Archive for 10月 20th, 2010

Author: Sachiko
• 水曜日, 10月 20th, 2010

ときに”素朴さ”と”純粋さ”はセット…

シンプルでピュアな心の人の前では、自分も自然と素直になる…不思議なものですね。。。

k

素朴”を英語でいうと、総じてsimpleと訳されます。(もちろん他にもありますが…)使う状況にも

よりますが、英語だと言葉が持つ”含み”やニュアンスまで伝えにくいと思う時が往々にしてあります。

色で言うならグレーゾーンとでもいいますか、英語にはファジーな言い回しは少ないので、我が家の

日常におけるコミュニケーションは常にシンプル!裏を返すとシビアとも。^^:  英語では、どうし

てもストレートな表現になりますし、ましてやネイティブでない私の拙い表現ではなおのこと。。

ミスコミュニケーションも、言いたいことが十分に伝えられない事も多々あります。このもどかしさ

は、主人と暮らす以上ずっとあるんだろうな…(ぎょっ)その点、日本語には特有の含みがあるので、

使い方や状況次第で、相手の受けとめ方(感じ方)にも微妙に影響を与えることもでき、会話の厚み

というか、その場の空気感がフラットでなく曲線的に…そう!空気感をまろやかにするような感じが

作れるのに…です。そんな我が家も、いい面をいうなら 大切なことはお互いに分かるまでとことん話

すことになるので(ま、時々すごくめんどくさいが…><)誤解によって生じた溝も、それ以上深くし

てしまうようなことはありません。

l

言葉はコミュニケーションツールの1つ。使い方次第で、人を喜ばせたりも傷つけることもできてし

まいます。”言霊”とはよく耳にすると思いますが、言葉自体が持つエネルギー、話す人の表情や感情や

話し方や雰囲気や…目でみて感じとるもの、目には見えないけれど確かに存在するエネルギーと…そう

いう互いが放つエネルギーの交流があっての会話です。どうせなら、お互いの持ついいが融合するも

のでありたいなぁとしみじみ思います。

我が家は、特にボキャブラリーだけに頼り切れない環境なので、お互いの放つものやそれらを捉えるこ

とは会話の上でとても大切な要素になるわけです。放つ側も受ける側も、常に心をシンプルに。^^

特にパートナーとの関係には、裏読みも皮肉も考え過ぎもしないコミュニケーションが大切かと思う。

(しみじみ…)

k

夫婦もともに暮らしていると、ちょっとしたことを察知するように。^^: 時々つまらんことで言い合

うことも。私は普通~に話しています。が…微妙な空気感を逃さず…「あっ…いまちょっとおこってるで

しょ」と、困り顔のような目で私をみる主人…。”うっ、わかるんだ…” そんなふうに素直にこられると…

張りつめた空気感は一変です。”こ、こやつやるなぁ…”。意地を張ってみせてた自分が肩すかし…^^:


素でこられると人は弱いものです。

あれこれガードするよりも”まんま”が一番強力なのかもしれません。