Archive for ◊ 4月, 2009 ◊

Author: Sachiko
• 木曜日, 4月 23rd, 2009

4/23(木)アテネのホテル3:00am過ぎ頃。ちょっと独り言…

 

旅行が始まって13日目。ロンドン、マドリッド、アテネと回って

旅もいよいよ終盤を迎えている。

なぜか寝付かれず目が覚めてしまった。

疲れてシャワーもしないままベッドで寝てしまい、途中で顔くらいは

洗わないと…トイレとともに洗顔を済ませ、再びベッドに入ったのだが

そのせいで眠れなくなったという方が正しいかもしれない。

 

こうして楽しく充実した毎日を過ごしているわけだが、残り6日となり

どうやら帰国してからのあれやこれやに気がとられ始めて考えることが

多くなったせいで寝付かれないのだろうと思う。

5月は自分の中の公約で自宅を拠点にした新たな仕事を始めようとして

いる…あれもこれもすることがあるせいで少し気持ちが高ぶっているの

かもしれない。”新しい仕事”というという点では、実際どうなってゆく

のかという見当もつかないことを前に、不安にも似た心の動きがある

のだと思う。これもいままでにない未経験のことなので、自分の中に

蓄積データーがないのだ。”なんとかなる”というよく分からないもの

に後押しされていることだけは、不安ながらも確信していることも

事実自身の中にある。

 

そうだな〜帰ったらまずは物置となっている部屋を片付けて要らない

ものを全部処分して。スペースができたらスッキリするんだろうな。。

彼もそのままGWに突入するので一緒に手伝ってもらおう〜!

 

今回の旅行で思ったこと:やはりパートナーのいる心強さと有り難さ

毎日二人で街中をあちらこちら歩きながら、その土地土地の観光スポッ

トやマーケットなどの人々の生活の匂いがするところを訪ね、日本には

ない良さや、逆に日本の素晴らしさを再確認したり。日常とかけ離れた

時間を過ごしているこの幸せに、感謝と言う言葉意外が見つからない。

こんなに贅沢な時間はこの40数年の人生で初めての経験だ。会社員

生活では到底生み出すことのできなかった時間。それもこれも彼という

パートナーを得て与えられた幸せなのだと思う。受け取りベタな私に

とって、これはしっかり受け取って良いものなのかどうか戸惑いすら

あるのだけれど、彼にそして宙の導きに感謝とありがとうを言おう。

 

一緒にいて安らぎを感じ自然な自分でいられる相手こそ”パートナー”

なのだということを、前にも増して感じている。

日常とは別の生活をしていると、新たな発見があり、お互いの趣味

嗜好の違いを再確認したり。こういう時間は大切かつ貴重なのだと

しみじみ思う。

ちまたでは、新婚旅行後に離婚するというケースもあったりするが

分かる気がした…。

私たちはかなりうまいタイミングで今日まできているんだなと、改め

て宇宙の凄さみたいなものも知った気がする。

となりで大きないびきをかいて寝ている彼のなんと子供のような寝顔!

かと思う。かわいいといえばそれまでだけど、男性とはそんなものなの

かもしれない。でも、それも”紙一重”になりうることもまた分かる気が

する。どうあれ、この旅行を通して、お互いのことをもっと知り合えた

ように思う。

彼が結構なマグロなこと…(私たちの言葉でトロイ人のこと)慌てもの

のこと…出がけに忘れ物に気がつくところ…オバタリアンなところ…^^

でも、最終的には頼れる人。これは大きい。細かい事は私がほとんど

カバーできるから、これもちょうどバランスがとれているのかもしれ

しれない。お互い負担になりすぎないというのもパートナーシップに

は大切なポイントかと思う。支え合って寄り添うのと寄りかかり合う

のとでは大きな違いだと改めて思い、自分に対しインディペンデンス

であることも再度認識しつつ。

 

幸せを受け取ること。

そのときを十分に楽しむこと。

先々のあれこれに心を奪われることなかれ。

ベストな1日が豊かさに繋がっているのだから。

何か感じている自分の心を見つめてみること。

それがなりたい明日の自分に繋がってゆくことなんだな…

Author: Sachiko
• 日曜日, 4月 19th, 2009

14日にマドリッド入りをして、今日は19日。

一週間の滞在予定も明日1日(移動)で終わってしまいます。。。

だいたいの観光スポットは周り、楽しみの食べ物の写真もばっちり☆

iphoneに納め、いざブログ…と思っていたのですが、マドリッドには

Luis-父側のファミリーがいる街でして、SFOからLuisの父とも合流、

観光の合間にそれぞれの家族を訪問したり、マドリッドの長い夜を

(日没が遅く、夜8時ごろになってもまだまだ明るいんです〜)

ディナーは家族一緒に過ごしたり…と、ホテルに戻る頃にはすっかり

0時をまわり、シャワーを浴びる間もなくベッドでぐったり。。

そんなわけで、なかなかブログを書く時間を持てませんでした。。

帰国後じっくり写真とともにトピックス的に書くとして、今回アップ

したいのは、義理のおじ(Luisの父の妹の旦那さま)のギター演奏♪♪

 

ビセンテおじさんは、私たちを歓迎して日本の歌「さくら」と情熱の国

スペインを代表して「フラメンコ」の曲を披露してくれました。

すばらしい!!!

ビセンテはアメリカンスクールin Madrid でギター(音楽)の先生をして

いました。今はリタイヤですが、時々大学で教えたりしているそうです。

余談ですが、おじに日本語(漢字)で「ビセンテ」とはどう書くか?と

聞かれたので、私は「ビセンテ=美千手」と当て字をしました。 

なぜなら、ギターの弦をつま弾くおじの手はいくつのも指を持っているか

のようにすばらしかったからです〜☆

ほとんど音楽的才能のない私:)にとって、こうして素敵な家族に出会え

今やファミリーとしてあることを嬉しく思います。

 

「さくら」:私の声が少し入ってますけど…

 

フラメンコ:曲名が分からないんですけど…



Author: Sachiko
• 火曜日, 4月 14th, 2009

旅行と言えば「食事」〜♪ も楽しみの一つ。でも…

毎日レストランの食事というのも、結構胃袋が疲れます:)というのも

やっぱり、なんといってもどの店も量的味的に「ボリューム」があるし、

和食のような「サッパリ」した野菜ものがあまりない。。うっ。。(涙)

何でもサンドイッチ(パン類)が主流になるし、ポテトがサイドでついて

くる… イングランド名物?「フィッシュ&チップス」…確かに美味しい。

でも…「ああ〜私は緑の野菜が食したいのよ」野菜よ!野菜!メニューを

見て、サイドで「ベジタブルフライ」なるものに期待して早速オーダー!

しかし…テーブルに運ばれたのは「芋類+ピーマン」の炒物でした。。。

たしかに、野菜には違いないが、またもポテト〜〜!!そしてピーマン…

嫌いな野菜ではないけれど、これではないのだよ……これでは。。。

 

そんなことも踏まえ、11日の晩は、インディアン料理をいただきました。

少しでも「野菜」のメニューが豊富なレストランをチョイスしたわけです。

が!これも野菜には違いないが、やっぱりこってりしたものに仕上がって

しまうのねえ…


 

 

 

 

 

 

 

 

期待する「野菜もの」ではないけど、そこそこ◎な味ではありました♪  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、お店の雰囲気も抜群で〜♪

 

 

 

そのことを気にしなければ…Luisも私も満足〜♪には違いない!のでした…

 

で、そんなこともあって、3日目のランチ!は、

すでに胃袋は疲れきっていたので、スープとなにか軽い物でもと思い、

今度こそ”野菜もの”メニューに期待してオーダー

:it’s「ベジタリアンプレート」です。

が…運ばれてきたベジプレートは… ああ〜〜やっぱり違うし〜〜。

ビーンズにポテト、そして肉抜きのソーセージって。。

ああ〜これも確かに美味しかったんだけど、ほとんど

炭水化物主流じゃない?!

しかもスープにもブレッドがついていてボリューム満点。。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今晩(13日)のディナーは、近くのお店で購入した葉もの野菜!

=「サラダ」とワインでホテルのお部屋でいただくことに。

これも結構経済的&リラックスできるいい方法なのです。

 

ブリティッシュ報告もまだまだたくさんありますが、

明日から移動でマドリット入りです♪ 

時間をみてまたブログしようと思います。。。

Author: Sachiko
• 月曜日, 4月 13th, 2009

フライト時間約13hを機内で過ごし、ロンドン時間4/10(金)の

午後3時過ぎにほぼ時間通りにヒースロー空港に無事到着しました。

イミグレもスムースに通過し、荷物もトラブルなくピックアップ。

空港から宿泊ホテルのあるSt. Paul’s(セントポールズ)という市内まで

地下鉄を乗り継いで行きました。地下鉄では階段だけの所があり、度々

大きなスーツケースを持って上り下りしなければならない。あいや〜

どうしよう…と思う間もなく、誰かが「荷物をお持ちしましょうか?」

と必ず声をかけてくれて”ひょいっ”と私の重い荷物を持ち上げて運んで

くださるのです。どの階段でもです。

すばらしい〜!さすがにGENTLEMANの国イギリスです!これは日本では

あまりみられない光景です。こういう親切な行為が自然に身に付いている

のだなと感じ入り、最初の親切によって私はとてもいい気持ちにして頂け

ました。『素敵なみなさまほんとうにありがとうございました』

 

こうして、私たちのヨーロッパ旅行がはじまりました。

今は「イースター」というキリスト教徒のセレブレーションホリデーで

ロンドンには周辺各地から観光旅行に人が集まってきており、街中大勢の

人でにぎわいを見せています。

以下、プォトギャラリーにてロンドンを紹介するといたしましょう〜♪

 

ホテルから見えるセントポール寺院


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロンドンの街並。どこにいっても歴史的な建物が美しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古い街並みに所々現れる近代的なビル。美しく融合するロンドンの建物。

米粒のような形をするのは「スイス・リ本社ビル」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロンドンにはいくつか有名なマーケットがあり、翌日11日には早速、

Borough Market(バラマーケット)に行ってみました。このマーケット

には沢山の食材が並び、大勢の地元ロンドンの人や各地の旅行者でにぎ

わいを見せています。並ぶ食材の豊富なこと!もう大興奮の私〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、生ハーブ!ヨーロッパではお料理には欠かせない食材です。

手軽に手に入っていいな〜。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数々の食材…オリーブ、ミート、シーフード、スイーツ…etc

とにかくここでなんでもそろって胃袋も大満足です〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく甘いものもたくさん!Luisは大の甘党…誘惑から身を守らねば!

あちこちすごくスイーツの屋台があるけれど、なぜかイギリス人は太って

いない気がする。なぜだろうな…これがアメリカだったら…@@

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生タコ〜〜!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても親切でチャーミングなイギリス女性のお店ホットワインを購入。

ロンドンはちょっと寒かったから。ハネムーンだといったら、ワインの

おかわりをサービスするわよ〜♪と言ってしてくれました。^^

「ありがとう☆」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マーケットでのランチです。さっき買ったホットワインとともに

この日はラム肉とチーズとクレソンのサンドです。3.5ポンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだレポートは書ききれないほどです…

そろそろ支度をして出かけなくちゃ!

また時間をみてブログしようと思います〜♪

Author: Sachiko
• 木曜日, 4月 09th, 2009

後日4/104/30の予定でロンドンマドリッドアテネローマ

そして再びロンドン経由成田のスケジュールで欧州旅行をしてきます〜

 

これも結婚後はじめて二人で行く海外旅行で、一般でい「ハネムーン」

になるのでしょ:)すでにロマンチックsweet!? 感覚ではなく。。

主人Luisの両親家族はもともとヨーロッパからアメリカへ移り渡った

歴史を持ちます。義父はスペイン生まれ、義母はドイツフランスハーフ

とい生まれマドリッドにはまだ義父の兄弟姉妹の家族が居るわけです。

そんなわけで、お互い一度会えるものなら会っておきたいねとい思い

があって、このタイミングを活用して旅行することにしたのでした。

 

それで、今日はあれやこれや日本からの日本ぽいお土産〜を購入して

日本酒やおせんべいといった食べ物や、和のデザインや素材にこだわった

風呂敷や漢字をモチーフにしたグッズなど :)それっぽいものを購入。

それっぽいとなぜ言 実は、外人であるダンナの選ぶものと、

日本人の選ぶものの感性が異なるわけです。どちらが正しいとか

ダメとかいものではなく「見方」「捉え方」「感覚」が違わけです。

風呂敷のデザインでもS「え〜それ普通てかダサクねと思ものを

L「これ日本ぽく見えるから、これにするてな感じです。

内心私は「そんなものかねみてもこっちのがセンスいいのにな」

と思っているわけです。

食べ物のお土産選びでも「梅干し」「佃煮」「漬け物」とかこれは

おいし〜〜いのになと思私の傍らでpickyなダンナの曖昧な意見により

ぜんぶ却下 確かに、日本特有の珍味となるから好き嫌いはあるよな

とは思けど。。(てか それ全部Luisが嫌いなものなだけじゃない の〜!!

 

まあ、セレクト品は平均的ではあるのでよしとするか

、よしとい点で、突然ですけど、日本のデパートの「包装」

すばらしい。これは世界一「美」「巧といっていいと思

少なからずの私の海外経験でここ〜〜と思包装技術を持つ国は日本を

おいて他には無いです。

過剰包装といことを一旦脇に置いたところで、送る側の心や気持ちを

包むとい点で日本独特の文化があるのだろなと思っている。

包装紙のデザインやラッピングの技術を、無料でこれまで美しくこなす

サービスは日本特有のアビリティーだと私は思。お土産の包装紙をみて

きっとLuisの親族はキレイといって残す気がする。。

思えば、アメリカのクリスマス。。プレゼントを購入したあとラッピング

ペーパーを購入して包んでいたラッピング対応もしてくれるの店もある

でしょが、日本ではラッピングはmust当たり前で、しかもほとんど

は無料サービス。。一部有料もありですが

 

贈り物はその物を含め、贈る側の気持ちとその全体感を包んで伝える

ものなのよね受け取った時の感動、開いて感動、食べて(使って)感動

オープンな外人にはこの包むとい感性はど見えるんだろ

 

オープンマインドは大賛成でも包ましやか慎ましやか日本人の

奥ゆかしさもまた美しいなあって、こんなちょっとした違いから感じた

日でした。って、包む文化慎ましやかな日本人100%と結びつけては

おりませんが、繊細といのか細かいといのか、表現が難しいのですが、

日本には、確かに独特特有の豊かな感性があると思わけです。

 

また異国の地での生活を体験することで、日本の良さも改めて知れること

になるのかな。色んな国の色んな人の感性に触れてこようと思っています。


それでは、しばしの間異国の地を楽みつつ…行ってきま〜す。

 

 

 

 

Author: Sachiko
• 月曜日, 4月 06th, 2009

img_03351

 

 

 

          img_03372

 

弟68回創元展 EXHIBITION OF SOGENKAI 2009.4.1(水)-13(月)

国立新美術館1階-Aフロアーにて開催中。

 

この週末はお花見びより…とても穏やかないい日でした。

今日は義伯父(須藤渥)が出展している展覧会に出かけました。

正直、私にとっては何年ぶりかの絵画鑑賞なのでした。

『渥おじさん入賞おめでとう!』鈴木千久馬賞って〜!感動です。

 

なぜなのか分からない。

いつからか、ずっと絵を描くことから遠のいた私です。

でも…『また描いてみようかな』

多くの芸術的作品に出会って、再び私の中の思いにスイッチが入った。

今なら描いてもいい気がした。

Author: Sachiko
• 金曜日, 4月 03rd, 2009

先ずはじめに331anoano♪

みなさん月末期末という本当に忙しいところをお越しくださいまして

ほんとうにありがとうございました〜♪

集まったみんなでお互いの思いを共有し合えたこと、パーティーでは

会話を楽しみ素敵な時間を過ごせたことを心から嬉しく思っています。

 

幸せをシェアするポーザ幸子のコミュニケーションパーティvol.2.

331anoano今回のテーマは「誰もが知りたいソウルメイトとの出会い」

…全ての出会いの必然性について考える…でした。

 

今回、私の出会い年表(恋愛編)をもとにしながらお話をさせていただき

ましたが、そこでお話しましたように、それもほんの一例に過ぎない人生

ストーリー(創造過程の)one of themです。失敗や苦悩から学んだこと、

自分自身が傷ついたことで人の痛みも分かるようになったこと、不本意

ながら傷つけてしまった人たちがいてくれたおかげで自分の中にある自己

矛盾やコンプレックスの存在があったことに気がついたこと、同じ失敗を

繰り返すのは、乗り越えられていない課題やトラウマ:恐れと執着がまね

いていたこと…etc

 

そう考えるとすべての人が自分と関わってくれたことで今の自分が存在して

いることが分かります。傷つけてしまった人のことや憎んだ人のことすらも

そう気づいた瞬間から、感謝と愛の気持ちになってそこに光をおくることで

すべての癒しが始まる…私は自身が体験してはじめてその真意が理解できた

ように思います。

すべては繋がっている…過去も未来もそしてあなたも私も…

ほんとうに今そう思います。

 

 

 ぽーざ年表からのまとめ:

幸せになること=コンプレックスを乗り越えること。過去の傷やトラウマを克服すること。

どんなに辛い時期があっても「自分を信じること」。失恋して傷ついた自分がいても苦境をバネにする前向きな心がチャンスをもたらす。

辛い恋愛を繰り返すわけは?自分の根底にある「恐れ」「コンプレックス」が起因している。逃げている課題は形を変えてなんどでもおこる。

出会いはいつでもどこにでもあるもの。特別な出会いがどこかで劇的に待っているということではない。そこに生まれた出会いに意味を持たせ、輝かせるも悲劇にするも自分次第。一つ一つのご縁を大切にすることで、また素敵なご縁が生まれる。

その「出会い」は、どうあれすべて自分が引き寄せているもの。

マイナスな気持ちになっている自分のことも最後まで信頼して愛すること。成長に必要な課題として起る出会いもある。

願望を明確にイメージすること。(紙に書き出す→箱に入れる→手放す)後は「願望」のことは忘れて思いを手放すこと。(=宇宙にまかせる=天にまかせる)通常の生活をタンタンとこなして明るく過ごすこと。

◎「あの時の自分」のことをこうして冷静に分かるのも、あの時は過ぎ去った私であり「今」だから分かる。渦中にいるときにはわからなくても「今」は明日に繋がっていて「過去」の自分にも繋がっている…つまり「今」気づきがあれば過去をも癒せるということになる。

「思い癖」のある人;今すぐその必要のない考えは手放しましょう。もっと早いタイミングで次なる出会いがやってきます。


なにも心配することはないのです。

何もコントロールすることはないのです。

抵抗して苦しむのではなく、ただありのままを受け止めて

なりたい自分を最高にイメージし、日々充実した生活をしていれば

必要なことはすべて自然とおこります。

雨の日でも太陽はその上にある。今は見えない状況下にあっても

またいつか明るい太陽を見る日がきます。

それが宇宙の法則…

 

 ぽーざ