Archive for 3月 30th, 2009

Author: Sachiko
• 月曜日, 3月 30th, 2009

実は昨晩…久々に鼻水もたくさん垂らしながら…泣きました。

(唐突ですが、泣くとなんであんなに鼻水でるんでしょうか…)

 

最近、ほんとにちょっとしたすれ違いがあり夫婦のコミュニケーション

不足というのでしょうね、なんかイヤ〜な空気が流れていたのでした。

 

この土曜にお墓参りを兼ねて家族の顔を見に佐久へ帰郷しました。

事件は「高速バス」のチケットを予約した…というところから始まります。

先週から上海行ったりお互いのことに忙しくて、また28日は帰郷の準備

しなくっちゃ…と思いながら、私はサクサクことを片付けていったのです。

 

帰郷の前の晩、

L「明日のチケットは買いましたか?」

S「うん、チケット予約したから大丈夫よ、ほら…」予約表を彼に見せる。

「明日は8;45池袋だからね」

L「はい、わかりました…」

当日の朝、目覚まし7:00のアラームとともに起き、私はサクサクと

行く支度をはじめ…みるとまだ彼はパソコンの前でのんびりしています。

S「ちょっと〜ルイス〜バスは8:45だよ〜時間みて動いてね〜!」

L「え〜なに?バス?なんで?」

S「え?なんでって…昨日言って予約表みせたでしょ。」

彼はチケット=電車というふうに思い込んでいて、この後出がけになって

つまらん言い合いのような形になったわけです。

S「なんでバスじゃダメなの?リーズナブルで便利だから買ったんだし…」

L「3時間もバスにのるか?ワタシはオナカがキモチわるくなるだよ…」

(なるだよって…ここだけ妙にニホンゴ…不満を訴えたかったようだ!)

そして…「はい、もういいよ。しかたないね…」投げやりな一言です。

そのときの表情ったら!なんじゃそれ!というくらいまじで不快な顔

して言いのけたのでした。

 

S「ちょっとその顔なに?前からバスでいくよ!って言ってたでしょ…」

要は、お互い言ったつもり、見たつもり、聞いたつもりです。聞けば彼も

仕事がいつもより過密になっていて、結構なストレスがあったようです。

私は私で、彼が「バス酔い」するタイプなんてことは知らずに、バスでも

電車でも経済的で便利な方がいいじゃん!…くらいの気持ち。

とにかく事をいち早く済ませることだけに気がとられていたわけです。

彼としては何でも勝手に決めないで自分にも相談して欲しい…みたいな

ところか根っこにはあったようです。

 

それから昨晩のこと。いよいよの事件です。

私たちは4/10−末の予定でヨーロッパ旅行の計画を前からしていて

期日も迫り、ホテルの予約も急がないといけない中、

S「今日は一緒にリサーチしようね…」確かに私はそう言った。

にも関わらず、私は目の前にある3/31の原稿上げに夢中になっており

(…ここでまた唐突ですが、みなさ〜ん!anoano来てね〜☆)


気がつけば、全て彼に任せきり…。

なにやらイヤ〜な空気感だけを感じとっている私。

不満顔というより、なんだか悲しそうな彼の顔…ん〜なんかやばい…。。

S「どうしたの?」

とうとう彼が言い放った。

L「いや…ただ少し落ち込んでる。今日ほとんどの時間をかけて私は

リサーチして…でもさちはぜんぜん旅行に興味ないんだと思って…」

はっ!としました。

S「そ、そんなことないよ…ごめん、今だけちょっと時間が欲しいだけ…」

この後、こんなささいなことでイヤな空気になってしまったことに対して

ふ、ふ、不覚にも涙が…言葉にならない時、私は自然に涙が出るタイプ。。

彼もそれみて驚いたのか「一緒にちゃんと話そう…」と二人ベッドに座り

話をはじめました。

 

私は日頃から、結構言いたいことや思っていることをはっきり言ってる

方だと思っていたのに…出るわ出るわ。。

昨年仕事を辞め、今は完全に自分のしたいことに時間を割いている自分。

そうできるのも彼がいてくれるお陰です。高サラリーの生活を自ら捨てて

すっかり彼のお世話になっている自分のことにもどこかで「申し訳ない」

と感じている…でももう少しだけ辛抱して…もう少しだけ時間をください。

みたいなね。

彼に負担をかけていること、日ごろ思っていること、抱えている気持ち、

感謝していること、これからどうしたい…などなど。。

彼も同じく、最近仕事で抱えていること、それによってストレスになって

いること、気持ちがイライラしてどうでもいいことで当たっていたこと…

などなど。彼の場合、学校での「イヤな話」は私に負担になると思ってい

るのか、私が雰囲気を察してなにげに聞いてみても「大丈夫」といって、

なにも話さず、話題をスイッチすることが多々あります。

 

分かり合ってる…そういう思っていた自分たち。

結局、そう思いながらすれ違っていた。(ああ…反省)

「たいしたことじゃないから」「これくらいどうでもいいから」

そう思って見過ごしていたことが、こんなにたくさんあったなんて…。

目からうろこ…目から涙の一夜でした。

 

お陰ですっきり!たまには泣くことで体内浄化がされていいかもです。

 

さて、ここで話が変わり…明日は↑そんなこんなの私から、実体験を含めた

お話をてんこもりにした恋愛系コミュニケーション」をお届けします♪

来てくださった皆さんには、少しでもなにか生きる上での「ヒント」

なれればと願っています。

31月末でしかも平日夕方〜という、なかなか時間捻出が難しい中では

ありますが、みなさんぜひお誘い合わせの上遊びにいらしてくださいね。

またお会い出来ることを心から楽しみにしています〜☆

 

「331anoano~♪」ぜひ遊びにきてね〜★