Archive for 1月 19th, 2010

Author: Sachiko
• 火曜日, 1月 19th, 2010

特に女性のみなさんは、自分自身の体調、もしくは身体の調子:リズムの

違いが月単位ですごく異なるのを体験していると思います。特に成人女性

には、ほぼ月1の周期でMenstruation!があるので、女性のからだって

それはそれは毎日刻々と、少しづつ、そして微妙〜に変化しているんです

よね。私はこのことを意識するようになって、自分自身の体調:からだの

リズムに気を配るようになりました。(←やさしくなったともいう^^:)

当然ながら、一人ひとりが違うように、月を1サイクルとして見たとき、

体調の変化も、それによって起るからだの症状も、心の状態も、そして感

じ方も千差万別です。

私の場合…ここ数年を意識的にみる自分…PMS期に入るとどうやらからだ

の代謝が鈍くなり(これはホルモンの1つであるプロゲステロンが多く分

泌され、子宮に赤ちゃんを儲けるためのふっかふっかのベッド^^を準備

するために多くの栄養素を蓄えようと”抱え込む”指令が脳に発令されるか

らなのですね。だからこの時期に”むくみやすくなる”というのも、ある意

味自然な状態でもあります)便秘がちになったり、特に下肢がいつもより

むくんだりという状態になりやすいようです。また排卵期には”頭痛”があ

ります。ほぼ100%の確率です。自分のからだをそうやってみるようにな

る前は、偏頭痛持ちでもある私は単なるその1つとして括っていたのです

が、こうしてマンスリーで自分のからだに気を配ってみるようになると、

からだにはそれなりのリズムがあって、それは日々自然な形で変化してい

るのだと分かってきます。ですからその対処法:やっぱり今日は頭痛が来

そうだ…今朝はラベンダーティーを飲んでおこう…みたいな:であったり、

自分自身との付合い方がうまく出来るようになった気がします。

それと一方、”心の状態”はどうか…これはまだまだ奥が深いです!^^:

今なお自分を観察&検証中です。”おもしろいなぁ”と思う状態や症状(!?)

の1つとして、簡単にいうと『浮き沈み』⇒『躁状態-鬱状態』⇒『気持

ちのアップダウン』どの表現が適切かは別にして、PMS期には”悪夢”すら

見る回数が増えるので不思議です。この数年の私について自分で感じるこ

とがあるとすれば…比較的”心は安定”しています。必要以上に不安や恐れ

を持たなくなったこと、仮にそういう良く分からないものに意味も無く心

を奪われることは無くなりました。そんな私ですが、意識してマンスリー

で自分をみつめてみると、やっぱり浮き沈みがあるのです。外的要因から

というより、内的要因の反応:つまり自分自身の中から自然発生している

ようなイメージ:につきるように思います。その最たる時期が、PMS期と

大きく関係しているんですね。ホルモンのバランス的に”内に向う”ときで

もあるので、ある種納得です。そう考えると、そんなふうに調子悪かった

り気持ちが落ち込んだり、分けも無く不安になったり、恐れを感じ易くな

たりする自分も、『It’s OK! Don’t be worry too mach! 』

『そんなときもあるよ、それが私なのね。』そう思って自分を受け止めて

あげれば、気持ちのよい日々をおくれると思うのです!ね。

からだにはリズムがあります。女性は”月”の変化に影響されるとも言われ

ます。からだも心も繋がっていて、そして宇宙:自然界:の波動とも密接

に関係している…ということをな〜んとなく分かるだけでも、一喜一憂の

中で心の振り幅をtoo much! にすることなく、穏やかに過ごせるように

なるのではないか…と思うようになりました。

されている方も多いと思いますが、毎日基礎体温計測とともに、からだや

心の状態を簡単にちょこっとメモしておくと、新しい自分を発見できる!

と思います。やってみるのもいいですよ。お勧めします自分観察日記〜♪

実はこの時期の私…PMS!!昨晩もイヤな夢をみたなぁ…だからっていち

いち振り回されないようにっと。今日は今日の幸せな1日なのですから。

今日もみなさんにとって笑顔のある1日でありますように〜♪