Archive for 9月 11th, 2011

Author:
• 日曜日, 9月 11th, 2011

夢…寝ている間に見る方のやつね。

私は毎日なにかしら夢を見るタイプの人です。ストーリ性があったりなかったり、短編的にフラッシュするようなものだったり、色が有ったりなかったり…と、起き抜けに記憶に残るものと、ああ何か見ていたなぁ…くらいですぐに忘れるものとさまざまです。
記憶に新しい「えー正夢?」と思われるくらいリアルだったものとしては、年末と2月末くらいにみた夢と2つほどあります。2月末のは、何かビルのような大きな建物が爆発して黒い雨が降り、塵のような灰が降り注ぎ周辺が騒然となっている図でした…後に311があり原発問題があり…ちょっと怖くなりました。
以来、夢からのお告げじゃないけれど、寝ている間になにかしら目的のある?メッセージのような夢を見るときがある気がしています。

昨日、亡き父の夢をみました。久しぶりに結構リアルに記憶に残った夢でした。

父が「浮気」をしていた女性が現れました。その人のファッションや顔の感じなども結構はっきり見えました。(ちなみに、ミディアムヘアのパーマで白地に植物をモチーフにしたグリーン柄のワンピース姿で、小豆色のベルトと三日月型のイヤリングが印象的なちょっと派手目の女性でした…)

ストーリーは、父はこの人に貢いでいて家の財政はいつも逼迫している…という内容のもの。うわぁ…なんか生々しいくらいリアルっ!です。。というのも、子供の頃、父の浮気話ってのが何度かありました。もちろん、子どもだった私たちには伏せられ&配慮されていたので直接は知らない&なかったことになっています。でも、それは確かに存在した実話でした。思えば、子どもながらにそういう空気は感じとっていました。ただ、そこに触れると「家族は大変なことになる」という子どもならではの勘で、あのころの感じていた思い(感情)を封印したのだろうと思います。

父が亡くなり、今になって本家の土地や家などの親族が絡む相続問題だとか、もう十数年も前に閉鎖した飲食店をずっと放置していたため、家屋などの借地権や家財の処理の問題、加えてそこに甲–乙:甲側の人感情などなど…私たちが知らないことが突如浮上しました。遺言も申し送りもなく、こと飲食店処理の問題などはただ仕方なく尻拭いをする始末です。

これだ…
このことを期に、私の中に抑圧されてきた感情も浮上してきたのだと思いました。過去のことはいまさらの話なので、悲しかろうと悔しかろうと…許してきたつもりでした。色んな事があった家族で、色んな理不尽なこともたくさん体験してきたけれど、心を入れ変えいまを幸せに精一杯生きようとしてきたわけです。父の闘病中も、いつも「ありがとう」の言葉と、みなの思いやりにふれては感謝の「涙」で明け暮れていましたから。だから、昔のことなんてどうでもいいと本気で思えたし、実際そうなのです。

しかし、よーく自分感情を観察してみると…なんでこうも最後まで人の気持ちを「裏切る」人なんだ…という思いも確かにあった。この「裏切り」なる私の感情は、今に発生したものではなく、過去から火種として残っていたものなんだと思いました。それは幼き日のあの「思い」です。

まだ残っていたんだ…
「自分勝手な父」「傲慢な父」「ろくでなしの父」「ダメおやじっ」…一方「すごく悲しかった」「いつも寂しかった」「とても怖かった」「なんでこんな家の子に生まれたんだ」「強くなっていつか見返してやる」…まさに愛に飢えていた子どもの声にだせない心の叫びです。この裏返しが、いつしか自分にも人にも厳しくなり、理不尽なことを許せない正義感を生み、ときどき窮屈になってしまうんだろうな…と。。

そんなメッセージ…確かに受け取りました。もう要らないものはじっくり癒して溶かしてゆきたいと思います…


*10/1(土)「ポーザ幸子の幸せシェアするコミュニケーションパーティ」click!

お申込は「こちらから」どうぞ!^^