Archive for 7月 20th, 2010

Author: Sachiko
• 火曜日, 7月 20th, 2010

とか、一皮をむく(剥・剝)とは…

『うわべを飾っているものを取り去る』(by 三省堂 大辞林)などの意味で使われます。

よく『○○さん、なんか一皮むけた感じだね…』みたいに、これまでの”何か”が取り去られ

対象者が、以前より好印象に変わったり、成長したな〜と感じられるようなときに用いら

れます。でも、この一皮むける(またはむく)ときって、実際、自分自身でははっきりと

は気づかないことの方が多いかもしれません。もちろん、何かの”違い”としてはっきりと

自覚することもありますが。

自分の中で悶々とする”何か”が吹っ切れると、心身ともが軽くなり、今までの自分は一体

なんだったんだろう…みたいに、俯瞰して見れるようになる。いらない皮をようやく脱ぎ捨

てて、その瞬間から『新しい自分』になったことを内から感じられるときがある。

こういうとき、もう後ろは振り向かない方がいいと私は思います。後ろとは、現在より後ろ

=過去の自分をです。h


昔も今もそして未来も、私(あなた)は私(あなた)で違いないけれど、今の私(あなた)

がすべてだから。どの時空とも繋がっているのだけれど、やっぱり、生きていくのは今この

瞬間の中がすべてだから。変化(成長)したいと思うなら、安定した中では見い出し難いも

のなのかもしれません。

”問題”と思われることや、痛い出来事や、失恋や別れや、執着やら嫉妬やら、怒りやら…

そういう”刺激”があって皮がむける。痛いけど、ありがたいものなのだ…と思うのです。

h

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ボーザ幸子の♪幸せをシェアするコミュニケーションパーティVol.8

8/6(金)19:30〜♪ anoano音楽堂にて(JR大塚駅近)

お申し込みはこちらから★☜click

j

ひと夏の♥(ハート)アイあるano(種)を開いてみよう。anoを覆う、ひと皮をむいて。

ここでいう”アイ”とは、『愛』であり『I(私)』のことです。