Archive for ◊ 9月, 2010 ◊

Author: Sachiko
• 月曜日, 9月 27th, 2010

9.27.結婚記念日―Part2…^^

先日、友人のYOKOちゃんから頂いた”しゃれた贈り物”=ふ〜せんかずらのano♪(種)

種の1つ1つに♥(ハート)模様があるんですね〜〜★(知らなかったわ〜^^:)

1つ目の袋は20日に、そして2つ目は…今晩開いてみようと思います!

このかわいいanoたち…中にはぎゅ〜〜っと!生命エネルギーが詰まっている…

来年の春に種まきです。楽しみだなぁ。。

iphoneの写真撮影ではこれが限界ですが…

こういう小さな感動が幸せの瞬間だと思う♪

<愛のano>… YOKOちゃん、やっぱセンスあるね〜^^v

Author: Sachiko
• 日曜日, 9月 26th, 2010

いや~今日も秋晴れのいいお天気に恵まれましたね。(嬉)

ちょっと前までの、体にまとわりつくような空気もさわやかになって、思わず『す~は~^^』

と深呼吸したくなります。体中のいらなくなったものをぜんぶ~!吐き出して新鮮なエネルギー

と入れ替えです。

このくらいの気温に落ち着きますと、今まで熱射病やら熱中症やらにならないように、敢えて避

けて来た”アウトドアー”活動も、いよいよ本格的に再開できるチャンス到来ですね。

jい

さて…

ポーザルームに来られる方の中には”あんなに暑かったのに…夏ヤセするどころか逆に体重が増え

ちゃったのぉ…(涙)”という女性が結構いらっしゃいます^^:(でも、実はこれってよくある話)

原因はその方の置かれていた環境や生活習慣や体質や…と、 様々な要因とが絡みあっての結果で

すが、共通していえる主な原因は”代謝障害”(むくみや水太り)によるものです。

そもそも”太っちゃう原因って?”『食べ過ぎ・飲み過ぎ』『運動不足』『寝不足』『慢性疲労』

実にシンプルです。(心あたりありますでしょ!?^^)食べ過ぎ~運動不足はもう説明するまでも

ありませんね。

で、え?寝不足って~?…これは慢性疲労とも関係しますが、寝不足するということは、常に神経

が起きているという状態です。行き過ぎると疲労に繋がりますし、心身を司る”自律神経系”に支障

を来す要因となるわけです。前回のブログでも書きましたが、自律神経は体のホルモン系、代謝系

免疫系をコントロールしている司令塔ですら、ここが上手く作動して体に必要な働きをもつ3系統

のバランスを保ち、そして、デトックスを促す役割を果たしているわけです。

k

自律神経機能が低下すると、代謝系のトラブルとして:冷え、むくみ、シミ、しわ、セルライト

←きゃ~>< :ステーキなら美味しいけど..)”太りやすくやせにくい体”になり、免疫系では:風邪

をひきやすく治りにくくしたり、敏感肌や花粉症、なんとガン(←きゃ~)の要因にも…

ホルモン系では:生理不順やPMSの悪化、プレ更年期障害…など、まさにさまざまな体の不具合と

深く関わることになるんですね。

”中高年になると太りやすくなる”というのも、こういった体本来の機能と深く関係します。それに

若いうちは体の細胞自体が若いわけですから、仮に不具合が発生したとしてもリセットしやすいわ

けですね。太りやすくなるというのも、一つの老化現象といっても過言ではありません。

だからこそなんです!今日1日のケアーが、明日の健康な心と体をつくります。

まったくもって地道ではありますが、この積み重ねでしか結果は出せません。(きっぱりっ!)

ですから、ダイエットも自分の体:体質:にあったものでして欲しいと思いますね。この夏の4kg

増加を一瞬でリカバリーしようだなんて無謀なことはやめましょう。老化を早めるだけです。

といいますのも、急激なダイエットは、実は、体(自分)を痛めつけているのに似ています。プロ

のスポーツ選手が、運動力学も体の仕組みも理解して、その上で鍛えた体に対してウェイトコント

ロールするのとはわけが違うのですから。。。

k

でも、毎日ちょっとした意識でできることはたくさんありますよ♪

*深呼吸で新鮮な酸素を取り入れ心身をリフレッシュ!

*バランスのよい食事を美味しく頂く!

*適度な運動を心がける!(朝晩の通勤時のウォーキングだけでも”意識をON”にして歩くこと)

*規則正しい生活のリズムを作る!(寝不足しない、寝過ぎない)

*足むくんだかな…と思ったら、しっかりマッサージ!(疲れをためない、その日にリセット)

*そして、よく笑うこと。笑顔よ笑顔〜♪^^

l

そうそう、よく『足もみ』でやせますか?と聞かれますが。

足もみによって『血液の循環をよくする』『各器官や臓器の働きを正常にし』『ホルモンのバラ

ンスを整える』ますから、体自体が健康な状態であれる方向に導きます。結果”やせる”に繋がる

ということは言えますね。

k

でも、きつい言い方ですが…”足もみ”それだけでは効果は上がりません。すべてはあなた自身

ゆるんだ生活習慣をしっかり見直すことからです。やはり”バランス”なんですね。ダイエットは

楽しみながらやるといいと思います。

『楽しみながら〜継続する!』この心構えがあって、明日の『美』を生み出します。^^

今日はいいウォーキング日和になりそうです。

私も緑の多い公園にでも散歩してこようと思います〜♪


Author: Sachiko
• 金曜日, 9月 24th, 2010

あんなに暑かった酷暑に残暑にと、今年はもう強烈なエネルギー”の注がれた夏でした。。

ですが、昨日のお彼岸:大雨:を境に、今度は一気に晩秋か!?と思わせるくらい気温が下がりました。

まあ、ようやくの秋到来といえばそうかもしれませんが、やはり異常気象を感じずにはいられませんね。

k

と、こういう時期は夏の疲れが一気に出はじめますのでご注意を。

人の体は良く出来たもので、暑さ寒さに反応しながら、常に体内環境を正常に作動させるように”恒常性”

が働いています。簡単な一例で言えば、暑ければ汗をかいて体温を下げる作用をしますし、寒ければ毛穴

を閉じてなるべく外側に熱を発散しないように機能します。…今年の夏は、もう〜汗かきっぱなし!体内

エネルギーは消耗モードにずっとONの状態…または外は酷暑:室内は冷え冷えのエアコンモード:といっ

た1日の中でも差の激しい環境下に身を置かれ、自律神経系はフル活動〜ちょっと”やられちゃって”いる

人も多いかもしれませんね。

季節の変わり目に、妙に気持ちが凹モードになったりするのも、1つにはこの理屈が関係したりします。

自律神経は体内のホルモン系、免疫系、代謝系の”司令塔”:プロデューサー的な役割を果たしていますか

ら、ここが乱れると体がバランスよく機能しなくなるわけです。どこかの系統が過剰になったり低下した

り、うまくバランスがとれなくなって、体は『プチ不調』を招くようになります。この『プチ不調』(ex.

食欲不振または過剰、疲労、冷え、むくみ、肩凝、腰痛、プチうつ、異常発汗、風邪をひきやすくなる…

etc,etc)これらは、いわば、心身へのアテンション<警告>でもあります。こんなとき、不調を訴えて病

院にいっても”病気”とまで診断されないでしょうが、健康な状態ではないわけです。

この『プチ』のうちにしっかり体をケアしておくことは慢性的な不健康から本当に体を壊してしまわない

ようにする、自身の健康管理上とても大切なポイント:タイミング:なのです。

「…過剰に心配しないこと!でも放置しないこと…」自身の心身と”しっかり会話”するときなのです。

j

毎日の健康管理に『足もみ』は最適です。

では、『足をもむとどうしていいのか!?』『どうやって揉んだらいいのか!?』…

楽しく学んでしっかり実践。

その理論を知ってそして毎日実践!まずは自分の足を揉んで確かめませんか?学びたい方大歓迎です。

★お気軽にお問い合わせくださいね★

j

あなたも家族も”笑顔”のある毎日であれるように…♪

Author: Sachiko
• 火曜日, 9月 21st, 2010

今日も秋晴れのすがすがしい朝でしたね〜♪(気温も上がりそうな1日だ…:)

3連休が終わって、今日からお勤めの方、飛び石2日分しっかり休暇をとって6連休の方!^^

それぞれの今日が また笑顔ではじまる1日でありますように。。。

さて…

西武線ひばりケ丘駅前『パルコ』4Fにペットショップがあります。お買い物の途中、時間が

あるとなぜか立ち寄りたくなるのがそこ。といいますのも…ずっとオーナーさまに巡り会えず

6ヶ月に成長した『柴くん』がいるからなのです。柴犬に限らず、購入のタイミングは2〜3

ヶ月くらいの、一番かわいい子犬のときになるので、遅くとも4ヶ月くらいまでがワンちゃん

たちがオーナーさまとの出会いを果たす勝負時です。

しかし… どういうわけか、性格も穏やかでとっても”いい子”な赤柴(セサミといってもいいね)

の通称『柴くん』は、今もずっと運命のオーナーさまを待ち続けている状態です。。。

(あんまり気になっているせいか、実は数日前、柴くんと家で過ごしているシーンが夢にまで

出てきてしまいました。ペット可能な住まいなら、もちろん家に連れていったと思います。。)

K

柴くん♂、こんなにかわいく成長しました!

素晴しいオーナーさまとどうかご縁が叶いますように!!

”ボクトイレもちゃんとできるよ…” ★

”お手!も おすわり!もおぼえたんだよ…” ★ ”むだにほえたりもしないよ…” ★

Author: Sachiko
• 月曜日, 9月 20th, 2010

9/20、今日は『敬老の日』…ですね。ご家族の”おじいちゃん””おばあちゃん”へ、何か一言

を添えて♪感謝の気持ちをお伝えしたいものですね。私の場合、祖父母はすでに他界していま

すので、身近といえばやはり父と母。父が入院してから、実質、母は+猫の太郎との一人暮

らしです。近くには兄夫婦の家もあるし、ヘルパーさんも毎週数回来てくださっていたりと、

家には誰かしらが訪ねてきている状態ですが…それでも、毎朝の電話は欠かせません。

『ハロハロ〜^^』『おはぁ〜♪』を合い言葉に”元気にしてる?!”の双方の身の確認!^^:

で1日がはじまります。そんな母へ、本日着の予定で『座椅子』を贈ることにしました。

(ふっかふっかの折りたたみ式座椅子なので、太郎に占領されそうだなぁ〜^^:)

h

そして、9/20は私たち夫婦の結婚記念日–part2.でもありまして…(結婚記念日にまつわ

るものが日本の入籍日:USAの入籍&結婚式:日本の結婚式と3回あるというわけです…)

以前から、友人YOKOちゃんがはじめたウェディングビジネス『HAPPLISS BLESS』のHP用

に”ケーキカットシーン”の写真撮影に協力して欲しい…とのリクエストがありまして、図らず

して記念日を前に一足先のお祝いモード〜♪ 写真撮影の後は、3人でケーキを頂きました〜♪

撮影後チョコペンでプレートにあれこれ描いて遊んでいます…^^:ケーキお いしかったぁ〜!

(YOKOちゃんありがと〜〜☆(^3^)

『HAPPLISS BLESS』←click に行っていただきますと…

私たちのUSAウェディングの写真も少し登場〜^^これからご結婚なされる女子のみなさま♪

彼女の作る”リングピロー”を添えて、どうぞ素敵なウェディングシーンを演出ください。

(素敵な商品で一杯です♪)ちなみにネット販売は10/1~だそうです。詳しくは”contact”から

お尋ねしてみてくださいね。


Author: Sachiko
• 水曜日, 9月 15th, 2010

私の出身地は、長野県は佐久という地域です。出生は佐久市岩村田という街で、物心がつく

前の幼少時代はここで育ちました。

これまで里帰りは年に1、2回:春かお盆にお墓参りを兼ねての帰省をするくらいでしたが、

この夏父が入院してからというもの、度々田舎へ足を運ぶ機会が増えました。

(それがきっかけだなんて、何とも皮肉と言いますか”ビミョウ”だな…と思うのですが、結果、

これまで以上に家族と共に過ごす時間をいただいているんだな…と思うと幸せなことなのかも

しれません…)

j

父の話を少しだけ…(お心遣いのメールなど頂きありがとうございます。感謝しております)

医師と再び、今日までの経過と今後のことについてお話しました。先日もブログで書いた通り、

リスクは常に伴う状態であることに変わりありませんでした。=ボロボロになった内臓が蘇る

ことはありません。つまり、どれだけ現状より悪化しないように1日1日を生きるか…これしか

ないのです。今や、本人の体力と気力の面に残される生命エネルギーがすべてです。

確かに…今は点滴による栄養補給と食のリハビリということで、口からはゼリー状のものを少し

だけ摂取しているような状況なので、先月会ったときより体全体が小さくなったように見えます。

そんな父を目の前にして、なにも感じないではいられません。でも、ただ1つ救われることは、

父の目だけはとても澄んでいるんです。目がすべてを語っている…

肉体を着ぐるみだとすれば、そこに”見えているものだけに感情を振り回されることなかれ”と、

からの教えあるように思えて来ます。今やぼろぼろの着ぐるみであっても”魂は生きている”

ということを私は感じずにはいられませんでした。

k

現世では、やっぱり心身健康に生身の体を持って”生きる”こと…なにごとも。。

健康に生まれた人はそれだけで感謝です。そして、その健康に生んでもらった体(自分)を大切

にして生きることとは、自分自身を愛し、人を愛する生き方なのだと心から思います。

k

そんな見舞いでちょいちょい帰る佐久には『ぴんころ地蔵』さん^^がいるんです。

私の故郷である佐久地方は、日本でも有数の長寿の里として知られており、住みやすい風土とおい

しい水、その地でとれた作物や地域に住む人の県民性などなど…多くの長寿の秘訣が偶然(必然で

もいいかな)重なった、よほどの理由があっての”パワースポット”といってもいいかな…と、私は

思っています。

ぴんぴんころりとは…健康に長生きをして、最期は”ころり”病に苦しむ事なく、自身の寿命を全う

して楽に大往生をすることを意味します。

h

そう考えますと、ますます『自分の健康は自分で守る!』(これは”若石”では使命としています)

が大切です。そういう生き方が幸せを運んでくるんだと私は思っています。健康は家族を笑顔にし

ます。笑顔のある家庭が笑顔のある地域にします。そして、笑顔のある地域は豊な社会を作ります

健康にきるとは、たくさんの幸せを体験することだと心から思います

j

追記:

みなさま、小旅行に佐久は:ぴんころ地蔵さんへぜひお越しを!佐久は地味な地域ですが^^:

長野県人は純粋で温かいく街も質素な感じが落ち着くと思います。^^あやかりグッズも、地域の

おいしい食べ物もたくさんあるので、どうぞパワーチャージしたいなと思う時はお出かけください。

(軽井沢もいいけれど、佐久は穴場!おすすめしたいです^^)

h

Author: Sachiko
• 土曜日, 9月 11th, 2010

先日、私の住む街:西東京市の”西東京市市民共同推進センターゆめこらぼ”が主催している

市民シンポジウムの1つ”企業懇談会”に参加してきました。

こちらでは、NPO法人”アジア植林友好協会”を立ち上げた宮崎林司–氏から、その熱き思い

を聞く…ということで、地球環境問題:特に熱帯雨林の再生:にかける思いをおうががいし

てきました。

ここ数年の地球…こと私たちの住む日本でも、集中豪雨や突風、竜巻、暖冬… 今年の夏は

タイムリーで感じた長引く猛暑…etc,etc, ”何かおかしいな”と肌で感じる人も多くなったの

ではないでしょうか。これは日本に限らず、実は世界各地で熱波やハリケーン、海面の上昇

感染症の発生などなど…環境の大きな異変が私たちの生活を脅かすようになってきています。

h

最近の日本でも、エコという言葉を通して、地球温暖化対策に対するさまざまな活動や、TV

やらCMやら企業でも意識的な取り組みがされ、メディアを通して目にする機会も増えてきた

ように思います。しかし、進行している熱帯雨林の破壊:それによる気候変動の深刻さ:と、

そのスピードに対しては、あまりにも小さなもの…(だそうです。。。><)

私たちは多くの利便性や豊さをもとめ、結果、自然を破壊する行為を続けてきたのです。

宮崎氏はおっしゃいました、熱帯雨林:原生林は、もう”どうしようもない”ところまで破壊さ

れており、このままでいくと、間違いなく10年を待たない間に、自然の生態系が崩れた影響

による自然災害は当たり前のようになるといいます。

でも…どうでしょう…?

私たちは、映画2012で観たようなことが現実に起ることを”今”危機感として本気で意識する

人はとても少ないというのが現実ではないでしょうか。私は:過剰な恐れを抱く必要はない:と

思いますが、私たち一人一人が無意識のうちに”環境破壊”に繋がることをしているという事実を、

もっと具体的に”どんなことなのか”を知った方がいいと思いました。ああ…無知は罪…そんなこと

を痛感した時間でした。

k

お話を聞きながら、私たち人間も一生物として宇宙に生かされているということ、この地球上では

あらゆる動植物と共存しているのだということを思い出し、すべてに対して愛をもった生き方が問

われているんだと、改めて思いました。

j

今世の中が色んなところで変化しています。自然環境もしかり経済もしかり…そして、私たち自身

の心身もしかり。。。

本当の豊かさとは何なのか… 物質だけに満たされる時代はもう去りゆきつつあると思います。

これからの時代は『再生』に向うときだと痛感します。すべてのものと愛で繋がり、物質的にも精

神的にも、私たち自身が小宇宙…すべてと調和しバランスを問われている時代なのだと思います。

そして、

私たちの後に続くものが幸せに生きてゆくために、愛のバトンを繋いでいかなくてはなりません。

k

n

追記:『美しい地球環境を未来に!』by 宮崎林司–社長ブログです。環境問題については、

とても勉強になると思います。書かれている内容も興味深いもので満載です!

Author: Sachiko
• 木曜日, 9月 09th, 2010

魂の使命…ってなんだろう…

人はなんのために生まれてきたのか、そして、私はなんのために生まれて来たのか…

自分の人生について、きっと誰もが一度はそんなことを考えた(考える)ことがあることでしょう。

私は思うのです。あなたをそんな気持ちにさせたとき、そんな気持ちにさせる何かに遭遇している

とき…それが、目の前に立ちはだかる”壁”のようなものとして現われているのか、それとも、今の

自分の生き方に”これでいいんだろうか”というような思いが湧き出して来て、胸の奥の方がザワザ

ワとしているようなときかなのか…”壁”とは自身の魂が感じている”something message”

:インナーボイス(魂の声)を聞くときなのだと言う気がします。ですから、現実に見えている事

象に振り回されることなかれ!と私は強く思います。それは私たち自身の変化のときであり、本来

の自分と繋がる絶妙なタイミングであり、魂が成長するチャンスであると思うからです。

h

かくいう私も…自分自身の人生について、私自身の魂の使命について、これまでの人生の中で何度と

なく考えてきました。(何度となく考えざるを得ない!場面にたくさん遭遇してきています^^:)

最近になって、その”声”はどんどん大きくなり、自分の中でのある種の”答え”をなんとなく感じは

じめていました。そうなると”なんとなく”を、もっと確かなものとして感じたい、知りたい、確信

したい、という衝動に駆られてきます。そしたらなんと!いつも各種セミナーでお世話になってい

る方のブログ(かの有名な^^なべGさんです)で、まさに絶妙なるタイミング!

『人生の使命が分かる過去世』を知るグループワークの情報が飛び込んできたのです。(事前の情報

はまったくありません。まさに必要なものとして引き寄せられた感じでした。。)

j

昨日のセッションでは”DR.奥山輝実”-氏のCD退行睡眠ワーク–”この人生の使命がもっともよくわかる

過世へ–の指導(誘導)のもとに行われました。ヒプノセラピーも、一見すると”あやしい”もの?とい

うような匂いもしますが^^: 主催者が確かな人であり、その誘導も精神科医である(知る人はよく知

っている!)奥山先生のもの、とてもリラックスして受けることができました。

ここで見えたもの、イメージしたもの…etc が、本当に確かなものかどうかは分かりません。退行睡眠

も深さのレベルもあり、何%の明確さなのかははかれません。しかし!私はそこで確かにメッセージ

なるものを受け取ることになりました。

終わってみると… 私は、涙一杯溢れていたのです。その涙の理由とは…

私の場合…見えた時代は、おそらく中世のヨーロッパ。スカンジナビア半島が大陸と繋がる首のあたり…

あとで家に帰って調べてみると、どうやら”エストニア”のようです。(か、その周辺の国)見たところ私

は、50代男性、グレーの目、グレーの髪、生成りのような洋服を着て手には何か持っています、のちの

シーンでそれがバイブルだったことを知ります。おそらく”聖職者”として生きていたのかもしれません。

一番幸せだった頃のシーンでは、その、とても美しい女性が微笑んでいる顔を見ています。彼女は私の妻

でした。

全体のシーンはセピア色でカラーがないのですが、海辺に沈む夕日のオレンジと、彼女の顔を照らす日の

光が黄金色に輝いているところはしっかりとカラーです。子どももいたようで4、5歳くらいの男の子が

みえましたが、残念ながら子どもへの印象は僅かでした。私は早くしてその美しい妻(たぶん子どもも)

を亡くしたようです。とても愛おしい存在だったようです。私が死ぬ場面では、多くの人々に教会のよう

な場所で棺を囲まれていました。そこには幸せな気持ちがありました。光の存在に引き上げられて行く間

は、愛するものが待っている安堵感と喜びを感じていました。なんともいえない感覚でした。

P

あなたは…『愛として生きなさい。愛を人々に伝えなさい』

メッセージ…『あなたの感じるままに生きなさい』『あなたは喜びを感じるために生まれたのです』

心を開く言葉…『Trust 』『believe』

未来の自分…多くの人々の前(ステージのようです)に立って、光をあび(たぶんスポットライトか何か

でしょう)愛に満ちあふれた感覚を持って何かを伝えている姿がありました。。

…これらはもう、理屈では語りきれない体験でした。

j

後づけになるのかもしれませんが、”喜びを感じるため”とは、いかにも、そこで見た前世でやり残した?

もしくは感じる事を止めた?(または悲しみを背負って生きた?)かのように思えて来ます。愛するもの

を失ってからは、誰とも再婚することなく、一人で生きた人生のようです。でも、多くの人々に愛されて

最後まで生きた人生だったようです。

なるほど。。だから家族が健康であることに、とても思い入れが強くあること、パートナーの健康がとて

も気になること、多くの人が”笑顔のある幸せな家庭”であるようにと思う事…etc,etc, どんどん不思議な

くらい辻褄があってきます。人として”正しくありたい”(ここで言う正しいとは自身の中のはかりです)

と思う気持ちが強いのも、聖職者ならではの感覚かもしれません。

セッションが終ったあとは、妙にすがすがしい気持ちでした。

迷うことなく、疑うことなく、『今のあなたをしっかり生きなさい』と背中を押された気分です。

生きるとは、身を以て体験し、感じ、その中に愛をみつけ、喜びを見いだし、魂にこの時代の記憶を刻み

きっとまた生まれ変わるであろうその時に、今日のこの瞬間を思い出し、また魂を磨く旅に出るのかもし

れないな…と思いました。生きるって、愛をたくさん知ることなんだ…

そうそう、不思議&おもしろかったこと!その時代の私の名前:J,フェルナンデス:ってイメージで上が

ってきたんですが、なんと!きけば、主人の先祖の名字の中に:フェルナンデス:があったのです…(驚)

しかも、その方の妻はとても美しい女性だったらしい。。。その女性とは関係ない過去世だったとは思い

ますが、私が知らない名前が、今の主人の祖先と関係してるなんて、なんだか神秘です。。。

Author: Sachiko
• 月曜日, 9月 06th, 2010

今日はサロン休の日〜♪(9月は月曜休です^^)とはいえ、毎日予約でいっぱい!!(嬉)って

いう毎日ではありませず^^:  実質フリーである日も多いMY LIFEです。数年前には、ありえなか

った生活です。(色んな意味で!)以前は、機関銃のごとく働き、動き回り”ああ〜フリーな時間

が欲しい〜〜”と思っていたものです。逆に、今となれば、ほぼ逆転したような幸せな生活♥が目

の前にありますと、今度は”もう少し忙しくてもいいのにな…”なんて、思うようになります。

『幸せはどんな時にもある』もので…(そうです、例えそれが一時の”不幸”であってもです!)

ましてや、誰かに与えられるものではありません。足りないものにフォーカスすると、手にしてい

る幸せを見失うことになりかねません。(お気をつけくださいませ…)昨日のレイキワークの中で

思ったことでした。ひらめきというよりは『気づき』のメッセージが自然とおりてきた感じです。

今の私がこうしてあることに感謝です。パートナーには特に感謝です!ありがとう..m(_ _)m….)

h

だから、今があることが!生きていることが!幸せの原点です。ここ最近は、そんなことをとても

強く感じる場面に遭遇しています。(父のことしかり、パキラ-2号のことしかり…)

j

そう!だから、諦めることも選択肢。先日、私がひどい目に遭わせてしまった『パキラ-2号』

やはり根ぐされは深刻なもので、気づいた時は”手遅れ”だったようです。それでも、状況を静観し

ての毎日でしたが、見るも無惨><とうとう片方の腕(枝)は、腐り始めた主幹がら栄養を取れずに

下の方がら徐々に壊死してゆきました。『どうしよう…ここでカットしたら挿し木になるだろうか』

『いや、まだ復活する可能性も残ってるから』…私の中での葛藤はやみませんでした。しかし…

わずかに残された、枝の葉っぱたちが枯れ始め、残すは先端の”生きた部分”のみを残した状態にな

りました。

さあ、どうする?

どうなるかわからないけれど…残された可能性=挿し木!にするしかありません。どのみち、この

ままでは全滅します。判断を躊躇っている時間がありません。だったら…思い切って、

”生きてる部分を生かしてみよう”

”切ったらほんとに枯れちゃうかも…そんなことになったらどうしよう”そういう迷いや疑いを捨て!

最後の望みにかけてみることにしました。

(なにやら大げさに聞こえますけど^^: 例え植物だろうと、生き物を世話していると自然と愛情が

わいてくるものです。ましてや、私の管理不十分でこんなかわいそうな目に…)

先端はまだ生きています…

ほんの僅かな部分ですが…ここに望みをかけることに。

k

と、こんなふうに… 人生とは、選択の連続ですね。それが結果、良きにせよ悪しきにせよ。

”どうなってしまうんだろう…” なんて、”今”分からないことに対して、まだ起ってもない不安要素

ばかりをイメージしてもムダなことでしかありません。自ら選択したことに責任をもって”やる”

しかないのだと、しみじみ思う今日この頃です。。。

J

と、そんなわけで… パキラの残された可能性に望みをかけようと思います。。

こんなときは… I am sorry, forgive me, thank you, I love you…ホ・オポノポノの精神です!

Author: Sachiko
• 土曜日, 9月 04th, 2010

昨日は(ブログにも案内を出していた…)『老化は治る』と題した、アンチエイジング系の講座

(by 青木晃先生:順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座 准教授)を受講してきました。

アンチエイジングというワード自体が、美容業界を先駆けて雑誌やTVなどのマスコミを通して、

若く美しくありたいという女心を刺激した”若返り”というニュアンスを持って、多くは化粧品や

エステやらといった商材を潜って、いつの間にか世間ではその言葉だけが一人歩きするようにな

った今日のように思います。かくいう私も『アンチエイジング』=『”老いる”ことに抵抗する』

ものという、美容面だけに偏った見方をしていた一人でした。

j

そもそも人間だれもが”老いてゆく”ものであり、これは自然の摂理であり避ける事はできません。

ですから、キレイに老いること=年相応な美しさや健康が自然な姿だと思っておりました。これも

決して間違いではありません。しかしながら、アンチエイジングの真の意味とは、もっともっと深

いところにあり、美容面以外に、1つ肉体を通しては『サイエンス:医学』が原点であり、心を通

しては『生き方』であるんだな…ということを、改めて思いました。

さて、アンチエイジングとは、正しくは『抗加齢医学anti-aging medicine』=元気で長寿を享受

することを目指す理論的・実践的科学であり、健康長寿を目指す医学です。(”アンチエイジング医

学の基礎と臨床”より)そして、もっと分かりやすく言えば、

『いつも元気で若々しく生きる』こと、

『心身ともに健康に歳を重ねる=オプティマルヘルス(最高の健康状態)である』こと。

(ですから、美もやはり健康があってこそですね)

老化とは、生物の個体に起る時間的変化の一つであり、老化(病的老化)は決められたシステムやプ

ログラムではない!ということです。つまり…生理的老化はすべてに平等におこることで防げません

が、病的老化は、個々によって差があり予防可能なもの。長寿の秘訣は、より全体のバランスを保っ

た”良い老化”をすることが大切だといいます。

バランスとは、大きな欠点や弱点がない状態をさし、例えば、元気な百歳というのはどういう人か!?

糖や血糖値が少々高くても、耳が少々遠くても、顔が少々しわくちゃでも、物忘れもすれけれど…

そうです、大きな病気や弱点を発症していない。これがとても重要かつ大切なことなのだといいます。

しかし、現代社会に生きる私たちにとって、アンバランスな病的老化を招く”環境要因”が深く関与し

ます。過労、運動不足、環境ストレス、偏った食事、睡眠不足などは老化を進める5つの要因とされ

今日一般に広く蔓延している”不具合”…2型糖尿病は暴飲暴食?!高血圧は、塩分過多な食事に運動

不足やストレス!?肥満症は、食べ過ぎに運動不足!?肺がんは、喫煙!?通風は、美食で!?高脂

血症は、脂肪分の多い欧米化した食事!?というように、多くは生活習慣病ともいえるものばかり。。

私たちは”何も”なければ健康です。しかし、悲しいかな、そんな時人は不健康な状態のことなど思い

もしません。だからこそ!なのですね。日々何気なく送っている生活を見直し少しでもアンチエイジ

ング的?意識を持って、毎日”実践”するだけで、同じように加齢をする人間が、5年後10年には、

全く質の違った結果をもたらすことになる…というのはやはり理にかなっています。

y

アンチエイジング医療とした1つの柱には、

1. 食事  2. 運動  3. 精神(生きがい)をポイントにおき、生活習慣を見直すこととしています。

丈夫な体:土台(筋肉や骨格)を作り、心身をコントロールする脳(自律神経):ホルモン系、免疫系

代謝系を健全な状態にすること。 (唐突ですが…若石リフレでも同じような理論がありますね〜!)

こうした内容は、みんなどこかで聞いたり学んでいたりすることでしょう。でも、大切なのは、理屈

を知るだけでなく『実践』するということ。毎日の”少しずつ”が大きな成果(結果)をもたらすこと

になる。逆をいえば、実践なくしてはなんにも変わらないということです。

(これは、現実を生きる上で、すべてに通ずる真理のようなものですね…)

j

私たちセラピストの仕事とは、まさに未病の範囲内で右往左往している健康な人(または半健康な人)

が、よりオプティマルな状態にあり、毎日を笑顔にそして人生を楽しみながら生きてゆくために…

『健・美』はもとより、幸せな『生き方』をサポートしてゆけるような、オピニオンリーダーとして

重要な役割もあるんだな…ということも、昨日の講座を聞きながら改めて胸に刻んだ時間でした。

アンチエイジングもさることながら、『美・健』であれるため、笑顔のある幸せな生き方をするため

にできることや学びを深めることはたくさんあり、そして最も大切なのは、それを実践して積み上げ

てゆくことでの、5年後10年後の自分なのだ…ということも、ここで再度思うことになりました。