこころの家(source)に帰るのではなく、どこにも動かずに、ハートも頭もどっしり坐ってしかも、永遠性を帯びる真実性の場所に帰ってみる勇気を促しています。帰ったら、リラックスだけでオッケイ!ハートの真実が創造の舟を漕ぎだし始めます。(私の潜在意識は知っている…それが何に通じているのかを…Relax,この信頼こそがすべてではないかと。。)
=深層心に沿った場合の結果:わが家を外の世界(物質界)に求めることなく、内なる質から【わが家】を深く腑に落としています。偶然はなにひとつなく、目の前の存在があなたを必要としています。その存在はあなたとつながることで自らの存在をまるごと肯定できます。お互いの澄み冴えた満足が訪れます。(あるがまま…ながれるまま…受入れ認め、昇華:消化すること。まさしくサレンダーの状態…であることを。。)
Creativity =想う方からのメッセージ: 自分を通して“表現されたがっているもの”について開いていること。個人で所有することでなく、他者からおおいに祝福される作品。あなたがものごとをどう見るか?という質を喜ばれる創造性を今こそ発揮しよう!(今後の私の姿でしょうか…自身のしていることを愛している状態…まさに慈愛の伝達者である…ということを。。)

💓💓

そして、今月(5月)私の数秘は「4」を迎える月。エンジェルに見守られつつ慈愛で満たすとき…まさに^^

今日もまた 一日一リセット 一日いち瞑想 keep going to our way…

Author: Sachiko
• 水曜日, 5月 01st, 2013

本日5月1日、GWも狭間の通常日。ダンナも受持つクラスのない日ということで、久しぶりに二人(+Ponta^^)揃っての休日とばかりに、午後から小金井公園のドッグランにPontaを連れていきました。

なんと…

そこで…

アクシデント発生…><

ときどきドッグランで見かける「ホワイトシェパード×2頭」と、今日初めて会った「ジャーマンシェパード」にPontaが襲われてしまったのです…>< Pontaは遊びが大好きです。他のわんこに遊びをしかけてちょっかい出したり走り回ったりします。ですが、決して「噛」だりケンカをしかけたりはしません。Pontaにとって、大型犬はときに恐い存在なので、至近距離によられると「うぉ〜ん…わんっ」と吠えて自分の近くに寄らせようとしません。Pontaは、苦手と思う犬とは距離感を保ちながら、一緒に走ったり追いかけっこしたり…そんなのが彼流の大型犬(恐い存在)との接し方なのです。なので、自らケンカをしかけたり攻撃したりはしない犬です。親バカと言われるかもしれませんが、そういう性質の犬だと思います。

一瞬の出来事でした。

3頭の大型犬が群れている中に、Pontaの他小型犬が2頭いました。「ぎゃっきゃんっきゃんっ…」すごい鳴き声でした。みるとPontaがホワイトシェパードに襲われて噛み付かれていたのです!!慌てて主人がPontaを抱き上げ救いました。それでもなお、2頭のホワイトシェパードは飛びかかってPontaを攻撃しようとしてきたのです。その間、Pontaは主人の腕の中で、まさに戦う犬の形相でシェパードに向かって吠え続けていました。「絶対に負けないんだっ」という柴犬の意地を垣間みた瞬間でした。そんなPonta…見ると首にひどい傷を負っているではないですか!

イヤな気持ちになったのは、事の一部始終を見ながらにシェパードのオーナーはまるで知らん顔でした。犬のすることだから仕方ないだろうと言わんばかりの態度です。(そんな獰猛な犬はドッグラン立ち入り禁止でしょーっ!怒:)Pontaの負った傷がひどかったので、そこで文句を言い合うほど余裕がありませんでした。私たちはすぐさま動物病院に走りました。

結果、4針をぬう深くて大きな傷でした。。Oh my Poor Ponta….

病院で処置中も、彼は痛みに耐えて辛抱強さをみせてくれました…(泣)ドクターも「こんなに辛抱強い柴は初めてです」と驚いてPontaをほめてくれました。傷の処置をする間中、私たちはPontaの顔をなでたり話したりしながら側にいられたので、彼は安心したのか、痛みをじっとこらえて頑張ってくれたのだと思います…(涙)しかしながら、とてもかわいそうなことをしてしまいました。

Pontaにとり、初めての犬社会での痛い体験(学び)となりました。

そして…
私たちにとっては、Pontaがとても愛おしい存在であることを再度強く認識した1日となりました。I am sorry, forgive me, thank you, I love you…