Archive for the Category ◊ ウェディング - Wedding ◊

Author: Sachiko
• 金曜日, 9月 04th, 2009

『幸せについて-get own partner』…今日は少しseriousに思うことを書

いてみようと思う。

私は”幸せのシェア”をテーマに、不定期ですが毎月一回、自身の思うこと

をメッセージにして、集う者同士それぞれの”幸せをシェア”するというこ

とを目的にしたコミュニティーを企画&開催しています。

先日827in anoanoでは『婚活』を一テーマにフォーカスして、人の織り

なす”恋愛””結婚””relation-ship”について思うことを、皆さんと共有し

ました。結婚=幸せのモノグラムは、長い年月の中で、それは一つの幸せな

人生として体験すべくごく自然なコトの一つとして、当たり前&慣習的儀式

のとして捉えられている一概念でもあると思うの反面…確かに、そこには、

れまでの生活を180度変えてしまうだけの、エネルギーも、期待も、夢も

幻想までをも…含み得ているように思います。 それだけに、多くの人々の

経験値からくる情報は”Good or Bad 交えての価値観やanalysis的な思

考”として、結婚ということに対する意味付けをなしているような気さえ

します。。でも、こればかりは当事者の感じ方や考え方が全てでありそれ

こそがあなたの真実であるとしかいえない…遠回しな言い方になるのも…

やはり、私自身がこれまで知っていた一般的な結婚観とは違うものを体験

し、現実に、私自身がリアルで感じている『幸せ』を体感しているからに

違いありません。その、私が思う幸せとは…先日の827 in anoano『ポーザ

幸子の幸せをシェアするコミュニケーションパーティー』に参加してくだ

さった仲間の中に”私が思う幸せのニュアンス”にピッタリのメッセージが

ありました。(ご紹介です!)


…『この前のanoanoで…『結婚には相手との幸せがあること』の言葉の意

が今になって沁みて来ています。『幸せにしたくなるような』『一緒に

せになりたくなるような』気持ちを強く抱くようになりました。

やっと、そう思えたかもしれません… 今まで自己実現ばかりに向けていた

エネルギーを、幸せの方向に向きを変えてみました… 』


私は思うのです。すべてはタイミングだと。例えば、パートナーが欲しい

とか…パートナーが出来たらどんなに幸せだろうとか…そんな風に思うこと

は誰にでもあると思いますが、果たして、その願望は、真に自分の内から

湧き出てくるメッセージなのか…果たして、自分の中にそう望む幸せを受け

取る準備が出来ているのか…ましてや、寂しさを埋めるだけの幸せに渇望し

てはいないか… 意外にも、思いのほかその”時”でなかったり、本当は結婚

を望んでいない場合もあったりします。


幸せは、結婚とか、ましてや他者の中に見つけるものではなく自分自身の

中にある…その幸せを共有できるパートナーがあることで、その人の幸せ

がもっともっと大きなものになる…その幸せは、自分の愛する者をはじめ、

周りにいる全ての者に波及して、これまでの自分には感じ得なかった幸せ

がBig-waveとなって、どんどん広がってゆく…

と、私は実感しています。

『一緒に幸せになりたくなるような…』って、幸せとは、自分が愛する人

はもとより、すべての人と分かち合えるcleanで純粋な波動であるように思

います。また、幸せを分かち合える幸せは、独りでは味わえない喜びです。

同じ幸せなら、すべての人と分け合える幸せでありたいな…そこからまた

幸せの波動が広がる…このメッセージをくださった”成幸者”の彼も、その

”時”(タイミング)を迎えたんだな…と、とても嬉しくなりました。

 

分かり合えるパートナー…それは結婚に結びつく人でなくとも、自分の心

を100% openにして、お互いが信頼し合える心強いパートナー…そんな

人が、自分の人生の中にいてくれる…

人は信頼と尊敬、心から湧き上がる愛おしさを抱いた環境の中にいるとき、

どんなことも乗り越えていけるパワーを生み出し、この上ない幸せを自身

の中に見だすことができる…

 

私は結婚したことで、そんなことを感じられるようになり、もっともっと

内なる可能性のanoを開花させ、多くの幸せの花を開いてゆきたいと思う

ようになりました。。。

Author: Sachiko
• 金曜日, 3月 27th, 2009

続く、上海さちぽざ–ひとりごとの前に〜♪

参列した中国での結婚式の様子を紹介しようと思います。

 

3/22はLuisの友人Kenそして新婦:Ms.蔡愈芳の結婚式でした。

結婚式は新婦の故郷である青浦という上海から車でおよそ1–2時間

ほどのところにある、まだ少しだけ中国風情を残す田舎街です。

この日は青浦市内のあちこちで結婚式があったようで、来る途中至

ところで花で飾られた車を見かけました。(これも中国の結婚式に

よくみられる光景です。写真撮らなかったので見せられなく残念…)

そして車で走ること2時間、ようやく青浦ホテルに到着です。

_mg_8060

 

青浦ホテルでもKenと愈芳の結婚式の他

もう1組のカップルの式もありました。

(やはり今日は中国では

良いお日柄だったのかな…)

 

ジャーン〜♪Kenと愈芳(Frances)の会場案内発見です!^^

_mg_8186

 

日本で言うWelcome Board。

中国では、結婚式とは別に

結婚衣装を着て写真を撮り

女優や俳優さんの写真集みたい

なアルバムを作ったりします。。

(これが結構キレイ~!に撮れて

まして、女性にとっては一生の

思い出になる一冊なんですよね~♪)

 

 

 

そして式場に入り席に案内され着席。

私たちの席は中央のど真ん中。日本でいう上座?!しかもご両親様と一緒

のテーブルです。実は私、中国式の結婚式は今回が初めてでした。そうか、

中国では主役自らが中心になるわけか…日本ではゲストがメインになるので

両親や親族の席ってどちらかというと後方よりになりますが、中国は逆に

ご両親を囲む形でみなが祝うんだね…なるほど。。

確かに、めでたいのは結婚する二人だし、その両親はもっと祝福されても

いいわけで…これも一つの習慣や文化の違いなんだなあ…と思いました。

新婦のご両親です♪ 

_mg_8065

 

すごく嬉しそうな

お二人の笑顔〜♪

私はお父様の隣の席に

座らせて頂きました〜♪

 

 

日本では、ご両親(特に父親)が娘を嫁がせる(手放す)思いから感極ま

って泣く場面ですとか、嬉しいには違いないのに、どこか寂しそうな表情

を見せていたりとか、そんな印象が私の中にはあるのですが(実際うちの

父がそうでしたし…)新婦の父は終始満面の笑顔です〜♪そりゃーそうだ!

嬉しいに違いないものね。

「今日はおめでとうございます。お父さん、今どんなお気持ちですか…?」

私は思わずお父様に今の心境を聞いてみたくなり色々とお話ししました。

 

愈芳は一人娘、他に兄弟はないそうです。(中国ですからね)

小さな頃からよく勉強して明るく元気だった自慢の娘だと言うお父さん。

でも、いつか中国を離れ遠い異国の地に行ってしまうかもしれない娘…。

お父さんはどんな気持ちなんだろう…。

私には「寂しくないよ」と言ってたお父さんですが、内心はどんな思いを

持っているんだろうな。

 

そのとき、私の父JUNZO~はどうなんだろう…とここで改めて考えた。

そう、聞けばもう何十回となく私たちの結婚式–DVDを観ているらしい。

寂しくなると観るんだとか。(私たち自ら編集した手作りのDVDです。

いや〜きっと摩耗して壊れちゃうよ〜!ってくらいみてるらしい…:)

私たちは東京で生活しているので、少なくても年に2回は田舎に行って

顔を見せたりしてるのになあ。電話もしてるし。それでも寂しくなると

観ているらしい。そんなものなのかな…これって親心子知らずっていう

のになるのかな…。しかし、とにかく結婚というラインを踏んでからと

いうもの何だか急に親がセンチメンタルになったような気がする…:)

 

きっと、愈芳のお父さんの笑顔の裏にもどの花嫁のお父さんにも、色々な

”親心”が隠れているのだろうな…そんなことを改めて考えた結婚式でした。

 

 

さて、宴もたけなわの様子のお写真を↓にお紹介します〜♪
_mg_8265

 

 

 

 

 

 

_mg_8129

 

 

 

 

 

 

_mg_8313

 

 

 

 

 

 

 

_mg_8269

 

 

 

 

 

_mg_8169

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Ken☆愈芳 末永くお幸せに〜♪

_mg_8106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記:Luisはカメラマンと化し…ダーリン写真なくてgome~n!^^: