Archive for 4月 28th, 2012

Author: Sachiko
• 土曜日, 4月 28th, 2012

宇宙を味方につける…生き方。

そう言われて…みんなどういう感覚を持つでしょうかしら。

私は「目には見えない」力(エネルギー)に包まれて導かれているという、そのことを信頼しています。

先日の24、25日は、ポーザルーム早めのGW(^♡^)実家(佐久)の墓参りをしてきました。Pontaもいるので宿泊はペット同伴可のペンションとホテルにそれぞれ一泊ずつの2泊3日の♪墓参りを兼ねたファミリープチ旅行です。

前日の雨もすっかり上がって、出発当日はほんとにいいお天気に恵まれました。我が家のお墓は両家とも山間にあり少々急な坂道を歩く先にあります。雨なんて降っちゃったら、足もとぬかるむし滑るしで…母を連れてゆくには結構大変です。

でもね!^^ちゃんと晴れてくれました。これもご先祖さまのお計らいだと思っています。

「♪私の〜お墓のまえで〜泣かないでください〜♪…」人は死んだら…千の風になる。

墓地には我が家のお墓だけでなく、私の知らない先の先の先の…古いご先祖さまも眠っていらっしゃいます。私は、父方の祖母しか生きているうちに会っていませんので、どんな人だったのか、両家とも祖父母については話を聞いているだけに過ぎません。祖父は村の工事で大きな樹を掘り起こしている時、つり上げているロープが切れるという事故にあい、樹の下敷きとなって亡くなったのだそうです。一方、母方の祖父は戦死です。母は自分の父を知らずに育ったのです。

…と、そんな昔話を聞けば、父も母も過酷な時代に生まれ、本当にかわいそうな境遇に生まれ育ったんだなって思います。おそらく、ご先祖さまを遡ってお一人お一人のことを知ったとしたら…きっと、すべてが幸せな生き方ができたとは言えなかったかもしれませんし、それぞれになにかを背負い、自身の人生をおくっていったことでしょう。

…と、そんなふうに考えてみますと、どうして私は生まれ、どうしてこの時代で、どうしてこの両親からで…といったものが見えてくる気がしたのです。

究極はカルマを落とすため。私は以前にそんなことをブログでつぶやいたことがあります。

「神様は乗り越えられない試練は与えない」というのは、よく耳にしますよね。

そうなんだよ。

私は宗教家でもなんでもないけれど、これは真実だと思う。

生きるってキレイ事じゃないし、いいことばかりじゃないし、でも、楽しいこともあって幸せもあって、それを味わい尽くせたらいいんじゃないかなって。だって、逝くときはこの身もお返し、この世で触れたものすべてを手放してゆくわけですものね。残るのは魂なるエネルギー…

私たちはもともと愛なんだもの。

…と、そう考えると、やっぱりご先祖さまには感謝しかないです。こうして生かされている。そして見守られている。

「おいおい、幸子や、しっかりおし!」

「そっちじゃないよ!こっちだよ!」なんてふうに…^^

確実に、それは愛ある道からそれないようになっている。

宇宙を味方に付けた生き方ができようになると、

一気に波動があがります。そして、身も心も軽くなります。

わたしたちは自分自身の人生をしっかりと生きたら、

それでいいのだと。。

pontaママに添い寝です。そんな小さな幸せの数々を味わう…^♡^

j

今日からGWですね^^みなさんいいお休みを〜♪

ポーザルームやってます〜♪