Archive for 3月 1st, 2010

Author:
• 月曜日, 3月 01st, 2010

今日から3月へ突入です^^〜♪〜♪ようやく私にとっての春の幕開けか!

といいますのも、以前ブログの中でも少し触れたかと思いますが、1年の

中で特に12月-2月とは、私にとってもまさに『冬』の時期…心身ともに

冬モードになるようです。長野育ちでありながら寒いのは苦手なのと、な

ぜか冬にはいい思い出が見当たりません。思い出されるのは、山々の冬枯

れた景色…色でいうなら『マッドなグレー』の世界です。

一方、太陽の光を一杯にうけてコウゴウしく輝く白銀の世界…晴れ渡った

クリアーな空のブルーと、照り返す雪の大地はまばゆいほどに透明感のあ

る白、光の屈折で極微粒大で放射されるきらきらと7色に光る色…透明で

ありながら色彩のあるイメージです。(ん〜言葉にするのは難しいなぁ~)

この『透明感だったり『クリーン』『クリアー』『喜び』『希望』…の

ようなワードがよく似合います。目の前に用意された世界は、すべての塵

や埃がデリートされて手つかずの新しい空間で、『静』から『動』を感じ

させるイメージです。そう、この後者のイメージは3月からのもの。同じ

冬でありながら、私の心に感ずるものは全く異なった色彩を持つのです。

ですから、私の季節体内時計でみると、この3月というのは『はじまり』

『スタート』プラスマイナス『0地点』であり『出発』を思い起こさせる

時期なのかもしれません。

目の前に用意されたものは、塵も埃もない『無』の空間です。何も描かれ

ていない白のキャンバスなわけです。(お〜そう思うと何を描こうか、何

と創ろうかとワクワクしてきますよね)そんな思いがこの季節には凝縮さ

れているのです。今日からの1年をどんなふうに生きて行こうか、どんな

ものを作ってみようか、2月までにイメージで描いた設計図を今月は基礎

デッサンを何度も繰り返しつつ、フレームを描来上げていこうと思います。

そうそう『イメージ』って大切だと思います。”現実”に”モノ”を創る上で

mustな要素であり、それは素晴しい力だと思います。実際の絵に描けなく

ても造形物を創れなかったとしても、目をつむれば見えてくるもの!それ

でいいと思います。こどものときした粘土あそびや落書きににています。

うまく創る事が目的ではなく、創る中を楽しむこと…大人になるといつの

間にかそのことを忘れてしまいます。子供心に戻るとは、シンプルになる

ことかもしれません。