Archive for 1月 19th, 2011

Author:
• 水曜日, 1月 19th, 2011

なんじ何ゆえそこまで”惹かれるか”(久々に恋愛についてa bit!! 書いてみようと思いますが…)

これは”人”(恋愛)のみにあらず、好きな”コト””モノ”…動物や自然の花や山や海やキラキラしているものや…etc 今あなたが惹かれているそれ:IT は、あなたに何をもたらしてくれているのでしょう。

こと恋愛においては(←umm最近の私は…大恋愛での醍醐味も大失恋で味わったあのどん底も…今では遠いの話へと”昇華”しましたが…)対象者(あなたが惹かれている人を通すと、不思議や不思議、自分の中でエネルギーが湧き出しそう、色で言えばマンダリンオレンジ…なんとも言えない躍動感やよろこびやワクワク感や、ただそのことだけで幸せという感覚を得られるものかつて恋愛とは、私にとって情熱的な”動”のエネルギーを生み出す、なくてはならないものの1つだったように記憶する。。)

また一方で、新しい出会いとは、一種の未知との遭遇、ときにそこには不安や恐れなるものも伴うものなのかもしれません。いずれにしても…

相手と自分との間には、確かに、エネルギーの場”が生まれます。引き寄せ合ったり、ぶつかり合ったり、解け合ったりと、互いのエネルギーが交流するわけです。 その時の自分は…一体どんなエネルギーに惹かれているというのか!

恋愛によって、相手を通し、はじめて己を知る。(みたいな…)これはときに辛いこともありますね。執着や期待:裏切り、勘違いや誤解や思い込み、嫉妬や憎しみ、などなど、これでもかっ!というくらい自身の中に潜んでいたネガティブな感情や思いくせが露呈したりするからです。私もそういう感情あったんだ…と知ることになるわけです。でも、恋愛はそれを知れる一番の教材であり、そういう感情とどう向き合っていくのか、繰り返しステージを変えつつのレッスンであるようにも思います。(私にもイタイ経験ありありでしたけれど…)

でも…でも…でも…どの恋愛相手も、実は、自分が(またはお互いに)引合ったエネルギーなのだと今では納得です。その時の自分には”IT”が必要だった…よくも悪くも。仮にそれが終わる恋であったとしても、どうぞ永遠に悲しむなかれ!そこにはあなたにとって大切な気づきや学びの種が潜んでいるもんです。

嫉妬と許容、憎しみと慈愛は、表裏一体の背中合わせ。自身も相手も愛であることを信じあうために、道程にはいくつものステージが用意されているのだと思うから。気が済むまで泣けばいいし凹めばいい。思い切り。個人差はあるでしょうけど、必ず泣くことにも飽きちゃうのよね。浄化が済むと、おやおや!?じわ〜とどこか奥〜の方からエネルギーが湧いてくるのを感じるものです。そうなったらもうその恋は卒業です。

大丈夫、痛みは一時的なものだから。失恋の痛みに怯むこともおじけづくことも、またそこから抜け出そうと必死になってもがく必要もなく。その経験とゆだねられた時間は、なによりも、あなたの”根本”にあるものを癒すに必要な出来事なのだと思うから。

いっぱい恋愛をして、どんどん女をあげて、ますますキレイになってゆくんです♥女はしなやかに強かに…なのですから。

そして、いつの日かきっと。自分にとって最高の宝物を見つけることができる。

そんなステキな引き(惹き)寄せ人になってゆきましょう〜♪

IT will be coming in the best timing for you and you can get it anytime, so trust yourself !!